2021.8.25

「マンネリなら“つゆ”を変えてみて!」毎日でも飽きない“そうめんつゆレシピ”5選

暑い日が続き、食欲が落ちやすいこの時期。喉越しがよくさっぱり食べられるそうめんが人気ですが、食べ方がマンネリ化して飽きてきてしまったという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、そうめんがもっとおいしく食べられる、めんつゆのアレンジレシピをご紹介します。トマトやきゅうりを加えたさっぱり系やごまだれでいただくこってり系まで、飽きることなく楽しめる簡単レシピを集めました。なかでもガスパチョ風の変わり種レシピは必見ですよ!ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.たっぷりトマトのつけだれそうめん

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

トマトをたっぷり使ったつけだれでいただくそうめんのレシピです。だしの風味が豊かなつゆとトマトの酸味が相性抜群で、旨みをたっぷりのつけだれに仕上がっています。トマトの食感も楽しめ、さらに生姜の風味がアクセントになっていて、さっぱりとした味わいをお楽しみいただけますよ。食欲がない時にもおすすめの一品です。

材料(1人前)

  • そうめん (乾燥)・・・100g
  • お湯 (茹でる用)・・・適量

-----つけダレ-----

  • トマト (200g)・・・1個
  • 水・・・100ml
  • (A)みりん・・・大さじ1
  • (A)しょうゆ・・・小さじ2
  • (A)顆粒和風だし・・・小さじ1/2
  • (A)すりおろし生姜・・・小さじ1/2
  • ミョウガ・・・1個
  • 大葉・・・2枚

作り方

1.トマトはヘタを切り落とし、1cm角に切ります。
2.鍋に水、(A)を入れ、煮立たせ、沸騰したら火から下ろします。
3.ボウルに1、2を入れて混ぜ、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。
4.ミョウガは斜め薄切りにします。大葉は軸を切り落とし千切りにします。
5.鍋にお湯を沸かし、沸騰したらそうめんを入れ、パッケージの表記時間通りに茹で、湯切りをし、流水にさらし、水気を切ります。
6.器に5を盛り付け、4を乗せ、器に入れた3を添えて完成です。

2.ガスパチョ風 そうめんつゆ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

トマトを使ったレシピをもう一品ご紹介します。冷製スープのガスパチョをそうめんつゆにアレンジしました。だしが香るガスパチョはトマトやきゅうりなど野菜の旨みがぎゅっと詰まっていて、そうめんによく絡み絶品ですよ!一見手間がかかりそうに思えますが、材料をミキサーで攪拌するだけなので、とても簡単にお作りいただけます。ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

-----具材-----

  • トマト (120g)・・・2個
  • きゅうり (30g)・・・1/4本
  • 赤パプリカ・・・20g
  • 玉ねぎ・・・10g
  • トマトジュース (無塩)・・・100ml
  • 白だし・・・大さじ2

-----トッピング-----

  • きゅうり・・・10g
  • ミニトマト・・・2個

作り方

準備.トマトときゅうりのヘタは取っておきます。 赤パプリカはヘタ、ワタ、種を取っておきます。
1.トッピングの材料のきゅうりは5mmの角切りにします。ミニトマトは4等分に切ります。
2.具材の材料は一口大に切ります。
3.1、トマトジュース、白だしをミキサーに入れ滑らかになるまで攪拌してボウルに移します。ラップをして冷蔵庫で30分ほど冷やします。
4.器に盛り付け、1をのせて完成です。

3.ツナときゅうりのアレンジそうめんつゆ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

市販のめんつゆにツナときゅうりの千切りを加えるだけで、いつもと違った味わいのそうめんをお楽しみいただけます。ツナの旨みときゅうりのシャキシャキとした食感がアクセントになっていて、食べ応えがありますよ!パパッと簡単に済ませたいランチにもぴったりなので、ぜひレパートリーに加えてみてくださいね。

材料(2人前)

  • ツナ油漬け (正味量)・・・50g
  • きゅうり・・・1本
  • 水・・・150ml
  • めんつゆ (2倍濃縮)・・・150ml
  • 白いりごま・・・適量

作り方

1.きゅうりはヘタを切り落とし、千切りにします。
2.ボウルに水、めんつゆを入れて混ぜ合わせ、1、ツナ油漬けを加え混ぜ合わせます。
3.器に入れて、白いりごまをかけて完成です。そうめんをつけてお召し上がりください。

人気のカテゴリ