最終更新日 2021.11.25

「朝食にもぴったり!」野菜や果物で”手作りスムージー”レシピ5選

忙しい朝の時間、朝食はなるべく簡単に済ませたいけれど、野菜や果物は摂りたい、という方も多いですよね。

そこで今回は、朝食にぴったりな野菜や果物を使ったスムージーのレシピをご紹介します。作り方はどれもシンプルで、食材を切ってミキサーやフードプロセッサーで攪拌するだけ!手軽に作れるものばかりなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

1.簡単 ブルーベリースムージー

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

朝食におすすめ!手軽にお作りいただけるブルーベリースムージーです。作り方はとてもシンプルで、トッピング意外の材料をミキサーにかけるだけ!さっぱりとした味わいで、暑い日にぴったりの一品です。このレシピはブルーベリーとヨーグルトで作りましたが、バナナなどを加えるとまた違ったおいしさをお楽しみいただけます。

材料(1人前)

  • (A)ブルーベリー・・・100g
  • (A)無糖ヨーグルト・・・150g
  • (A)牛乳・・・50ml
  • (A)はちみつ・・・大さじ2.5
  • ミント・・・適量
  • ブルーベリー・・・3粒

作り方

1.ミキサーに(A)を入れてなめらかになるまで回します。
2.コップに注ぎ、ミントとブルーベリーをのせて出来上がりです。

※こちらのレシピは、はちみつを使用しております。1歳未満(乳幼児)のお子様はお召し上がりにならないようご注意ください。はちみつは、砂糖でも代用できます。それぞれ種類によって甘さが異なりますのでお好みで調整してください。

2.夏にぴったり パイナップルのスムージー

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

暑い時期にぴったりなパイナップルスムージーです。凍らせたパイナップルとヨーグルトをなめらかになるまでミキサーにかけるだけととってもお手軽!さわやかでさっぱりとした味わいをお楽しみいただけますよ。グラスにキウイを貼り付けると見た目もかわいらしい一品に仕上がります。パイナップルは冷凍のものを使うとより時短で手軽に作れるので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • パイナップル (カット)・・・300g
  • キウイ (トッピング)・・・1個
  • プレーンヨーグルト・・・大さじ4

作り方

1.キウイを8mm程度の輪切りにします。 パイナップルを冷凍庫で凍らせます。
2.パイナップルとヨーグルトを滑らかになるまで、ミキサーにかけます。
3.グラスの内側に1を貼り付け、2を流し入れたら完成です。

3.バナナと春菊のスムージー

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

クセになる味わいのバナナと春菊のスムージーレシピをご紹介します。生の春菊を使うので苦そうなイメージがありますが、バナナとはちみつの甘みで春菊の苦みがやわらぎ、飲みやすく仕上がっています。レモン汁を加えることでさっぱりとした口当たりになり、おいしくいただけますよ。

材料(1人前)

  • バナナ・・・2本
  • 春菊・・・30g
  • 牛乳・・・100ml
  • (A)はちみつ・・・大さじ1.5
  • (A)レモン汁・・・小さじ1

作り方

1.春菊は3cm幅に切ります。バナナは一口大に切ります。
2.ミキサーに1、牛乳、(A)を入れてなめらかになるまで撹拌します。
3.グラスに流し入れ、ストローをさして完成です。

※こちらのレシピは、はちみつを使用しております。1歳未満(乳幼児)のお子様はお召し上がりにならないようご注意ください。はちみつは、砂糖でも代用できます。それぞれ種類によって甘さが異なりますのでお好みで調整してください。

人気のカテゴリ