2022.6.14

初夏の味覚をとことん味わう!食卓に取り入れたい“旬おかず”レシピ5選

だんだんと暖かくなり、市場に出回りはじめた初夏の野菜。今回は、そんな「旬」の野菜を使ったお手軽レシピをご紹介します。彩り鮮やかなエビとアスパラのレモンバター炒めや、枝豆が入った夏のはんぺんボールなど、初夏の味覚をとことん味わえるレシピをピックアップしました!ぜひチェックしてみてくださいね。

1.厚切り豚バラとさやいんげんのレモン醤油炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ほどよい酸味がクセになる、厚切り豚バラとさやいんげんのレモン醤油炒めはいかがでしょうか。旨味たっぷりな豚バラ肉と、歯ごたえのよいさやいんげんをしょうゆやレモン汁などで炒めた一品。豚肉のジューシーな味わいとさやいんげんの歯ごたえが、さわやかなレモン汁に合いますよ。すりおろしニンニクの風味もよく、ごはんが進みます。

材料(2人前)

  • 豚バラブロック肉・・・160g
  • さやいんげん・・・30g
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • 塩こしょう・・・少々
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)レモン汁・・・大さじ1/2
  • オリーブオイル・・・小さじ1

作り方

1.さやいんげんはヘタを取り、3cm幅に切ります。
2.豚バラブロック肉を1cm幅に切り、塩こしょうをします。
3.フライパンにすりおろしニンニクとオリーブオイルを入れ中火にかけます。ニンニクの香りが立ってきたら2を加えて焼き色がつくまで炒めます。
4.1を加え、中火で2分~3分炒めます。
5.強火にし、仕上げに(A)を加えて全体に味が絡むように炒めます。火を止め、お皿に盛り付ければ完成です。

2.大葉の香り満載!簡単とり肉の大葉炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

食べごたえ満点の、簡単とり肉の大葉炒めをご紹介します。ごま油で香ばしく炒めた鶏もも肉に大葉を加え、塩こしょうで味つけしました。大葉は加熱したものと生の両方を使うので、とても風味豊かです。シンプルながら、ジューシーな鶏もも肉とさわやかな大葉が相まって、やみつきになるおいしさに。お酒のお供にもぴったりです。

材料(2人前)

  • 鶏もも肉・・・200g
  • 塩・・・適量
  • ごま油・・・大さじ1
  • 大葉 (炒め用)・・・10枚
  • 大葉 (飾り用)・・・3枚
  • 塩こしょう・・・適量

作り方

1.大葉を千切りにします。飾り用を別の皿にとっておきましょう。
2.鶏肉を一口サイズに切り、塩をふります。
3.フライパンにごま油を中火で熱し、2の鶏肉を炒めます。
4.3の全体に焼き目がついたら、1の炒め用の大葉を入れてサッと炒めます。
5.塩こしょうで味を調えたら出来上がりです。

3.コロコロかわいい 夏のはんぺんボール

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

子供に喜ばれること間違いなし!夏のはんぺんボールのレシピです。ポリ袋ではんぺんをつぶし、角切りにしたチーズと枝豆を加えて丸く成形したら、あとはフライパンで焼くだけ!ふわふわとしたはんぺんと枝豆の食感が楽しく、いくらでも食べられるおいしさです。チーズのコクも効いているので、おつまみにも最適。ころんとした見た目もかわいく、食卓を華やかにしてくれますよ。

材料(4個分)

  • はんぺん (100g)・・・1枚
  • 枝豆 (さやつき)・・・40g
  • プロセスチーズ・・・20g
  • 片栗粉・・・小さじ1
  • サラダ油・・・大さじ1

作り方

準備.枝豆をさやから取り出します。
1.はんぺんをポリ袋に入れ、大きな塊がなくなる位に潰します。
2.プロセスチーズを5mm角に切ります。
3.1に2と枝豆と片栗粉を入れ混ぜ、4等分にして2cm位に丸めます。
4.フライパンにサラダ油をひき、3を転がしながら中火で全体に焼き目がつく程度に焼きます。
5.器に盛り付けて出来上がりです。

人気のカテゴリ