2019.2.7

つい写真を撮りたくなる。手作りジュレでいつもの一皿を華やかに

キラキラ手作りジュレで華やかに

いつものごはんをちょっと工夫してジュレをプラスしてみましょう。見た目はもちろん華やかになるので、誕生日や特別な日のご飯にぴったり。普段液状のものがジュレになることでさらに具材に絡むので美味しさもアップします。ついつい写真を撮りたくなっちゃうような華やかなジュレ料理をご紹介します。

タコのカルパッチョポン酢ジュレ添え

カルパッチョにかけるポン酢をジュレに!キラキラのポン酢ジュレが美しく、食欲をそそります。ジュレを作るときのコツは、ゼラチンの分量をしっかりと測ることと、ダマが残らないようにしっかり溶かし混ぜること。ピーナッツのトッピングと、ジュレ状のポン酢がよく絡んでとっても美味しく食べられます。

お星さまのジュレそうめん

また〜?と言われてしまいがちなそうめんも、めんつゆをジュレにして星の形にした野菜を飾ればあまりのかわいさにテンションが上がってしまいます。お子さんも喜んで食べてくれそうですね。パプリカやハムは星の形でくり抜き、オクラは輪切りにしてそのままの形を活かして。氷の上に一口分ずつそうめんを盛りつければとっても涼しげな一皿に仕上がります。

人気のカテゴリ