最終更新日 2022.9.19

「もう一品欲しい時にも!」子どもが喜ぶこと間違いなしの“たまご”レシピ5選

オムライスやオムレツなど、「たまご」を使った料理が大好きな子どもも多いですよね。今回は、子どもが喜びそうなたまごレシピを5品ご紹介します。ひとくちオムレツや卵炒めなど、どれも簡単に作れるものばかりなので、もう一品欲しいときにもぴったりです。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.濃厚コーンクリーム茶碗蒸し

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

子どもに人気のコーンクリームと茶碗蒸しを掛け合わせた「濃厚コーンクリーム茶碗蒸し」を試してみませんか。茶碗蒸しというと、蒸し器を使うイメージがありますが、こちらは手軽に電子レンジで加熱して作ります。コーンスープの風味を楽しみながら、食感はふるふるの茶碗蒸しという新感覚な味わいに、お子様も喜ぶこと間違いなしですよ!

材料(2個分)

  • 卵 (Mサイズ)・・・2個
  • コーンスープの素・・・2袋
  • 黒こしょう・・・ふたつまみ
  • 牛乳・・・200ml
  • パセリ (乾燥)・・・適量

作り方

1.ボウルに卵を入れ溶きほぐし、コーンスープの素、黒こしょうを入れて混ぜ合わせたあとに、牛乳を入れよく混ぜ合わせます。
2.耐熱の器に注ぎ入れ、ふんわりラップをし500Wの電子レンジで2分30秒程卵に火が通るまで加熱します。
3.パセリを散らして完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

2.ウインナー入り レンチンひとくちオムレツ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

大きくて形のきれいなオムレツをフライパンで作るのは難しいけれど、こちらのレシピなら、小さくて形のきれいなオムレツを電子レンジで簡単に作ることができますよ。ひき肉の代わりに子どもの好きなウィンナーをしのばせて加熱しました。赤パプリカや玉ねぎなどの野菜も加えて作るので、1つで食べ応えのあるオムレツに仕上がりますよ。

材料(2人前)

  • 溶き卵 (Mサイズ)・・・2個分
  • ウインナー (計30g)・・・2本
  • 玉ねぎ・・・30g
  • 赤パプリカ・・・20g
  • 塩こしょう・・・小さじ1/4
  • マヨネーズ・・・小さじ2
  • ケチャップ・・・大さじ1
  • バジル (生・葉)・・・適量

作り方

準備.赤パプリカはヘタと種を取り除いておきます。
1.玉ねぎと赤パプリカはみじん切りにします。
2.ウインナーは薄い輪切りにします。
3.大きめの耐熱ボウルに1、2、塩こしょうを入れ味をなじませてラップをし、 600Wの電子レンジでウインナーに火が通るまで1分30秒加熱し、粗熱を取ります。
4.溶き卵、マヨネーズを入れ、よく混ぜ合わせます。
5.耐熱ボウルにラップを敷き、4を1/4量流し入れて口をふんわりと閉じ、600Wの電子レンジで1分30秒程度加熱します。卵が固まったら電子レンジから取り出し、キッチンペーパーで形を整えます。同様に3つ作ります。
6.ラップをはがし、器に盛り付け、ケチャップをかけてバジルを添えたら出来上がりです。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

3.キャベツとツナの簡単ココット

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

子どもが大好きなツナマヨネーズ味で作るキャベツのココットはいかがでしょうか。可愛らしい見た目も喜ばれること間違いなし!耐熱皿に材料を順番に入れて、オーブントースターで焼くだけという手軽さもうれしい一品です。隠し味にしょうゆが入るので、和食にも洋食にも合わせられますよ。

材料(2人前)

  • キャベツ (計100g)・・・4枚
  • ツナ油漬け (正味量、50g)・・・1缶
  • マヨネーズ・・・大さじ1.5
  • しょうゆ・・・小さじ1/2
  • 卵・・・2個
  • 黒こしょう・・・少々
  • ピザ用チーズ・・・50g

-----トッピング-----

  • パセリ (乾燥)・・・適量

作り方

1.キャベツは千切りにします。
2.ボウルに1、ツナ油漬け、マヨネーズ、黒こしょう、しょうゆを入れて混ぜ合わせます。
3.耐熱皿に2を入れて、中央に卵をのせ、ピザ用チーズをかけます。チーズが溶けるまでオーブントースターで4分焼きます。
4.パセリを散らして完成です。

※お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W220℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。

4.餃子の皮で アスパラサーモンキッシュ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

餃子の皮が余ったら、お子様が喜ぶキッシュを作ってみませんか。中には、スモークサーモンやアスパラガス、クリームチーズなどの具材を入れて作ります。焼きあげた皮はパリッと軽く、具沢山の中身がとってもおいしいので、パクパク食べ進めてしまいそうな一品です!パイ生地から作ると手のかかるキッシュも、これならサッとお作りいただけますよ。

材料(6個分(直径6cmのアルミカップ))

  • 餃子の皮・・・6枚
  • スモークサーモン・・・30g
  • アスパラガス・・・2本
  • クリームチーズ・・・50g
  • 卵 (Mサイズ)・・・1個
  • (A)牛乳・・・大さじ1
  • (A)粉チーズ・・・大さじ1
  • (A)粗挽き黒こしょう・・・ふたつまみ
  • (A)塩・・・ひとつまみ
  • パセリ (乾燥)・・・適量

作り方

1.アスパラガスは根元から1cmの部分を切り落とし、根元1/3の固い皮をむき、3cm幅に切ります。
2.クリームチーズは1cm角に切ります。
3.スモークサーモンは半分に切ります。
4.ボウルに卵を割り入れ溶きほぐし、(A)を加えよく混ぜ合わせます。
5.アルミカップに餃子の皮を敷き、4を入れます。1、2、3を散らし、天板にのせオーブントースターで焼き色がつくまで10分程焼きます。
6.アルミカップから外し、器に盛り付けます。パセリを散らして完成です。

※お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W200℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。

5.色鮮やか ミニトマトと卵炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ミニトマトと卵で作る、ふんわり食感がおいしい卵炒めのレシピです。バターのコクと香りが食欲をそそる一品。加熱してやわらかくなったミニトマトが、まるでトマトソースのように、卵をまとめてくれます。パンとの相性がよいので、朝食やブランチにもおすすめですよ。

材料(2人前)

  • ミニトマト・・・6個
  • 卵 (Mサイズ)・・・2個
  • 牛乳・・・20ml
  • 塩こしょう・・・ひとつまみ
  • 有塩バター・・・10g
  • パセリ (乾燥)・・・適量

作り方

準備.ミニトマトはヘタを取っておきます。
1.ミニトマトを半分に切ります。
2.ボウルに卵を割り入れ、牛乳と塩こしょうを入れてかき混ぜます。
3.フライパンを中火に熱し、有塩バターを溶かし、1を入れて炒めます。
4.ミニトマトの皮がしんなりしてきたら2を流し入れて、木べらで軽くかき混ぜながら中火で熱します。
5.卵に火が通ったら火から下ろします。器に盛り付け、パセリをかけて完成です。

子どもも喜ぶたまごレシピのレパートリーを増やそう!

冷蔵庫に常備されていることの多い「たまご」。たまごレシピのレパートリーを増やすことで、もう一品欲しいときにも悩むことが少なくなりますよ!子どもにも人気のメニューばかりなので、ぜひ今回ご紹介したレシピを参考にしていただき、レパートリーに加えてみてくださいね!

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

人気のカテゴリ