2021.10.10

「混ぜて焼くだけ!」おやつ時間に食べたい“簡単クッキー”レシピ5選

手作りのお菓子があったら、おやつ時間も充実しますよね。でも手作りはハードルが高く、手間がかかるイメージをお持ちの方も多いかもしれません。

そこで今回は、混ぜて焼くだけの簡単クッキーレシピをご紹介します。チョコレートや紅茶、レモン、オートミールなど、混ぜこむ具材でおいしさが広がりますよ。手軽にお作りいただけるので、ぜひ今日のおやつの参考にしてみてくださいね。

1.簡単 ドロップクッキー

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ミルクチョコレートの甘い香りがたまらない、ドロップクッキーのレシピをご紹介します。ボウルに材料を入れて混ぜ合わせ、スプーンで丸めて焼くだけなので、面倒な型抜きもいらずとても簡単にお作りいただけます。焼くとクッキー生地が広がるので、天板に敷いたクッキングシートに並べるときは間隔をあけてくださいね。

材料(15枚分)

  • 薄力粉・・・100g
  • 無塩バター・・・100g
  • 溶き卵 (Mサイズ)・・・1個分
  • グラニュー糖・・・70g
  • ミルクチョコレート・・・100g

作り方

準備.無塩バター、溶き卵は常温に戻しておきます。 オーブンは180℃に予熱しておきます。
1.ミルクチョコレートは刻みます。
2.ボウルに無塩バターを加えクリーム状になるまで泡立て器で混ぜ合わせます。グラニュー糖を加え白っぽくなるまで泡立て器でよく混ぜあわせます。
3.溶き卵を2回に分けて入れ、都度よく混ぜ合わせます。
4.薄力粉をふるい入れ、ゴムベラでさっくりと混ぜ合わせます。
5.1を加え全体に馴染むまで混ぜ合わせます。
6.クッキングシートを敷いた天板に、スプーンで5を一口大に丸めて並べます。180℃のオーブンで12分こんがりと焼き上げたら完成です。

2.簡単 焼きチョコクッキー

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

湯せんで溶かしたチョコレートに薄力粉を混ぜるだけで作れる、焼きチョコクッキーのレシピです。濃厚なチョコレートの味とザクザクとした食感で、またすぐにリピートしたくなること間違いなしですよ。クッキー生地ができたら、冷蔵庫で30分冷やして休ませると切りやすくなります。手軽に作れるので、ぜひ試してみてくださいね。

材料(10枚分)

  • ミルクチョコレート・・・100g
  • お湯 (湯せん用・50℃)・・・適量
  • 薄力粉・・・50g

作り方

準備.オーブンの天板にクッキングシートを敷いておきます。
1.ミルクチョコレートは細かく刻みます。
2.ボウルに入れて湯せんで溶かします。
3.薄力粉をふるい入れ、ゴムベラで混ぜ合わせます。
4.ラップに3をのせ、直径3cm程の棒状に丸め、冷蔵庫で30分程休ませます。この間にオーブンを160℃に予熱します。
5.1cm幅に切り、天板に並べて、160℃のオーブンで12分程焼きます。粗熱を取り、完成です。

3.スライスレモンクッキー

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

レモンの爽やかな味わいとバターの風味が相性抜群な、スライスレモンクッキーです。レモンを丸ごと1個使っているので、さっぱりとした甘酸っぱさがとてもおいしいですよ。カットしたレモンをのせて焼いているので、見た目にも可愛らしくおもてなしにもおすすめです。ぜひお試しくださいね。

材料(24枚分)

  • レモン・・・1個
  • 砂糖・・・50g
  • 無塩バター・・・50g
  • (A)薄力粉・・・100g
  • (A)片栗粉・・・40g

作り方

準備.レモンはよく洗っておきます。 無塩バターは常温に戻しておきます。 オーブンを180℃に予熱しておきます。
1.レモンは5mm幅の輪切りを6枚切りにしいちょう切りにし、残りのレモンは絞り、皮はすりおろします。
2.ボウルに砂糖と無塩バターを加え、よく混ぜ合わせます。
3.すりおろしたレモンの皮、レモンの果汁を加えて混ぜ、(A)を振るいます。
4.生地がまとまるまで混ぜます。
5.棒状に伸ばし、ラップをし、冷蔵庫で1時間以上冷やし固めます。
6.取り出し、8mmくらいの薄さに切り、レモンを乗せて、生地にレモンを少し押し付けます。
7.クッキングシートを敷いた天板に6を乗せ、180℃のオーブンで軽く焼き色がつくまで18分焼きます。
8.器に盛りつけたら完成です。

人気のカテゴリ