2021.9.12

「ささっと作れる副菜が知りたい!」わかめを使った“和え物”レシピ5選

お味噌汁や酢の物など、日本の食卓には馴染み深い「わかめ」。わかめ特有の風味とこりこりの食感がとてもおいしい食材ですが、使い方がいつも同じという方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな方にもおすすめの、わかめを使った和え物のレシピをご紹介します。もう一品副菜がほしい!というときにささっと作れるレシピをピックアップしました。わかめとタコの酢コチュジャン和えやキャベツとわかめの胡麻マヨサラダなど、おいしくて簡単に作れるレシピを幅広くご紹介するので、レパートリーを増やすのにご活用くださいね。

1.わかめとタコの酢コチュジャン和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ピリッと辛い副菜が欲しいときに、わかめとタコの酢コチュジャン和えはいかがですか?生わかめやタコ、きゅうり、それぞれの食感が楽しい一品です。お酢を加えることでさっぱりと召し上がっていただけます。コチュジャンの風味とごま油の香ばしい香りが、お酒にもよく合うので、おつまみにもおすすめですよ。ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • わかめ (生)・・・80g
  • タコ (茹で)・・・100g
  • きゅうり・・・1/2本
  • 塩・・・ひとつまみ

-----調味料-----

  • コチュジャン・・・大さじ2
  • 酢・・・大さじ2
  • 砂糖・・・大さじ1
  • ごま油・・・大さじ1
  • しょうゆ・・・小さじ1
  • 白いりごま・・・小さじ1
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1/2

作り方

準備.わかめは加熱の必要があるものは沸騰したお湯で1分程、鮮やかな緑色になるまでさっと茹でておきます。
1.きゅうりは薄い輪切りにし、塩を入れ揉み、5分程おきます。
2.わかめは一口大に切ります。
3.タコは薄切りにします。
4.ボウルに調味料を入れ混ぜ合わせます。
5.2、3、水気を切った1を入れ、よく和えます。お皿に盛り付けて完成です。

2.ちくわとわかめの簡単酢の物

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

副菜の定番にしたい、ちくわとわかめの簡単酢の物をご紹介します。シンプルな味つけだからこそ、素材の旨みを味わえますよ。電子レンジでまろやかな味わいに仕上げる二倍酢の作り方を覚えておくと、具材を変えてアレンジもお楽しみいただけます。箸休めにもぴったりの一品なので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • ちくわ (計50g)・・・2本
  • 乾燥わかめ・・・2g
  • 水 (戻す用)・・・適量
  • (A)酢・・・大さじ1
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1

作り方

1.ちくわは5mm幅の輪切りにします。
2.ボウルに乾燥わかめ、水を入れパッケージの表記通りに戻し、水気を切ります。
3.大きめの耐熱ボウルに(A)を入れて混ぜ合わせ、ラップをし600Wの電子レンジで20秒ほど加熱したら粗熱を取ります。
4.1、2、3を入れて混ぜ合わせ、器に盛り付けてできあがりです。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

3.わかめとツナの簡単ポン酢和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

さっぱりと召し上がっていただける、わかめとツナの簡単ポン酢和えはいかがでしょうか。こってりしたメニューの副菜に、相性抜群ですよ。ツナの旨みがたっぷりの、お箸が止まらない一品です。乾燥わかめとツナを常備しておくと、お手軽に副菜を作りたい時の強い味方になってくれます。味つけもポン酢のみなので、ささっと作れますよ。ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • ツナ油漬け (正味量)・・・50g
  • 乾燥わかめ・・・4g
  • 水 (戻す用)・・・適量
  • ポン酢・・・小さじ2

作り方

1.ボウルに乾燥わかめ、水を入れパッケージの表記通りに戻し、水気を切ります。
2.別のボウルに1、ツナ油漬け、ポン酢を加え混ぜ合わせます。
3.全体に味がなじんだら器に盛り付けてできあがりです。

人気のカテゴリ