最終更新日 2022.8.1

「忙しい日こそレンジに頼る!」ほったらかしで楽チンな“主菜”レシピ5選

火の前に立っているのも暑いこの時期、そんなときは電子レンジを使って主菜を作ってみませんか。今回は電子レンジで作れる主菜のレシピをご紹介します。鮭のちゃんちゃん焼き風や簡単よだれ鶏、煮込みハンバーグなどをピックアップ!時短で作れるので、忙しい日にもぴったりですよ。ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

1.電子レンジで作る 焼肉のタレで簡単手羽元煮

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

味が染み染み!焼き肉のタレで簡単手羽元煮のご紹介です。焼き肉のタレやしょうゆなどを合わせた調味料を鶏手羽元に揉み込んだら、あとは電子レンジで加熱するだけととっても簡単!短時間で作ったとは思えない深い味わいは、ついつい止まらなくなるおいしさです。ごはんのおかずにはもちろん、お酒のおつまみにもぴったりですよ。

材料(2人前)

  • 鶏手羽元 (計350g)・・・6本
  • (A)焼肉のタレ・・・大さじ2
  • (A)しょうゆ・・・大さじ2
  • (A)砂糖・・・大さじ1
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方
1.鶏手羽元はフォークで数カ所刺します。
2.ジッパー付き保存袋に、1と(A)を入れ揉み込みます。
3.耐熱容器に2を入れラップをして、600Wの電子レンジで5分程加熱したら、鶏手羽元の上下をかえして、ふんわりとラップをかけ、さらに5分程加熱します。
4.中まで火が通ったら器に盛り付け、小ねぎを散らして完成です。

2.レンジで簡単 鮭のちゃんちゃん焼き風

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

鮭の旨味が染みた野菜が絶品、鮭のちゃんちゃん焼き風のレシピです。もやしやレタス、しめじなどの野菜の上に塩鮭をのせて加熱することで、鮭の旨味が野菜に染みて旨味たっぷりの味わいに!先に味つけまで済ませているので、電子レンジから出したらすぐに食卓に出せます。みその味わいでごはんが進む一品ですので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

材料(2人前)

  • 塩鮭・・・2切れ
  • もやし・・・150g
  • レタス・・・100g
  • しめじ・・・100g
  • (A)水・・・大さじ2
  • (A)みそ・・・大さじ1
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)しょうゆ・・・小さじ2
  • (A)砂糖・・・小さじ2
  • (A)顆粒和風だし・・・小さじ1/2

作り方
1.ボウルに(A)を入れて混ぜ合わせます。
2.レタスは手で一口大にちぎります。しめじは石づきを切り落としてほぐします。
3.耐熱皿にもやし、2を敷いて塩鮭をのせ、1を回しかけます。
4.ふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで7分程加熱し、塩鮭に火が通ったらお皿に盛り付けて完成です。

3.レンジでしっとり簡単よだれ鶏

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ピリ辛味がクセになる、よだれ鶏も電子レンジで簡単に作ってみませんか。ラー油やニンニクを効かせた酸味のあるタレが、たんぱくな鶏むね肉と相性抜群!鶏むね肉にフォークで穴を開けると、火が通りやすくなるので短時間でも中までしっかりと加熱でき、手軽にお作りいただけます。お酒のおつまみにもなる一品ですよ。

材料(2人前)

  • 鶏むね肉・・・200g
  • 料理酒・・・大さじ1
  • 砂糖・・・小さじ1
  • 長ねぎ・・・1/4本 

-----タレ-----

  • しょうゆ・・・大さじ1
  • 酢・・・大さじ1
  • 砂糖・・・大さじ1
  • ラー油・・・大さじ1
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1

-----添え物-----

  • 大葉・・・2枚

作り方
準備.鶏むね肉は皮を取り除いておきます。
1.長ねぎはみじん切りにします。
2.鶏むね肉はフォークで数ヶ所に穴をあけ、ボウルに入れます。料理酒と砂糖を加えてなじませます。
3.耐熱皿に入れてふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで3分加熱します。一度取り出して鶏むね肉を裏返し、再度ふんわりとラップをかけ、中に火が通るまで600Wの電子レンジで3分加熱します。粗熱を取り、5mm幅に切ります。
4.ボウルに1、タレの材料を入れて混ぜ合わせます。
5.お皿に大葉と3を盛り付け、4をかけて完成です。

人気のカテゴリ