2022.6.27

今日は何作ろう?献立のレパートリーが広がる“定番おかず”レシピ5選

毎日の食事は、献立を考えるのも大変ですよね。そこで今回は、献立のレパートリーが広がる「定番おかずレシピ」をご紹介します。ジューシーなチキン南蛮や豚肉の生姜焼き、ごはんが進むレバニラ炒め、サクサクふわふわのアジフライなど、バリエーション豊富なメニューをピックアップしました!ぜひチェックしてくださいね。

1.定番 チキン南蛮

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

子どももよろこぶこと間違いなし!チキン南蛮のレシピです。カラッと揚げた鶏もも肉に、しょうゆや酢を混ぜたタレを絡ませ、ほどよい酸味をプラス。まろやかな味わいのタルタルソースをたっぷりつければ、思わず笑みがこぼれるおいしさです。タルタルソースにはゆで卵を丸ごと1個使っているので、ボリュームも満点!ぜひ作ってみてくださいね。

材料(1人前)

  • 鶏もも肉 (1枚)・・・200g

-----下味-----

  • 料理酒・・・大さじ1
  • すりおろし生姜・・・小さじ1
  • 塩・・・少々

-----衣-----

  • 薄力粉・・・大さじ1
  • 溶き卵 (Mサイズ)・・・1個分
  • 揚げ油・・・適量

-----タレ-----

  • 酢・・・大さじ2
  • 砂糖・・・大さじ1.5
  • しょうゆ・・・大さじ1.5

-----タルタルソース-----

  • 玉ねぎ・・・50g
  • ゆで卵・・・1個
  • (A)マヨネーズ・・・大さじ3
  • (A)牛乳・・・大さじ1
  • サニーレタス (飾り用)・・・1枚
  • ミニトマト (飾り用)・・・2個
  • パセリ (乾燥)・・・適量

作り方

1.タルタルソースを作ります。玉ねぎは粗みじん切りにします。耐熱ボウルに入れて、ラップをかけ、500Wの電子レンジで1分ほど加熱し、粗熱を取ります。
2.ボウルにゆで卵を入れてフォークで粗くつぶし、水気を切った1、(A)を加えて混ぜ合わせます。
3.鶏もも肉は、身の部分に1cm幅に浅い切り込みを入れます。ジッパー付き保存袋に入れ、下味の材料を加えて揉みこみます。冷蔵庫で15分ほど置きます。
4.キッチンペーパーで汁気を拭き取った3をバットに移し、薄力粉を全体にまぶして溶き卵を加え、全体を卵液に浸します。
5.鍋底から3cmほどの揚げ油を注ぎ、180℃に熱し、4を入れます。3分ほど揚げたら裏返し、鶏もも肉に火が通るまでさらに3分ほど揚げ、油を切ります。
6.2cm幅に切ります。
7.タレを作ります。別の鍋に砂糖、しょうゆを入れ、弱火で加熱します。ひと煮立ちしたら酢を加え、弱火のまま30秒ほど加熱し、火から下ろします。6を入れたボウルに注ぎ、全体に味をなじませます。
8.器にサニーレタス、ミニトマト、7を盛り付け、2、パセリをかけて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

2.定番 豚肉の生姜焼き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

白いごはんがどんどん進む、豚肉の生姜焼きをご紹介します。しょうゆやみりん、すりおろし生姜などで甘辛く味つけした豚肉は、とってもジューシー。豚肉は焼く前に切りこみをいれることでスジが切れ、丸まりにくくなりますよ。片栗粉をつけてタレを絡みやすくするのもポイント!自宅にある調味料で作れるので、思い立ったらすぐできるのもいいですね。

材料(2人前)

  • 豚ロース (薄切り、6枚)・・・200g
  • 塩こしょう・・・ふたつまみ
  • 片栗粉・・・小さじ2
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)料理酒・・・小さじ2
  • (A)みりん・・・小さじ2
  • (A)すりおろし生姜・・・小さじ2
  • (A)砂糖・・・小さじ1
  • サラダ油・・・大さじ1
  • 白いりごま・・・適量

-----付け合わせ-----

  • キャベツ・・・100g
  • ミニトマト・・・4個

作り方

1.キャベツは千切りにします。
2.豚ロースは筋に切りこみを入れ、塩こしょう、片栗粉を全体にまぶします。
3.ボウルに(A)を入れて混ぜ合わせます。
4.中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、2を入れて3分程炒めます。
5.火が通り、両面に焼き色が付いたら3を入れ、中火で3分程炒め合わせます。全体に味がなじんだら火から下ろします。
6.1、ミニトマトを添えた器に盛り付け、白いりごまをかけて完成です。

3.定番の鯖味噌煮

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

一見むずかしそうな鯖の味噌煮も、実は手軽に作れるんです。サバは煮る前に熱湯をかけることで臭みを取り、より食べやすくするのがコツ。材料を順番に加えたら、あとはじっくり煮るだけで完成です。サバと味噌の黄金コンビは、やみつきになるおいしさ!ごはんはもちろん、お酒も進む一品です。

材料(2人前)

  • サバ (計160g)・・・2切れ
  • 熱湯 (下処理用)・・・適量
  • 生姜・・・20g
  • 水・・・150ml
  • (A)料理酒・・・50ml
  • (A)砂糖・・・大さじ1.5
  • (A)みりん・・・小さじ2
  • みそ・・・大さじ2

作り方

準備.生姜は皮をむいておきます。
1.生姜は薄切りにします。
2.サバは皮面に十字の切りこみを入れます。
3.耐熱ボウルに2を入れて熱湯を注ぎます。サバの表面が白くなったら湯切りし、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。
4.鍋に1、水、(A)を入れて中火で熱し、沸騰してきたら3を入れます。再度沸騰したらアクを取り除き、みそを入れて溶かします。
5.弱火にし、落し蓋をして15分程煮ます。サバを取り出し、煮汁をとろみがつくまで煮詰め、火から下ろします。
6.器に5のサバを盛り付け、煮汁をかけて完成です。

4.定番 レバニラ炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

みんな大好きな中華料理、レバニラ炒めはいかがでしょうか。鶏レバーは牛乳で臭みを取り、食べやすく仕上げます。濃厚な味わいのレバーやシャキシャキのニラ、もやしにオイスターソースのコクが絡んで、箸が止まらないおいしさに!すりおろしニンニクと生姜の風味もよく、食欲をそそりますよ。ごはんのおかわりも必須です。

材料(2人前)

  • 鶏レバー・・・200g
  • 牛乳 (下処理用)・・・200ml
  • 片栗粉 (まぶす用)・・・大さじ1
  • ニラ・・・80g
  • もやし・・・50g
  • (A)オイスターソース・・・大さじ1
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)砂糖・・・小さじ1
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • (A)すりおろし生姜・・・小さじ1/2
  • (B)塩・・・ひとつまみ
  • (B)黒こしょう・・・ひとつまみ
  • ごま油・・・大さじ1

作り方

1.ニラは4cm幅に切ります。
2.鶏レバーは一口大に切り、牛乳に浸けて冷蔵庫で20分置いたら流水で洗い流します。キッチンペーパーで水気を拭き取り、片栗粉をまぶします。
3.ボウルに(A)を入れて混ぜ合わせます。
4.中火で熱したフライパンにごま油をひき、2を入れて色が変わるまで炒めます。(B)を入れて味がなじむまで炒め、一度取り出します。
5.同じフライパンを中火で熱し、1ともやしを入れて、しんなりするまで炒めます。3、4を加えて全体に味がなじむまで炒め、鶏レバーに火が通ったら火から下ろします。
6.器に盛り付けて完成です。

5.定番 さくふわアジフライ

 ※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

お酒のお供にもぴったりな、さくふわアジフライを作ってみませんか。アジは開きを買えば下処理も不要でラクラク!薄力粉、卵、パン粉を順番にまぶして揚げ、サクサクの食感に仕上げました。旨味たっぷりのアジは、コクのある中濃ソースとの相性も抜群!ふわふわとやわらかいアジの身を堪能してくださいね。

材料(2人前)

  • アジ (開き)・・・2尾
  • (A)塩・・・ひとつまみ
  • (A)黒こしょう・・・ひとつまみ
  • 薄力粉・・・大さじ3
  • 溶き卵 (Mサイズ)・・・1/2個分
  • パン粉・・・40g
  • 揚げ油・・・適量
  • キャベツ・・・50g
  • トマト・・・1/2個
  • パセリ (生)・・・適量
  • 中濃ソース・・・大さじ1

作り方

準備.トマトはヘタを取り除いておきます。
1.キャベツは千切りにします。トマトはくし切りにします。
2.バットにアジを置き、(A)をふります。薄力粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけます。
3.フライパンの底から2cm程の高さまで揚げ油を注ぎ、170℃に熱します。2を入れ、中まで火が通り両面きつね色になるまで5分程揚げ、油を切ります。
4.1、パセリをのせたお皿に盛り付け、中濃ソースをかけたら完成です。

定番おかずを覚えて、大満足な夕食を!

いかがでしたか。今回は、人気の定番おかずレシピをご紹介しました。ご紹介したレシピはどれもむずかしい工程がなく、身近な調味料で作れるものばかり!白いごはんはもちろん、お酒とも相性がいいので、今晩のおかずにぜひ作ってみてくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

人気のカテゴリ