最終更新日 2022.3.21

【あるなしクイズ】大根にあってキャベツにないものなーんだ?気になる正解は…

2.もつ鍋風 大根のミルフィーユ鍋

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

肌寒いときに食べたい「もつ鍋風 大根のミルフィーユ鍋」をご紹介します。大根と豚バラ肉を交互に並べたミルフィーユ鍋にニラをのせ、もつ鍋風に仕上げました。ニンニクの風味をしっかりと効かせたスープがとてもおいしいですよ。具材に味がしっかりと染みているので、ごはんのおかずにもお酒のお供にもおすすめの一品です。しめにはうどんやごはんを合わせて、ぜひ最後までお楽しみくださいね。

材料(2人前)

  • 豚バラ肉 (薄切り)・・・300g
  • 大根・・・800g
  • ニラ・・・30g
  • ニンニク・・・2片
  • 水・・・300ml
  • (A)しょうゆ・・・大さじ2
  • (A)みりん・・・大さじ2
  • (A)鶏ガラスープの素・・・大さじ1.5
  • (A)鷹の爪輪切り・・・小さじ1

-----トッピング-----

  • 粗挽き黒こしょう・・・適量

作り方

準備.大根の皮はむいておきます。
1.ニンニクは輪切りにし、芯を取り除きます。
2.ニラは2cm幅に切ります。
3.大根は薄切りにします。
4.豚バラ肉は5cm幅に切ります。
5.ボウルに水、(A)を入れてよく混ぜ合わせます。
6.鍋に3、4を交互に並べ、1、5を入れて中火で加熱します。沸騰してきたら蓋をして弱火で15分ほど加熱し、豚バラ肉に火が通り、全体に味がなじんだら蓋を外して2を散らし、火から下ろします。
7.粗挽き黒こしょうをかけて完成です。

つづいてキャベツのレシピをご紹介!

3.キャベツと豚バラ肉のうま煮

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ごはんが進むやみつきレシピ、キャベツと豚バラ肉のうま煮を作ってみましょう!炒めた豚バラ肉とキャベツにみそやしょうゆ、みりんなどの調味料を加えて軽く煮込みました。豚バラ肉とキャベツの旨味に、こっくり濃いめの甘辛い味つけがよく合います。食材に味がしっかり染みて、ぱくぱく食べられますよ。ぜひ挑戦してみてくださいね。

材料(2人前)

  • 豚バラ肉 (スライス)・・・100g
  • キャベツ・・・300g
  • (A)水・・・150ml
  • (A)砂糖・・・小さじ2
  • (B)みりん・・・大さじ1.5
  • (B)料理酒・・・大さじ1.5
  • (B)しょうゆ・・・大さじ1.5
  • (B)みそ・・・小さじ1
  • サラダ油・・・大さじ1
  • 糸唐辛子・・・適量

作り方

1.キャベツを一口大に切ります。
2.豚バラ肉を3cm幅に切ります。
3.中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、1を入れて炒めます。
4.油がまわったら、2を入れて豚バラ肉に火が通るまで中火で炒めたら、(A)を入れて5分煮込みます。
5.(B)を入れて味が染み込むまで中火で7分煮込んだら火から下ろします。
6.お皿に盛り付け、糸唐辛子をのせて完成です。

4.大量消費 やみつき塩だれキャベツ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

副菜おかずに大活躍間違いなし!やみつき塩だれキャベツはいかがですか?シャキシャキのキャベツに、ニンニクを効かせた塩だれが相性抜群でやみつきのおいしさ!とても食べやすいので、箸休めやお酒のおつまみにもおすすめの一品ですよ。塩もみしたキャベツの水気をしっかりと切るのが、おいしく仕上げるポイントです。ぜひいろいろなシーンで活用してみてくださいね。

材料(2人前)

  • キャベツ・・・250g
  • 塩・・・小さじ1/2
  • (A)ごま油・・・大さじ1
  • (A)白いりごま・・・小さじ1
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1/2

作り方

1.キャベツはざく切りにします。
2.ボウルに1、塩を入れ、手でよく揉みこみ、ラップをかけて10分程おき、水気を絞ります。
3.別のボウルに(A)を入れ、よく混ぜ合わせます。
4.2を入れ、全体に味がなじむまでよく混ぜ合わせ、器に盛り付けて完成です。

大量消費できるレシピを活用しよう!

いかがでしたか?今回はあるなしクイズと、クイズの中から大根とキャベツを使った大量消費レシピをご紹介しました。大根やキャベツのようにまるごとひとつ使い切ることが難しい食材は、うま煮や鍋のように煮込んだり、すりおろして料理に入れたりすることで、無駄にすることなく使い切ることができますよ。ぜひ大根やキャベツがたくさんあるときなどに、参考にしてみてくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

2 / 2ページ

人気のカテゴリ