2021.9.5

「え、こんな味噌汁も!?」試してみたい変化球な“味噌汁”レシピ5選

毎日のようにいただく「みそ汁」だからこそ、マンネリは避けたいですよね。ただ、どんな具材を組み合わせたらいいのか悩んでしまい、結局いつも同じような具材になってしまうという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、意外な組み合わせでおいしい!変化球みそ汁レシピをご紹介します。みそと相性抜群のコーンやキムチを具材にしたものや、豆乳を加えてまろやかに仕上げたものなど、いつものみそ汁とはひと味もふた味も違うレシピをピックアップしました。ぜひ作ってみてくださいね。

1.トマトと玉ねぎのお味噌汁

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

見た目も鮮やかなトマトと玉ねぎのお味噌汁です。意外な組み合わせに思えますが、トマトはみそと相性抜群!玉ねぎのやさしい甘みとトマトの酸味をみそがうまくまとめていて、コクがありながらもさっぱりとお召し上がりいただけます。トマトはミニトマトに代えてもおいしくお作りいただけますので、ぜひ試してみてくださいね。

材料(2人前)

  • トマト・・・1個
  • 玉ねぎ・・・1/2個
  • 水・・・400ml
  • みそ・・・大さじ1/2
  • 顆粒和風だし・・・小さじ1

作り方

1.玉ねぎは薄切りにします。トマトはヘタを取り除き、8等分のくし切りにします。
2.鍋に水を入れて中火で熱し、沸騰したら1の玉ねぎを入れて煮ます。玉ねぎに火が通った ら1のトマト、顆粒和風だしを入れてさらに煮ます。
3.ひと煮立ちさせたら、みそを溶き入れて火から下ろします。
4.器によそい完成です。

2.大根とコーンのバター味噌汁

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

みそ汁の具材の定番である大根と、プチプチ食感が楽しいコーンを組み合わせて、お子様にも喜ばれるみそ汁を作ってみましょう!このレシピでは仕上げにみそと相性のよいバターを加えて、濃厚でコクのある味わいに仕上げました。コーンの甘みもバターの風味とよく合い、やみつきになるおいしさですよ!いつもとひと味違うみそ汁を試したくなったら、ぜひこちらのレシピをお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 大根・・・100g
  • コーン(水煮・正味量)・・・50g
  • 水・・・400ml
  • 顆粒和風だし・・・小さじ1
  • みそ・・・大さじ1
  • 有塩バター・・・10g

作り方

準備. 大根は皮を剥いておきます。
1.大根は細切りにします。
2.鍋に水、1、顆粒和風だしを入れて大根がやわらかくなるまで、5分程中火で加熱します。コーンを加えて、みそを溶かし入れ火から下ろします。
3.器に盛り付けて、有塩バターをのせて完成です。

3.じゃがいもとキムチのチゲ風みそ汁

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

食べ応え抜群のチゲ風みそ汁をご紹介します。じゃがいもや油揚げといったみそ汁の定番具材に、キムチをプラスしてチゲ風に仕上げました。みそを溶かしたあとにごま油を加えるのがこのレシピのポイント!こうすることで、よりチゲ風の味わいをお楽しみいただけますよ。余ったキムチの消費にも便利なので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • じゃがいも(100g)・・・1個
  • キムチ・・・40g
  • 油揚げ・・・1/2枚
  • 水・・・400ml
  • 顆粒和風だし・・・小さじ1
  • みそ・・・小さじ4
  • ごま油・・・10g
  • 小ねぎ(小口切り)・・・適量

作り方

準備. 油揚げはお湯をかけて油抜きをし、水気を切り、半分に切っておきます。
1.じゃがいもは芽を取り、皮をむいて1cm角に切ります。
2.油揚げは縦半分に切り、1cm幅に切ります。キムチはざく切りにします。
3.鍋に水と1を入れて、中火で火が通るまで煮ます。
4.2と顆粒和風だしを入れ、中火でひと煮立ちさせたら、火を止めます。
5.みそを溶かし入れ、ごま油を入れます。
6.お椀によそい、小ねぎを散らして完成です。

人気のカテゴリ