2019.3.13

イタリアン好きなら外せないラザニア!あっと驚く変わり種レシピ

ラザニアとグラタンの違いってなに?

ラザニアとグラタンは、耐熱容器に具材を入れて、オーブンで焼くところがとても似ているので、どこが違うのか不思議に思いませんか?

ラザニアとは基本的に、四角いシート状のパスタのことです。それをミートソースやベシャメルソース、チーズと一緒に耐熱容器にミルフィーユ状に重ねたものを、オーブンで焼いた料理を指します。

グラタンも作り方は似ていますが、そもそもグラタンはイタリア料理ではなくフランス発祥の料理ですし、パスタとして使うものはマカロニが一般的です。

ラザニアの代用に使える素材はいろいろあります!

ラザニアは四角いシート状のパスタですが、なかなか手に入らないときには餃子の皮を代用として使えます。茹でるともちもちした食感はとてもよく似ていますよね。

餃子の皮を使ったピザなどがあるように、パスタやピザ生地の代わりになる優れものです。

その他にもキャベツやお餅を使ったラザニアもありますよ。ここからは、身近な食材を使ったアレンジ、ラザニアのレシピを5つご紹介します。

餃子の皮を使った定番ラザニア

ラザニア用のパスタが手に入らないときの代用品として、身近な材料といえばやはり餃子の皮!餃子の皮は意外と便利で、小さな丸い形を活かしてミニサイズのピザや、キッシュやタルトの代わりにも使えます。

こちらのレシピは、パスタの代わりに餃子の皮を使っているだけで、本格的なラザニアの作り方ですので、初めてラザニアを作る方にもおすすめです。こちらではズッキーニを使っていますが、好きな野菜を使って作ってみてくださいね。

人気のカテゴリ