2022.8.16

「旬のおいしさを食卓に!」旨みたっぷりな夏野菜を使った“副菜”レシピ5選

今回は、ささっと作れてラクラクな、夏野菜を使った副菜レシピをご紹介します。パプリカと生ハムの彩りサラダや、オクラとみょうがの塩昆布和えなど、旬の味わいを存分に楽しめるレシピをピックアップしました。ぜひチェックしてくださいね。

1.きゅうりとナスのさっぱり和え

 ※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ミョウガの風味が爽やかな、きゅうりとナスの和えものをご紹介します。みずみずしいきゅうりとナスのそれぞれの食感をたっぷりと楽しめる一品です。さっぱりとした味わいのなかに、かつお節の風味や、ごま油の香りが感じられて、とてもおいしいですよ。あと一品に困ったときにも、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • きゅうり・・・1本
  • ナス・・・1本
  • ミョウガ・・・2個
  • 塩・・・小さじ1/2
  • かつお節・・・2g
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • (A)ごま油・・・小さじ1/2
  • (A)白いりごま・・・小さじ1

作り方

1.きゅうりはヘタを切り落とし、薄い輪切りにします。
2.ナスはヘタを切り落とし、薄い半月切りにします。
3.ミョウガは薄い輪切りにします。
4.ボウルに1、2、3、塩を入れて揉み、5分程置きます。
5.水気を絞り、かつお節と(A)を入れて混ぜ合わせます。
6.器に盛り付けて完成です。

2.ニンニク香る ゴーヤのおひたし

 ※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

材料(2人前)

  • ゴーヤ・・・1/2本
  • お湯 (ゆで用)・・・500ml
  • (A)すりおろしニンニク・・・大さじ1
  • (A)ごま油・・・大さじ1
  • (A)めんつゆ (2倍濃縮)・・・小さじ1
  • (A)黒砂糖・・・小さじ1

-----トッピング-----

  • かつお節・・・2g

作り方

1.ゴーヤは縦半分に切り、ヘタとワタと種を取り除き、薄切りにします。
2.鍋のお湯が沸騰したら1を入れて10秒ほどゆで、お湯を切ります。
3.ボウルに(A)を入れてかき混ぜます。
4.2が熱いうちに加えて混ぜ合わせ、5分程置きます。器に盛り付け、かつお節をかけて完成です。

3.パプリカと生ハムの彩りサラダ

 ※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

今日の副菜に、パプリカと生ハムの彩りサラダを作ってみませんか?甘酸っぱいパプリカの風味と生ハムの旨みに、オリーブオイルの風味がマッチした、やみつき間違いなしの一品です。カラフルな彩りで見た目もおしゃれなので、おもてなしにもおすすめですよ。切って和えるだけなので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 赤パプリカ・・・1/2個
  • 黄パプリカ・・・1/2個
  • ミニトマト・・・4個
  • 生ハム・・・30g
  • (A)EVオリーブオイル・・・大さじ1
  • (A)レモン汁・・・小さじ1
  • (A)塩・・・小さじ1/3
  • イタリアンパセリ (生)・・・適量

作り方

準備.赤パプリカと黄パプリカはヘタと種を取り除いておきます。ミニトマトはヘタを取り除いておきます。
1.赤パプリカと黄パプリカは縦半分に切り、細切りにします。ミニトマトは4等分に切ります。
2.生ハムは一口大にちぎります。
3.ボウルに(A)を入れ混ぜ合わせ、1と2を入れ、全体に味がなじむように和えます。
4.器に盛り付け、イタリアンパセリを添えて出来上がりです。

4.ズッキーニとツナのピリ辛ナムル

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ズッキーニとツナのピリ辛ナムルをご紹介します。豆板醤のピリッと辛い味わいと、ツナの旨みがよく合い、クセのないズッキーニとも相性抜群です。ズッキーニをピーラーでスライスしてから切ることで、いつもとは違う食感をお楽しみいただけます。ほどよくニンニクが効いていて、ごはんのおかずにはもちろん、おうち晩酌の一品にもぴったりですよ。ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • ズッキーニ (200g)・・・1本
  • ツナ油漬け (正味量)・・・50g
  • (A)ごま油・・・大さじ1
  • (A)白いりごま・・・大さじ1
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • (A)豆板醤・・・小さじ1
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1/2

作り方

準備.ズッキーニはヘタを切り落としておきます。
1.ズッキーニはピーラーでスライスし、3等分に切ります。
2.ボウルに(A)を入れ混ぜ合わせ、1、ツナ油漬けを加えて和えます。
3.器に盛り付け完成です。

5.オクラとミョウガの塩昆布和え

 ※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

さっぱりとした味わいがたまらない、オクラとミョウガの塩昆布和えを作ってみませんか?ミョウガや大葉の風味が加わって、旬のオクラをおいしく食べられる一品です。塩昆布の旨みとめんつゆのみで味つけができるので、とてもお手軽ですよ。箸休めの一品としてもおすすめなので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • オクラ・・・5本
  • 塩 (板ずり用)・・・小さじ1/2
  • ミョウガ・・・1個
  • 大葉・・・2枚
  • 塩昆布・・・5g
  • めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ1
  • すりおろし生姜・・・小さじ1/2

作り方

準備.オクラは爪楊枝で数ヶ所に穴をあけておきます。 大葉は軸を切り落としておきます。
1.ミョウガと大葉は千切りにします。
2.オクラは塩をふり、板ずりをして、流水で洗います。ヘタの先端を切り落としてガクをむき、ラップで包み、耐熱ボウルに入れて600Wの電子レンジで40秒程加熱し、小口切りにします。
3.ボウルに1、2、残りの材料を入れて和え、お皿に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

旬の夏野菜をたっぷり味わおう!

いかがでしたか。旬の野菜を使った副菜レシピをご紹介しました。彩りも鮮やかな夏野菜は、毎日の料理にどんどん使っていきたいですよね。今回ご紹介したレシピは、どれもさっぱりとした味わいで、暑い日の副菜やおつまみにぴったりです。ぜひ作ってみてくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

人気のカテゴリ