2022.1.4

卵を一番食べている国はどこ!?2位の日本をおさえて堂々の1位だったのは…

2.ほうれん草とたまごのふんわり炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ごま油の風味が食欲をそそる、ほうれん草とたまごのふんわり炒めはいかがでしょうか。ほんのり感じるほうれん草の甘みと卵のやさしい味わいがよく合います。卵は、さっと炒めて一度取り出しておき、ほうれん草を炒めてからフライパンに戻し入れると、ふわっとした食感になりますよ。ごはんのおかずにも、お酒のおつまみにもぴったりです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

材料(2人前)

  • ほうれん草・・・150g
  • お湯・・・適量
  • 卵 (Mサイズ)・・・2個
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • (A)料理酒・・・小さじ1
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1/2
  • (A)黒こしょう・・・ふたつまみ
  • ごま油・・・大さじ1

作り方

1.鍋にお湯を沸騰させ、ほうれん草を入れ、しんなりするまで1分ほどゆで流水に取り、水気を絞ります。根元を切り落とし3cm幅に切ります。
2.ボウルに卵を割り入れ、菜箸でよくかき混ぜます。
3.中火で熱したフライパンに半量のごま油をひき、2を入れて大きくかき混ぜながら炒め、半熟状になったら一度取り出します。
4.キッチンペーパーで余分な油を拭き取り、同じフライパンに残りのごま油をひき、1を入れ中火で1分ほど炒めます。
5.全体に油がまわったら、3を戻し入れ、(A)を入れて中火で炒めます。
6.味がなじんだら火から下ろし、器に盛り付けて完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

3.合間にできちゃう!きのこと卵の中華スープ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

手軽にお作りいただける、きのこと卵の中華スープを作ってみましょう。鍋に材料と調味料を入れて煮込むだけと、作り方はとっても簡単!スープは鶏ガラスープの素を使ってシンプルな味わいに仕上げました。口当たりのよい溶き卵がスープになじんでおいしいですよ。香り豊かなごま油の風味も食欲をそそります。ささっと作れて便利な一品なので、ぜひレパートリーに加えてみてくださいね!

材料(2人前)

  • えのき・・・40g
  • しめじ・・・30g
  • 溶き卵・・・1個分
  • 水・・・400ml
  • 鶏ガラスープの素・・・小さじ2.5
  • ごま油・・・小さじ1
  • 長ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

準備.えのきとしめじは石づきを切り落としておきます。
1.しめじとえのきを手でほぐします。
2.鍋に水を入れて中火で熱し、沸騰してきたら1を加えます。
3.中火で1分ほど加熱したら鶏ガラスープの素、溶き卵を加えて煮ます。
4.卵が浮いてきたら火を止めてごま油を加えます。
5.器によそい、長ねぎをのせて完成です。

コスパ抜群!今晩は卵おかずで決まり!

いかがでしたか?今回は、卵の消費量ランキングと、卵を使ったおかずレシピをご紹介しました。卵は安く手に入り、簡単においしく調理できるコスパ抜群の食材です。今回ご紹介したレシピは、どれも短時間でさっとお作りいただけますよ。ぜひ毎日の献立にお役立てくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

[出典] Our World in Date. Org「Per capita egg consumption, 2017」

2 / 2ページ

人気のカテゴリ