2021.12.18

週末のランチはコレでOK!10分で作れる“絶品うどん”レシピ5選

一人のときや時間がないとき、ランチはサッと済ませたい!と思うことはありませんか?そんなときは、うどんをストックしておくと便利!

今回は、10分あれば作れる絶品うどんレシピをご紹介します。かつお節を使った釜玉風や、めんつゆで味つけしたカルボナーラうどんなどをピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.レンジで10分 ウマ辛台湾まぜうどん

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

火を使わずに作れる、ウマ辛台湾まぜうどんのご紹介です。豚ひき肉で作るのが一般的な台湾ミンチを、ツナ缶で代用しました。ツナの旨味はニラの香りと相性抜群!ニンニクとごま油の香りが効いて、あとを引くおいしさですよ。ピリッと辛い豆板醤がアクセントになります。まろやかな卵黄を絡めて召し上がってくださいね。

材料(1人前)

  • うどん (冷凍)・・・1玉
  • ツナ油漬け (1缶・油ごと)・・・70g
  • ニラ・・・20g
  • (A)めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ2
  • (A)ごま油・・・小さじ2
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1
  • (A)豆板醤・・・小さじ1/2

-----トッピング-----

  • 卵黄 (Mサイズ)・・・1個分
  • 糸唐辛子・・・適量

作り方

準備.ニラは根元を切り落としておきます。
1.ニラは5mm幅に切り、耐熱ボウルに入れます。
2.ツナ油漬け、(A)を加えて混ぜ、ラップをして600Wの電子レンジで1分加熱します。
3.うどんはパッケージの表記通りに電子レンジで加熱し、解凍します。
4.器に盛り付け、2、トッピングの材料をのせたら完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

2.10分でお手軽 カニカマでシーフード風うどん

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

食べたいときにサッと作れる、カニカマを使ったシーフード風うどんはいかがでしょうか。牛乳ベースでやさしい味わいのスープに、カニカマの旨味が相性抜群ですよ。コーンの甘みが加わり、お子様も食べやすい一品です。ごま油の香りが食欲をそそり、箸が止まらなくなるおいしさですよ。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(1人前)

  • うどん (冷凍)・・・1玉
  • カニカマ・・・50g
  • コーンの水煮 (正味量)・・・30g
  • 牛乳・・・250ml
  • 水・・・100ml
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1
  • (A)砂糖・・・小さじ1/2
  • (A)塩こしょう・・・ふたつまみ

-----トッピング-----

  • ごま油・・・小さじ1
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.カニカマは1cm幅に切ります。
2.鍋に牛乳、水、(A)を入れて中火で加熱し、沸いてきたらコーンの水煮、1、うどんを入れてパッケージの表記通りにゆで、火から下ろします。
3.器に盛り付けてごま油をかけ、小ねぎを散らしてできあがりです。

3.簡単 かつお節でうまみたっぷり釜玉うどん風

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

人気のうどんメニュー、釜玉うどんを簡単にアレンジしました。このレシピのポイントは、めんつゆや出汁を使わないこと!風味豊かなかつお節の旨味でおいしくいただけますよ。味つけはしょうゆと砂糖のみで甘辛く仕上げているので、卵とのバランスが絶妙です。一口食べれば、かつお節の香りが口いっぱいに広がりますよ。ぜひお試しくださいね。

材料(1人前)

  • うどん (冷凍)・・・1玉
  • 卵・・・1個
  • かつお節・・・2g
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)砂糖・・・小さじ1
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.大きめの耐熱ボウルに(A)を入れて混ぜ、ふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで30秒程加熱します。
2.別の耐熱ボウルにうどんを入れて、パッケージの表記通りに電子レンジで加熱し、解凍します。
3.ボウルに2と1を入れて混ぜ合わせます。
4.丼に3を入れ、卵、かつお節、小ねぎをのせて完成です。よく混ぜてお召し上がりください。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

人気のカテゴリ