2021.10.23

ごはんが止まらないこと間違いなし!やみつき決定の“ごはんのお供”レシピ5選

朝食から夕食まで、食卓に欠かせないごはん。ごはんが進む「ごはんのお供」が作れたら、もっとおいしく食べられますよね。

そこで今回は、やみつきになるごはんのお供レシピをご紹介します。黄身漬けやきゅうりの佃煮、大葉のごま醤油漬けなど、ごはんが止まらなくなること間違いなしのレシピをピックアップしました!ぜひ、チェックしてみてくださいね。

1.ごはんのお供に 簡単黄身漬け

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

濃厚な味わいが魅力の、簡単黄身漬けをご紹介します。しょうゆとみりんに卵の黄身を漬けておくだけと、作り方はとっても簡単!ほどよく固まった黄身の表面と、とろっとした中身で、食感のコントラストも楽しめます。冷蔵庫に卵があれば作れるので、ぜひお試しくださいね。

材料(1人前)

  • ごはん (温かいもの)・・・180g
  • 卵黄 (Mサイズ)・・・1個
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)みりん・・・大さじ1

作り方

準備.みりんは、加熱を行いアルコールを飛ばし粗熱をとっておきます。
1.ボウルに(A)を入れよく混ぜ合わせます。
2.卵黄を入れラップをかけ冷蔵庫で4時間漬け込みます。
3.卵黄に色が付いたら汁気を切ります。ごはんをよそったお茶碗にのせて完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

2.ご飯にぴったり 豚こまのねぎ味噌

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ボリュームたっぷり、豚こまのねぎ味噌をご紹介します。豚こま切れ肉と長ねぎを調味料で炒めるだけの簡単レシピ。甘じょっぱいねぎ味噌と豚肉の旨味が合わさった味わいは、ごはんとの相性抜群です!香ばしいごま油の香りも食欲をそそりますよ。きゅうりやほかの野菜など、お好みの野菜につけて食べるのもおすすめです!

材料(2人前)

  • 豚こま切れ肉・・・150g
  • 長ねぎ・・・1本
  • (A)みそ・・・大さじ2
  • (A)みりん・・・大さじ2
  • (A)砂糖・・・小さじ1
  • (A)しょうゆ・・・小さじ2
  • ごま油・・・小さじ2

作り方

1.長ねぎは根元を切り落とし、小口切りにします。
2.豚こま切れ肉は細切りにします。
3.中火に熱したフライパンにごま油をひき1、2を炒めます。
4.豚こま切れ肉に火が通ったら(A)を入れ中火でよく混ぜ合わせながら汁気がなくなるまで炒め、完成です。

3.ポリポリ食感 きゅうりの佃煮

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ポリポリ食感がクセになる!きゅうりの佃煮はいかがでしょうか。塩もみしてしっかり水分を抜いたきゅうりを、調味料と合わせて煮詰めるだけ。やみつきになるしょっぱさで、ごはんが止まらなくなること間違いなしですよ!ピリッと辛い鷹の爪もいいアクセントになっています。きゅうりが余ってしまったときや、おつまみにもぴったりです。

材料(4人前)

  • きゅうり・・・3本
  • 塩・・・小さじ1
  • 生姜・・・1片
  • (A)しょうゆ・・・大さじ3
  • (A)みりん・・・大さじ2
  • (A)酢・・・大さじ1
  • (A)砂糖・・・大さじ1/2
  • (A)鷹の爪輪切り・・・小さじ1/2

-----お好みで-----

  • ごはん・・・適量

作り方

1.きゅうりのヘタを取り、薄い輪切りにします。
2.1をボウルに入れ塩を揉み込み、10分置き、出てきた水分を絞ります。
3.生姜を千切りにします。
4.2、3、(A)を鍋に入れて中火にかけます。混ぜながら味を染み込ませ、水分が無くなったら完成です。お好みでごはんに乗せてお召し上がり下さい。

人気のカテゴリ