2022.9.21

「時間のない朝食にも最適!」おうちにある卵で作れる“スピードおかず”レシピ5選

時間に追われて忙しい朝、朝食はなるべくスピーディーに用意したいですよね。今回は、そんな朝にもぴったりな、卵を使ったスピードおかずレシピをご紹介します。カリカリチーズをプラスしたベーコンエッグやカフェ気分が味わえるウフマヨネーズなど、パパッと作れるレシピをピックアップしました。ぜひチェックしてくださいね。

1.カリカリチーズのベーコンエッグ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

朝食の定番、ベーコンエッグにチーズをプラスしてボリュームのある味わいに仕上げました。作り方のポイントはベーコンの上にスライスチーズを重ね、弱火でじっくり焼くこと!カリカリチーズと卵のまろやかさとベーコンの旨味が合わさってたまらないおいしさです。そのまま食べるのはもちろん、トーストにのせても絶品なのでぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 薄切りロングベーコン・・・50g
  • 卵 (Mサイズ)・・・2個
  • スライスチーズ・・・4枚
  • ルッコラ・・・10g

作り方

準備.ルッコラは根元を切り落としておきます。
1.フライパンに薄切りロングベーコン、スライスチーズを入れ弱火にかけ、10分程度焼き、スライスチーズに焼き色がついたら卵を割り入れ蓋をします。
2.卵が半熟状になったら火から下ろし、器にのせてルッコラを添えたら出来上がりです。

2.カフェ風 ウフマヨネーズ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

フランスのカフェやビストロの定番料理であるウフマヨネーズをおうちで作ってみませんか?お好みのかたさにゆでた卵にマヨネーズソースをかけるだけと一見シンプルなレシピですが、かわいらしい見た目とマイルドな味わいがクセになります。材料も手軽に手に入るものばかりなので、挑戦しやすいですよ。お好みのパンを添えれば、休日のブランチなどにもぴったりの一品に!ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 卵 (Mサイズ)・・・2個
  • スナップえんどう・・・2本
  • お湯・・・適量
  • フリルレタス・・・4枚
  • ロースハム・・・4枚
  • (A)マヨネーズ・・・大さじ2
  • (A)牛乳・・・小さじ2
  • (A)塩・・・ふたつまみ
  • パプリカパウダー・・・適量

作り方

準備.スナップえんどうはヘタと筋を取り除きます。
1.鍋にお湯を沸かし、スナップえんどうを1分ゆで取り出し、卵を入れ6分30秒ゆで、流水で冷やし殻をむきます。
2.ボウルに(A)を入れ混ぜ合わせます。
3.器にフリルレタス、ロースハム、1を盛り付け、上に2をかけ、パプリカパウダーを散らし完成です。

3.電子レンジで スクランブルエッグ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

バタバタしがちな朝にうれしい、電子レンジでパパッと作れるスクランブルエッグをご紹介します。ふわふわの卵のなかに赤パプリカ、玉ねぎ、ウインナーなどたっぷりの具材が入っていて、食べ応えも抜群!ベーコンやコーンなどを入れてもおいしく仕上がりますよ。食パンやクロワッサンとの相性も抜群です!

材料(2人前)

  • 卵・・・2個
  • (A)塩こしょう・・・少々
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1/4
  • 赤パプリカ (30g)・・・1/8個
  • 玉ねぎ (50g)・・・1/8個
  • ウインナー・・・2本
  • 有塩バター・・・5g
  • ピザ用チーズ・・・10g
  • パセリ (乾燥)・・・適量
  • フリルレタス・・・適量

作り方

準備.赤パプリカはヘタと種を取り除いておきます。
1.赤パプリカ、玉ねぎ、ウインナーは粗みじん切りにします。
2.ボウルに卵を入れて溶きほぐし、(A)を加えて混ぜ合わせます。
3.大きめの耐熱ボウルに1、有塩バターを入れ、ふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで1分30秒加熱します。
4.有塩バターが溶けて玉ねぎがしんなりとしたら、2、ピザ用チーズを加えて混ぜ合わせます。
5.再びふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで1分加熱し、かき混ぜて粗くほぐします。
6.器にフリルレタスを敷き、5を盛り付け、パセリを散らして完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

4.簡単かわいい朝ごはん ハートのソーセージエッグ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

かわいさ抜群!ピンクの魚肉ソーセージをハートに見立てた、ソーセージエッグのレシピです。卵とソーセージの相性がよく、仕上げにかけるピンクペッパーがやさしいアクセントに。パンやパンケーキと組み合わせてもおいしくいただけますよ。とても簡単に作れるのに見た目よく仕上がるので、いつもの目玉焼きのレパートリーに加えてみてはいかがでしょうか?

材料(2個分)

  • 魚肉ソーセージ・・・2本
  • 卵・・・2個
  • 水・・・大さじ1
  • サラダ油・・・小さじ1
  • 黒こしょう・・・適量
  • ピンクペッパー・・・適量

作り方

1.魚肉ソーセージの端を2cmほどを残して切りこみを入れます。端と端を合わせて、爪楊枝で留めます。
2.サラダ油をキッチンペーパーで薄く伸ばし、1を入れます。中火で加熱し、魚肉ソーセージの中に卵を落とします。
3.水を加え、蓋をして中火で加熱します。
4.卵に火が通ってきたら火から下ろします。
5.お皿に盛り付け、黒こしょうとピンクペッパーをかけて出来上がりです。

5.朝ごはんに 簡単巣ごもり卵

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

卵と千切りキャベツでパパッと作れる巣ごもり卵をご紹介します。火を通したキャベツはほんのり甘く、コクのある卵とよく合います。黒こしょうでシンプルに味わうのはもちろん、ケチャップやソースなどを合わせてもおいしくいただけます。カットされた千切りキャベツを買えば、包丁を使わずに作れるのもうれしいポイント!あと一品欲しいときにもぴったりですよ。

材料(1人前)

  • キャベツ (千切り)・・・50g
  • 卵・・・1個
  • 水・・・小さじ2
  • 塩・・・少々
  • 黒こしょう・・・少々

作り方

1.フライパンにキャベツを敷き、中央にくぼみを作ります。
2.中火で熱し、くぼみに卵を割り入れます。
3.水を加え、フライパンの蓋をして、白身が固まるまで蒸し焼きにします。
4.塩と黒こしょうをふり、火から下ろします。お皿に盛り付けて完成です。

手軽な卵レシピでおいしい朝ごはんを!

いかがでしたか?今回は、忙しい朝にぴったりな、卵を使ったスピードおかずレシピをご紹介しました。卵はほとんどのご家庭で常備されている身近な食材なので、パパッと作れるレシピを増やしておくと、朝ごはんメニューの幅が広がりますよ。今回ご紹介した簡単レシピを活用して、忙しい朝をのりきってくださいね!

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

人気のカテゴリ