2022.6.18

世界でいちばんビールを輸入している国は?2位イギリスの4倍もの輸入量でダントツ1位だったのは...

世界で一番多くビールを輸入している国はどこか、知っていますか?2位と大差をつけた1位は、実はあの国なんです!ランキングでご紹介しますね。ランキングを発表したあとには、ビールによく合う絶品のおつまみレシピをご紹介します。ぜひ最後まで楽しんでくださいね。

ランキングの発表!

さっそくランキングの発表です。このランキングは、FAOの調査を参考に作成しました。年間のビール輸入量を比べています。1位はどこの国か、ぜひ予想してみてくださいね。

​​第5位・・・イタリア 611,906 t

第4位・・・ドイツ 683,283 t

第3位・・・フランス 1,023,630 t

第2位・・・イギリス 1,063,576 t

気になる第1位は...。

第1位・・・アメリカ 4,268,830 t

1位はアメリカでした!アメリカの年間輸入量はなんと4,268,830 t!2位のイギリスの約4倍と、大差をつけての1位なんですね。

さて、みなさんはおうちでビールを飲むときに、グラスに注いで飲んでいますか?実はビールは、注ぎ方で味わいが変化するんですよ。

泡が立たないようにグラスに沿わせてゆっくりと注ぐ一度注ぎは炭酸を感じやすいので、キリっとした味や爽快感を楽しみたいときにおすすめ。テーブルに置いたグラスに泡を作りながら半分まで注ぎ、次にグラスを傾けながらゆっくり注ぎ足す二度注ぎは、キレとコクのバランスを楽しめます。三度注ぎは、置いたグラスにたっぷり泡を立てながら注ぎ、泡が半分程度におさまってからゆっくりビールを注ぎ足し、最後にグラスから2cmほど泡が盛り上がるようにそっと注ぐというもの。ビールのまろやかな味わいをクリーミーな泡とともに楽しめます。その日の気分に合わせて、注ぎ方を変えてビールを楽しんでみてくださいね。

[出典]Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO) - FAOSTAT - Imports, Beer of barley(2022/4)

ビールによく合うおすすめのおつまみレシピをご紹介!

さてビールの話をしていたら、そろそろ飲みたくなってきたのではないでしょうか?ここからは、ビールによく合う絶品おつまみのレシピをご紹介します。黒こしょうのスパイシーさでビールが進む手羽先の黒こしょう焼きや、濃厚な旨みを楽しめるサーモンとアボカドのポキなど、どれもビールと相性抜群ですよ!

1.おつまみエノキ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

えのきに下味をつけて唐揚げ風にカリッと焼いた、「おつまみエノキ」のレシピをご紹介します。食欲をそそる香りのニンニクとしょうゆでしっかりと味つけをしているので、ビールが進みますよ!ごま油の風味とカリッとした食感がクセになり、お箸が止まらなくなりますよ。えのきを買ったらぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • えのき・・・130g
  • (A)料理酒・・・大さじ2
  • (A)しょうゆ・・・大さじ2
  • (A)みりん・・・大さじ1
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • 片栗粉・・・大さじ2
  • ごま油・・・大さじ2

-----添え物-----

  • レモン (くし切り)・・・1切れ

作り方

1.えのきは石づきを切り落とし、10等分にします。
2.ボウルに(A)を入れ、混ぜ合わせます。
3.1を2にくぐらせ、片栗粉をまんべんなくまぶします。
4.中火で熱したフライパンにごま油をひき、3を入れて焼きます。火が通り、両面に焼き色が付いたら火から下ろします。
5.器に盛り付け、レモンを添えて完成です。

人気のカテゴリ