最終更新日 2022.4.3

【ランキング】お米の生産量が世界で1番多い国はどこ?2位はインド、気になる1位は…

いろいろなおかずと相性がよい白ごはんは、日本人の食卓に欠かせない主食ですよね!そんなお米の生産量が一番多い国はどこか、知っていますか?

今回は、お米の生産量が多い国をランキングでご紹介します。お米のおいしさを味わえるどんぶりレシピもご紹介するので、ぜひチェックしてみてくださいね!

ランキングの発表!

それではランキングの発表です!このランキングは、FAOの調査を参考に作成しました。年間のお米生産量を比べています。1位はどの国でしょうか?ぜひ予想してみてくださいね。

​​第5位・・・ベトナム 42,758,897 t

第4位・・・インドネシア 54,649,202 t

第3位・・・バングラデシュ 54,905,891 t

第2位・・・インド 178,305,000 t

気になる第1位は...。

第1位・・・中国 211,860,000 t

1位は中国でした!予想は当たっていましたか?

お米は、大きく分けて「ジャポニカ米」と「インディカ米」の2種類に分けられます。「ジャポニカ米」はもっちりと粘りがあり、「インディカ米」は粘りの少ないパラパラっとした炊き上がりです。世界の多くの地域では主にインディカ米が食べられていて、ジャポニカ米を好むのは少数派なんだそう。つやつやふっくらしたごはんは日本ならではの主食なんですね!

[出典]FAOST, Countries by commodity, Top 20 Country Production of Rice, paddy, 2020

ボリュームたっぷりなどんぶりレシピをご紹介!

ここからは、お米の生産量ランキングクイズにちなんで、ボリューミーなお手軽どんぶりレシピをご紹介します。鶏ひき肉でつくる鶏たまご丼や豚の照り焼き風丼など、がっつり食べたいときにおすすめのどんぶりレシピを集めました。ぜひお試しくださいね!

1.めんつゆで 鶏たまご丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

鶏ひき肉と卵でつくるお手軽どんぶりのご紹介です。めんつゆの味がなじんだ鶏肉と、ふわっと仕上げた卵が相性抜群ですよ!鶏肉の旨みとだしが染みこんだごはんは、やさしい味わいでいくらでも食べられそうなおいしさです。火の通りが早い鶏ひき肉を使うので、時間がないときでも手早くお作りいただけますよ。忙しいときのランチにもおすすめです。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(1人前)

  • ごはん・・・200g
  • 鶏ひき肉・・・150g
  • 卵 (Mサイズ)・・・2個
  • 水・・・100ml
  • めんつゆ (2倍濃縮)・・・80ml
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.ボウルに卵を割り入れ溶きほぐします。
2.フライパンに水、めんつゆを入れ中火で沸かします。鶏ひき肉を加え3分程、鶏ひき肉に火が通るまでほぐしながら煮ます。
3.1を回し入れ蓋をし卵が半熟状になるまで弱火で1分程煮たら火から下ろします。
4.ごはんを盛り付けた丼にのせます。小ねぎを散らして完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

2.調味料3つ レンジで豚の照り焼き風丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

お腹が空いたときにおすすめ!ボリュームたっぷり豚の照り焼き風丼です。甘辛い味つけがからんだ豚肉と玉ねぎは、ごはんとの相性ぴったりでおいしいですよ!加熱には電子レンジを使うので、コンロが空いていないときや忙しいときでもパパッと作れます。フライパンを使わないため、洗いものが少なく済むのもうれしいですね。

材料(1人前)

  • ごはん・・・200g
  • 豚肩ロース (薄切り)・・・100g
  • 玉ねぎ・・・50g
  • (A)みりん・・・大さじ1.5
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)片栗粉・・・小さじ1
  • 卵黄 (Mサイズ)・・・1個分
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.玉ねぎは薄切りにします。
2.耐熱ボウルに豚肩ロース、1、(A)を入れ全体になじませ、ラップをして豚肩ロースに火が通るまで 600Wの電子レンジで5分程度加熱します。
3.ごはんをよそった器にのせ、卵黄をのせて小ねぎを散らしたら出来上がりです。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ