2022.1.6

「七草粥はいつ食べる?」知っておきたい豆知識と簡単レシピも

毎年1月7日「人日(じんじつ)の節句」に食べる七草粥。1月7日に食べるのは知っているけれど、朝・昼・晩いつ食べるのがいいのか、疑問に思ったことはありませんか?

今回は、そんな七草粥に関する豆知識をご紹介します。いつ食べるのが正解なのかや、七草の種類、お粥にして食べるようになった理由も解説します!豆知識のあとには、七草粥のおすすめレシピもご紹介していますよ。ぜひチェックしてみてくださいね。

七草粥にこめられた願いは…?食べるタイミングはこれが正解!

1月7日、一年の最初の節句である「人日の節句」に七草粥を食べることで、邪気を払い万病を除く、と言い伝えられています。七草には体にたまった老廃物を外に出すための栄養素が含まれていることから、お正月で疲れた胃を休め、不足しがちな栄養を補うともいわれていますよ。

かつては1月6日の夜に「唐土の鳥が日本の国に渡らぬ先に七草を叩く」と囃子歌を唱えながら野菜を刻み、7日の朝に七草粥や七草雑煮にしていただいたのだとか。古くからの習慣にならって、ぜひ1月7日の朝に七草粥を食べてみてくださいね。

七草の種類は?なぜお粥で食べているの?

七草とは、芹・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろの七種のこと。新年にこのような野草を食べると、その強い生命力にあやかって長生きができるとされていました。

実は、「人日の節句」に七草を食べる風習は、中国から伝わってきたものなんです。古代中国の年中行事を記した書物に、「人を占う日に、七種菜のあつもの(熱い汁)を食べて無病を願う行事」が記されているようですよ。

日本では、正月の若菜摘みの風習と、中国の行事が合体して、七草粥が生まれたとされています。平安時代から七種菜のあつもの(熱い汁)が日本でも食べられていました。室町時代から江戸時代に、七種の若菜をお粥に入れて食べる「七草粥」の風習が形作られ、五節句のひとつに加えられたようですよ。

ほっこり温まる七草粥をつくってみませんか?

やさしい味わいに癒されることまちがいなし!七草粥のレシピをご紹介します。炊飯器で作るシンプルな七草粥はもちろん、梅を加えたアレンジレシピも必見です。

1.炊飯器で七草粥

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

塩と顆粒和風だしでシンプルに仕上げた、七草粥をご紹介します。素朴な味わいで七草の風味が引き立ちますよ。お米の甘味と七草のほろ苦さ、だしの風味が絶妙にマッチしていて味わい深い一品です。七草の食感も心地よく、最後まで食べ飽きません。七草は最後に加えることで、香りよく仕上がりますよ。炊飯器で手軽に作れるので、ぜひ試してみてくださいね。

材料(2人前)

  • 米・・・1/2合
  • 水 (米用)・・・600ml
  • (A)顆粒和風だし・・・小さじ1
  • (A)塩・・・小さじ1/2

-----七草-----

  • せり・・・3g
  • なずな・・・3g
  • ごぎょう・・・3g
  • はこべら・・・3g
  • すずな・・・1株
  • すずしろ・・・1本
  • ほとけのざ・・・10g

作り方

準備.米は洗って水に30分ほど浸水し、水気を切っておきます。七草の根元はそれぞれ切り落としておきます。
1.すずな、すずしろは葉と白い部分に分け、白い部分は皮付きのまま2mm幅のいちょう切りにします。葉と残りの七草は粗みじん切りにします。
2.炊飯器の釜に米、(A)、水を入れて混ぜ合わせ、おかゆモードで炊飯します。
3.炊き上がったら1を入れてよく混ぜ合わせ、蓋をして10分程蒸らします。
4.器に盛り付けて出来上がりです。

人気のカテゴリ