2021.5.12

上手にお菓子を焼くために!バターと卵を分離させないコツ

お菓子作りに必須であるバターと卵の分離を防ぐには?

クッキーやケーキなど、定番のお菓子作りでは必ずと言っていいほど登場する「バター」と「卵」ですが、うまく混ざらずに分離してしまったことはありませんか?

今回はバターと卵が分離する原因と、分離してしまったときの対処法をご紹介します。ポイントを押さえれば、分離することなく、おいしいお菓子を作ることができますよ!ぜひ、参考にして、お菓子作りを楽しんでくださいね。

分離の原因は?どうしたら分離しないの?

バターと卵は分離すると、ザラザラとした生地になり、仕上がりの食感も悪くなってしまいます。こうした分離を避けるためには、バターと卵、それぞれの性質に注目することがポイントです。以下で2つのポイントを確認してみましょう。

■卵を常温に戻す

冷蔵庫で保存している卵は、バターと混ぜる前に常温に戻しておきましょう。冷蔵庫から出したばかりの冷えた卵を投入すると、やわらかくしたバターが固まってしまい、混ざりにくくなります。冬場など、常温に戻りにくい場合は湯せんなどを使って調整してください。

■卵を分けて投入する

油分と水分という、もともと混ざりにくい性質を持つバターと卵は、一度に混ぜるとうまく混ざらずに分離してしまいます。スプーンなどを使って少量ずつ卵を加え、都度混ぜるようにしましょう。こまめに混ぜることで、しっかり混ぜ合わせることが出来ます。

分離してしまったときの対処法

注意しながら卵を加えても、うまく混ざらずに分離してしまうこともあるかもしれません。そうなってしまったときは、湯せんすることで解消できる可能性があります。表面がザラザラし、分離し始めたことが分かった時点で、湯せんにかけましょう。軽く湯せんにかけることでバターの油脂が溶け、卵と混ざりやすくなります。

温めすぎてしまうと、溶けた油脂の影響で焼き上がりがかたくなることもあるので、様子を見ながら調整してくださいね。

人気のカテゴリ