2022.2.16

世界で生産量が一番多い野菜は!?3位はきゅうり、2位は玉ねぎ、気になる1位は…

なすやきゅうり、トマトなど、種類も豊富で私たちの生活に欠かせない「野菜」。いろいろな野菜がありますが、世界ではどの野菜が一番多く生産されているか知っていますか?今回は、世界で生産量の多い野菜をランキング形式でご紹介します。ランキングのあとは上位3品目を使ったおすすめレシピをピックアップしているので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

ランキングの発表!

さっそくランキングの発表です!このランキングは、statistaの調査を参考にして作成しました。年間の野菜生産量を比べています。1位の野菜にはどの野菜がランクインしているのか、みなさんもぜひ予想してみてくださいね!

​​第5位・・・なす 56.62t

第4位・・・キャベツ 70.86 t

第3位・・・きゅうり 91.26 t

第2位・・・玉ねぎ 104.55 t

気になる第1位は...。

第1位・・・トマト 186.82 t

第1位にはトマトがランクインしていました!食用トマトの歴史は意外と浅く、栽培され始めたのは1000年頃といわれています。日本に伝わったのは江戸時代ですが、一般家庭で料理に使われるようになったのは戦後になってから。料理の付け合わせなどにはもちろん、スープやパスタのソースにも使われるなど、和洋中料理のジャンルを問わず大活躍の野菜ですよね。野菜の生産量ランキング、みなさんの予想と一致していましたか?

[出典]statista,Global production of vegetables in 2020, by type(in million metric tons)

おすすめレシピをご紹介!

さて、ランキング発表のあとは、1位から3位までの上位3品の野菜を使ったおすすめレシピをご紹介します。1位のトマトを使ったさっぱりおいしい無限トマトや、2位の玉ねぎを使ったまろやかなオニオンスープなどのレシピをピックアップしました!ぜひチェックしてみてくださいね。

1.さっぱり美味しい 無限トマト

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

さっぱりとしておいしい無限トマトのレシピをご紹介します。ニンニクやごま油の風味とツナの旨味がトマトに絡み、やみつき必至のおいしさです。大葉の爽やかな風味がアクセントになり、最後までおいしく食べられますよ。パパッと簡単にお作りいただけますので、ぜひ試してみてくださいね。

材料(2人前)

  • トマト・・・2個
  • 大葉・・・5枚
  • ツナ油漬け (1缶)・・・70g
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)酢・・・大さじ1
  • (A)みりん・・・小さじ1
  • (A)砂糖・・・小さじ1/2
  • (A)ごま油・・・小さじ1
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1
  • (A)塩こしょう・・・ふたつまみ

作り方

準備.ツナ油漬けは油を切っておきます。 トマトのヘタは取り除いておきます。 大葉は軸を切り落としておきます。 みりんは、加熱を行いアルコールを飛ばし粗熱をとっておきます。
1.大葉は千切りにします。
2.トマトは2cmの角切りにします。
3.ボウルに2、1の半量、ツナ油漬け、(A)を入れ、全体に味がなじむように和えます。
4.器に盛り付け、残りの1をのせて完成です。

2.お手軽 ほっこりオニオンスープ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

お手軽に作れる、ほっこりオニオンスープはいかがですか?バターで薄切りにした玉ねぎを炒め、コンソメ顆粒を加えてじっくり煮込みました。玉ねぎをしんなりするまで炒めることで甘みが増して、ほっとするおいしさに仕上がります。食材の旨味を活かしたシンプルな味わいで、どんなメインおかずともよく合いますよ。お好みでチーズをのせてもおいしいので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • お湯・・・400ml
  • 玉ねぎ・・・1/2個
  • (A)コンソメ顆粒・・・小さじ2
  • (A)塩・・・ひとつまみ
  • 有塩バター・・・小さじ1
  • パセリ (乾燥)・・・適量

作り方

1.玉ねぎは薄切りにします。
2.鍋に有塩バターを入れて中火で熱して溶かし、1を入れて炒めます。
3.玉ねぎがしんなりしてきたら、お湯を加えて中火で煮ます。
4.沸騰したら(A)を加え、ひと煮立ちさせて火から下ろします。
5.器によそい、パセリを散らして完成です。

人気のカテゴリ