2022.9.20

「食卓にあと一品ほしい時にも!」ひとくちサイズでお箸が進む“副菜”レシピ5選

忙しいときには、ささっと作れる副菜があるとうれしいですよね。今回は、ひとくちサイズで思わずお箸が進む簡単レシピをご紹介します。えのきとハムのガレットやきゅうりとねぎのキムチのせなど、簡単に作れてあと一品欲しいときにぴったりなレシピをピックアップしました!ぜひチェックしてみてくださいね。

1.簡単おつまみ きゅうりとねぎのキムチのせ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

簡単におつまみを作りたいときにぴったりの、きゅうりとねぎのキムチのせをご紹介します。白髪ねぎと細切りにしたきゅうりをのりでくるくると巻き、キムチをのせれば完成!シャキシャキとしたきゅうりと長ねぎにキムチの旨みと辛みが絶妙にマッチして、絶品のおいしさです。最後にかけるごま油といりごまの風味もよく、パクパクと食べ進められますよ。

材料(2人前)

  • きゅうり・・・1本
  • 長ねぎ・・・5cm
  • 水・・・適量
  • キムチ・・・50g
  • のり (10cm×20cm)・・・1枚
  • ごま油・・・小さじ2
  • 白いりごま・・・適量

作り方

1.長ねぎは繊維に沿って千切りにし、白髪ねぎにして水に10分さらします。
2.きゅうりはヘタを取り、細切りにします。
3.のりは10cm×2.5cmの帯状になるように、8等分に切ります。
4.3で2と水気を切った1を巻きます。
5.お皿に盛り付け、キムチを乗せ、ごま油と白いりごまをかけて完成です。

2.えのきとハムのカリカリひとくちガレット

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

カリカリ食感がおいしい!えのきとハムのひとくちガレットをご紹介します。千切りのじゃがいもを使って作ることが多いガレットですが、えのきを使えばほぐすだけで手軽にお作りいただけますよ。焼いたチーズの香ばしい香りが食欲をそそります。お子様のおやつやちょっと小腹が空いたときの軽食にもぴったりなレシピです。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • えのき・・・200g
  • ロースハム・・・50g
  • (A)粉チーズ・・・大さじ2
  • (A)薄力粉・・・大さじ2
  • (A)塩こしょう・・・小さじ1/3
  • 水・・・大さじ2
  • オリーブオイル・・・大さじ3

-----トッピング-----

  • パセリ (生)・・・適量
  • レモン (くし切り)・・・1切れ
  • 粗挽き黒こしょう・・・適量

作り方

準備.えのきは石づきを切り落としておきます。
1.えのきは3cm幅に切り、ほぐします。
2.ロースハムは細切りにします。
3.ボウルに1、2、(A)を入れ、まんべんなく混ぜ合わせたら、水を入れ、よく混ぜ合わせます。
4.中火で熱したフライパンにオリーブオイルをひき、3を入れ薄く伸ばし、1/8量を落とし入れ、直径5cm程度の円形になるように形を整えます。同様に7個焼きます。
5.両面に焼き色がついたら火から下ろします。器に盛り付け、パセリを添え、粗挽き黒こしょうを散らし、レモンを絞って完成です。

3.生ハムとキャベツのひとくち前菜

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

生ハムとキャベツを使った、オシャレなひとくち前菜のご紹介です。塩気と旨みがきいた生ハムを使って、レンジでさっと加熱した細切りキャベツをクルッと包みました。火を使わずに手軽に作れるので、時間がないときなどに重宝するレシピですよ。見た目が華やかで食べやすく、ホームパーティーなどのオードブルとしても喜ばれる一品です。

材料(2人前)

  • キャベツ・・・200g
  • 生ハム (8枚)・・・50g
  • オリーブオイル・・・大さじ1
  • (A)塩・・・ふたつまみ
  • (A)粗挽き黒こしょう・・・ふたつまみ

作り方

1.キャベツは半分に切り、1cm幅に切ります。耐熱ボウルに入れてふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで30秒ほど加熱します。
2.粗熱が取れたら水気を切り、生ハムで巻きます。
3.器に盛り付け、オリーブオイルを回しかけ、(A)を散らして完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

4.しいたけの超シンプル焼き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

パパッとできる簡単副菜!しいたけを丸ごと活用した超シンプル焼きはいかがでしょうか。マヨネーズを塗ったしいたけをオーブントースターで焼き、トッピングをのせるだけの簡単レシピ。しいたけの軸も刻んでかさにのせた、しいたけの旨みを余すところなく味わえる一品です。コクのあるマヨネーズがしいたけに染みこみ、思わず手が伸びるおいしさですよ。お酒のおつまみとしてもおすすめです。

材料(2人前)

  • しいたけ・・・6個
  • マヨネーズ・・・50g
  • のり (刻み)・・・適量
  • 七味唐辛子・・・適量

作り方

1.しいたけをかさと軸に分けます。軸は石づきを切り落としてみじん切りにします。
2.アルミホイルを敷いた天板に1のかさを並べ、1の軸を入れます。
3.マヨネーズを塗り、オーブントースターで7分焼きます。
4.お皿に盛り付け、のりと七味唐辛子を交互にのせて完成です。

※お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W180℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。

※アルミホイルが熱源に直接触れると溶けてしまう恐れがあります。熱源に触れないようご注意ください。

5.叩ききゅうりのピリ辛ねぎ和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

晩ごはんの副菜に、叩ききゅうりのピリ辛ねぎ和えはいかがでしょうか。濃厚なピリ辛ごま風味の味つけが、さっぱりとしたきゅうりと長ねぎによく合いますよ。きゅうりは叩くことで断面が凸凹になり、味が絡みやすくなります。和えるだけで作れるので、お料理初心者の方でもトライしやすいレシピです。辛さは豆板醤の量で調節してみてくださいね!

材料(2人前)

  • きゅうり・・・2本
  • 長ねぎ・・・1/2本
  • のり (7×19cm)・・・1枚
  • (A)しょうゆ・・・小さじ2
  • (A)豆板醤・・・小さじ1/2
  • (A)砂糖・・・小さじ1/3
  • (A)ごま油・・・大さじ1
  • 白いりごま・・・適量

作り方

準備.きゅうりはヘタを切り落としておきます。
1.長ねぎは薄い斜め切りにします。きゅうりは麺棒で叩き、4等分に切ります。
2.ボウルに(A)を入れて混ぜ合わせ、1、のりをちぎりながら加えて更に混ぜ合わせます。
3.全体がなじんだら器に盛り付け、白いりごまを散らして完成です。

手早く作れる副菜のレパートリーを増やそう!

今回は、パパッと簡単に作れる副菜レシピをご紹介しました。忙しい毎日のごはん作りに、手間のかからない副菜レシピを覚えておくと何かと助かりますよね。どのレシピもひと口サイズでつまみやすいものばかりなので、ぜひお試しくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

人気のカテゴリ