2020.7.14

幅広い料理で活用可能!【蕾菜】を使ったアレンジレシピ5選

蕾菜とは

蕾菜とは、アブラナ科の野菜で中国から日本へ渡ってきたからし菜の変種であり、主に福岡県で栽培されている野菜です。葉ではなく下部から出るわき芽の部分が蕾菜として販売されています。食感がとてもよく、味はからし菜に似たピリッとする辛味が特徴です。今回はそんな蕾菜を使ったアレンジレシピを5つ集めました。和え物や炒め物、肉巻きなど、ご家庭で作っていただけるものばかりですので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

電子レンジで簡単!しらすと蕾菜の和え物

最初にご紹介するのは、蕾菜としらすの和え物です。作り方はとても簡単で、さっと電子レンジを使って加熱した蕾菜にしらすと材料を入れて和えるだけ!さっと作れるので、もう一品欲しい日に重宝するレシピです。それと同時に、しらすの旨味と蕾菜の辛味はお酒と相性がよく、おつまみとしてもおすすめです。ぜひご家庭でお試しくださいね!

蕾菜は、そのままの大きさだと火が通りにくく和え物として食べにくいので、半分に切りましょう。切ったらラップをして電子レンジで加熱します。レシピ内では600Wで2分加熱していますが、蕾菜は火の通りが早い野菜ですので、大きさに応じて加熱時間を調節してくださいね!

食感よし!食べ応えよし!蕾菜とベーコンの炒め物

次にご紹介するのは、蕾菜とベーコンを使った炒め物です。厚切りにしたベーコンと食感のよい蕾菜のコンビネーションは、食べ応えがありますよ。そこに舞茸の香りと旨味がプラスされるのでごはんがよく進みます。また、冷めてもおいしいのでお弁当のおかずとしてもぴったりです。しっかりと冷ましてからお弁当箱につめてくださいね!

舞茸の上手なほぐし方をご紹介します。はじめに小さな石づきを切り落として、茎の部分に細かく縦に切り込みを入れていきます。あとは、舞茸の繊維に沿ってほぐしていくだけです。包丁で切り分けるよりも、繊維にそって手でほぐした方が、食感と旨味が失われないのでおすすめですよ!

人気のカテゴリ