2022.3.28

「つくね」と「つみれ」はなにが違う?【意外と知らない豆知識】

晩ごはんのおかずとしてはもちろん、お酒のおつまみとしても人気の「つくね」と「つみれ」。この2つの違いがなにか、知っていますか?今回は「つくね」と「つみれ」の違いを解説します。解説のあとには、つくねとつみれをおいしく作れるおすすめレシピもご紹介します。ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

「つくね」と「つみれ」の違いは?

つくねの由来は、「手でこねて形を作る」という意味を持つ「捏ねる=つくねる」という言葉だといわれています。タネをこねて丸く成型して調理したものがつくねで、使う材料はお肉に限らず、サバやエビといった魚介類を使ったものもあります。

それに対してつみれは、「摘み取って入れる」という意味の「摘入=つみいれ」が由来となって生まれた料理名です。お肉やお魚といった材料を調味料とよく混ぜるところまではつくねと同じ工程ですが、タネを一口大に摘み取ってだし汁の中などに入れたものがつみれだとされています。

つくねとつみれの絶品レシピをご紹介!

2つの違いが分かったところで、ここからはつくねとつみれの絶品レシピをご紹介します。もやしやきのこを加えて食感を楽しめるつくねや、香味野菜や生姜をきかせた香りのよいつみれなどをピックアップしているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

まずはつくねのレシピをご紹介!

1.シャキシャキ もやしつくね

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

シャキシャキとした食感を楽しめる、もやしつくねのレシピをご紹介します。たっぷりのもやしを入れているので、かさ増しにもなります。包丁を一切使わずにお作りいただけるので、材料さえそろっていればすぐにできますよ。つくねに添えた大葉と一緒に召し上がれば、さわやかな香りもお楽しみいただけますので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 鶏ひき肉 (もも)・・・200g
  • もやし・・・200g
  • (A)片栗粉・・・大さじ1
  • (A)すりおろし生姜・・・小さじ1
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1
  • (A)塩・・・小さじ1/2
  • 料理酒・・・大さじ2
  • ごま油・・・大さじ1
  • 大葉・・・4枚

作り方

準備.大葉は軸を取り除いておきます。
1.ボウルに鶏ひき肉ともやしを入れて捏ねます。

2.(A)を加え、粘り気が出るまで捏ねたら、一口大に丸めます。同様に7個作ります。
3.中火で熱したフライパンにごま油をひき、2を焼きます。
4.焼き色がついたら裏返し、料理酒を加え蓋をして中火で3分程蒸し焼きにします。
5.中まで火が通ったら、火から下ろし、お皿に大葉とともに盛り付けて完成です。

人気のカテゴリ