最終更新日 2023.12.10

「明日のお弁当にも使える!」冷めてもおいしい“簡単おかず”レシピ5選

「明日のお弁当にも使える!」冷めてもおいしい“簡単おかず”レシピ5選

夕飯で作ったおかずをお弁当にも入れられたら便利ですよね。そこで今回は、明日のお弁当にも使える「簡単おかず」のレシピをご紹介します。白いごはんと相性のよい塩だれチキンや、旨味たっぷりなはんぺんのツナマヨ焼き、カラフルな彩りが映えるパプリカといんげんの肉巻きなど、冷めてもおいしいレシピをピックアップしました!ぜひチェックしてみてくださいね。

1.お弁当に パプリカといんげんの肉巻き

※クリックすると別のページに遷移します

色合いのよいパプリカといんげんの肉巻きで、お弁当を鮮やかに彩ってみませんか。野菜を豚バラ肉で巻いて焼いたら、調味料を入れて煮絡めます。しょうゆやみりんなどの甘辛い味つけと豚肉の旨味が野菜に染みて、たまらないおいしさですよ。食感もよく食べごたえがあるので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 豚バラ肉 (スライス)・・・200g
  • 塩こしょう・・・小さじ1/4
  • 赤パプリカ・・・1/2個
  • 黄パプリカ・・・1/2個
  • さやいんげん・・・18本
  • 水・・・20ml
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)みりん・・・大さじ1
  • (A)砂糖・・・大さじ1
  • サラダ油・・・小さじ1

作り方

準備.赤パプリカと黄パプリカは、ヘタと種を取っておきます。さやいんげんは筋を取っておきます。
1.赤パプリカと黄パプリカは5mm幅に切ります。
2.豚バラ肉は塩こしょうをふります。
3.2に1/6量の1とさやいんげん3本をのせて巻きます。同じように合計6個作ります。
4.中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、3を焼きます。
5.焼き目が付いたら水を加え、蓋をして弱火で蒸し焼きにします。
6.豚バラ肉に火が通ったら(A)を加えて中火で煮絡めます。
7.全体に味がなじんだら火から下ろし、3等分に切り、お皿に盛り付けて完成です。

2.お弁当の一品に はんぺんのツナマヨ焼き

※クリックすると別のページに遷移します

子どももよろこぶこと間違いなし!はんぺんのツナマヨ焼きをご紹介します。ツナとマヨネーズ、塩こしょうを混ぜ合わせ、切りこみを入れたはんぺんに詰めてフライパンで焼くだけ!香ばしく焼けたふわふわのはんぺんから、コクたっぷりのツナマヨがあふれ、やみつきになるおいしさです。お酒のお供にもぴったりですよ。

材料(2人前)

  • はんぺん (1枚)・・・100g
  • ツナ水煮 (正味量)・・・50g
  • (A)マヨネーズ・・・大さじ1
  • (A)塩こしょう・・・少々
  • サラダ油・・・大さじ1/2

作り方

1.はんぺんは半分に切り、半分の厚さところに切りこみを入れます。
2.ボウルにツナ水煮、(A)を入れ、よく混ぜ合わせます。
3.1に2を詰め、半分に切ります。
4.中火に熱したフライパンにサラダ油をひき、3を入れ、両面に焼き色がつき、中に火が通るまで焼きます。火から下ろし、器に盛り付けて完成です。

3.シャキシャキ美味しい つくねのはさみ焼き

※クリックすると別のページに遷移します

ボリューム満点!つくねのはさみ焼きのレシピです。鶏ひき肉や玉ねぎ、調味料を合わせてレンコンではさみ、フライパンで焼き上げた一品。シャキシャキとした食感のよいレンコンとジューシーな肉ダネがマッチして、とってもおいしいですよ。めんつゆとみりんで作る風味のよいたれとも相性ばっちり!ごま油の香ばしい香りが食欲をそそります。

材料(2人前)

  • レンコン・・・200g
  • 鶏ひき肉・・・200g
  • 玉ねぎ・・・70g

調味料

  • 片栗粉・・・大さじ1
  • 塩・・・小さじ1/2
  • 薄力粉・・・大さじ2

たれ

  • めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ4
  • みりん・・・大さじ2
  • ごま油・・・大さじ1
  • 大葉・・・2枚

作り方

準備.大葉は軸を切り落としておきます。レンコンは皮を剥いておきます。
1.レンコンは5mm幅に切ります。
2.玉ねぎはみじん切りにします。
3.ボウルに鶏ひき肉と2と調味料を入れて混ぜ合わせます。
4.1に薄力粉をまぶします。
5.3を一口大取り、4ではさみます。
6.中火で熱したフライパンにごま油を入れ、5を片面4分ほど焼きます。裏返して鶏ひき肉に火が通るまでさらに3分ほど焼きます。
7.たれの材料を入れ、中火のまま加熱し味がなじんだら火からおろし、大葉をしいた皿に盛り付けたら完成です。

4.お弁当に 塩だれチキン

※クリックすると別のページに遷移します

つい箸が伸びる!塩だれチキンはいかがでしょうか。料理酒を揉み込んだ鶏もも肉を焼き、調味料で味つけするだけのお手軽レシピ。噛むほどに鶏もも肉と鶏ガラスープの素の旨味、すりおろしニンニクの風味、レモン汁のさわやかさが、口いっぱいに広がりますよ。黒こしょうのピリッとした刺激もよく、おつまみとしても活躍します。

材料(2人前)

  • 鶏もも肉・・・200g
  • 料理酒・・・大さじ2
  • (A)レモン汁・・・大さじ1
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1
  • (A)塩・・・小さじ1/4
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • (A)黒こしょう・・・小さじ1/3
  • ごま油・・・小さじ2
  • レタス・・・2枚
  • レモン・・・1/8個

作り方

1.鶏もも肉は一口大に切ります。
2.ボウルに1、料理酒を入れて揉みこみ、5分程置きます。
3.中火で熱したフライパンにごま油をひき、2の皮目を下にして5分程焼きます。
4.裏返して中火で5分程焼いたら(A)を加えて全体に絡めます。
5.鶏もも肉に火が通ったら火から下ろします。レタスを敷いた器に盛り付け、レモンを添えて完成です。

5.シンプルで美味しい揚げ肉団子

※クリックすると別のページに遷移します

いくらでも食べられるおいしさの、揚げ肉団子のご紹介です。豚ひき肉と玉ねぎで作った肉団子を塩で味つけした、シンプルな一品です。外はカリッと、中はジューシーな肉団子は、あと引くおいしさ!オイスターソースのコクやすりおろしニンニクの風味も効いて、つい手が伸びますよ。揚げたての熱いうちに塩をなじませてくださいね。

材料(2人前)

  • 豚ひき肉・・・250g
  • 玉ねぎ・・・1/4個

下味

  • オイスターソース・・・小さじ1
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1
  • しょうゆ・・・小さじ1
  • 砂糖・・・小さじ1/4
  • 片栗粉・・・大さじ1
  • 揚げ油・・・適量
  • 塩・・・小さじ1/4

付け合わせ

  • レタス・・・3枚

作り方

1.玉ねぎはみじん切りにします。
2.ボウルに豚ひき肉、下味の材料を入れて、粘り気が出るまで捏ねます。
3.1を入れて混ぜ、片栗粉を加えてさらによく混ぜ合わせ、一口大に丸めます。
4.フライパンの底から3cmほどの揚げ油を注ぎ、170℃に熱し、3を入れます。火が通るまで5分ほど揚げ、油を切ります。
5.熱いうちにボウルに入れて塩をまぶします。レタスを敷いたお皿に盛り付けて出来上がりです。

お弁当おかずのバリエーションが増えれば、ランチタイムが楽しみに!

いかがでしたか。今回は、冷めてもおいしい簡単おかずのレシピを5つご紹介しました。ご紹介したレシピはどれもしっかり味がついているので、お弁当のおかずにぴったりですよ。お酒とも相性がよく、普段の晩酌のお供としてもおすすめです。絶品おかずを作って、お弁当タイムを楽しんでくださいね。

※お弁当として持ち運ぶ際は食中毒に配慮し、衛生的な環境下で調理を行ってください。持ち運びの際は保冷剤をつけて冷蔵庫やなるべく涼しい場所に保管してください。加熱の必要があるものは必ずよく火を通し、しっかりと粗熱を取り、余分な汁気は切ってからお弁当に詰めてください。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

※こちらの記事は2023.6.2に初公開した内容を再投稿したものです。

人気のカテゴリ