最終更新日 2022.2.8

「キャベツの消費にも助かる!」やみつきになる“あともう1品の副菜”レシピ5選

炒め物やサラダにしたりとさまざまなシーンで活躍する「キャベツ」。今回はそのキャベツで作る、やみつき味の副菜レシピをご紹介します。塩昆布の旨味がたまらないゆで卵とキャベツの塩昆布マヨサラダや、キャベツとツナのペペロンチーノ炒めなどバリエーション豊かにキャベツのおいしさが楽しめます。キャベツの消費にも便利ですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

1.材料4つで ゆで卵とキャベツの塩昆布マヨサラダ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

コクと旨味が絶妙なバランスの、ゆで卵とキャベツの塩昆布マヨサラダのご紹介です。ゆで卵と千切りキャベツにマヨネーズと塩昆布を和えるだけのお手軽サラダ。使う材料は4つだけですが、塩昆布の塩気と旨味に、マヨネーズの酸味とコクがよく合い箸が止まらなくなるおいしさです!とっても簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • ゆで卵・・・2個
  • キャベツ (千切り)・・・150g
  • 塩昆布 (10g)・・・大さじ2
  • マヨネーズ・・・大さじ2

作り方
1.ゆで卵は4等分に切ります。
2.ボウルにキャベツ、塩昆布を入れて混ぜ合わせ、5分ほどおきます。キャベツがしんなりしたら1、マヨネーズを加えて混ぜ合わせます。
3.器に盛り付け完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

2.やみつき!わかめとキャベツのナムル風

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

キャベツのシャキッとした食感が楽しめる、わかめとキャベツのナムル風はいかがでしょうか。シンプルな味つけですが、豊かなごま油の風味が広がりお箸がどんどん進む一品です。キャベツと乾燥わかめは電子レンジで加熱するので、火も使わずにとても簡単にお作りいただけますよ。副菜にはもちろん、お酒のおつまみにもぴったりですので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • キャベツ・・・100g
  • 乾燥わかめ・・・大さじ1
  • (A)ごま油・・・大さじ1
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ2
  • (A)白いりごま・・・小さじ1
  • (A)鷹の爪輪切り・・・少々

作り方
準備.乾燥わかめはパッケージの表記通りに水で戻し、水気を切っておきます。
1.キャベツはざく切りします。
2.耐熱ボウルに1、乾燥わかめを入れてラップかけ、600Wの電子レンジで3分加熱します。
3.キッチンペーパーで水気を拭き取り、(A)を加えてよく和えます。
4.お皿に盛り付けて出来上がりです。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

3.鯖缶で簡単 キャベツとサバのピリ辛和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

豆板醤でピリッと辛みを効かせた、キャベツとサバのピリ辛和えのご紹介です。サバの水煮缶に電子レンジで加熱したキャベツを合わせ、たれで和えたら10分程味を馴染ませます。すりおろしニンニクの香りと豆板醤のコクと辛みが、あっさりとしたサバの水煮缶に染みてとってもおいしいですよ。すりおろしニンニクの代わりにすりおろし生姜を加えてもおいしくお作りいただけます。

材料(2人前)

  • キャベツ・・・200g
  • 塩こしょう・・・少々
  • サバの水煮缶 (190g)・・・1缶
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1/2
  • (A)豆板醤・・・小さじ1
  • (A)料理酒・・・小さじ1
  • (A)米酢・・・小さじ1
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量
  • ラー油 (お好みで)・・・小さじ1

作り方
準備.サバの水煮缶は水気を切り、身をほぐしておきます。料理酒は、加熱を行いアルコールを飛ばし粗熱をとっておきます。
1.ボウルに(A)を入れ混ぜ合わせます。
2.キャベツは千切りにします。
3.耐熱ボウルに2を入れ塩こしょうをして、ラップをし600Wの電子レンジで3分加熱します。加熱後、水気を軽く絞ります。
4.3にほぐしておいたサバの水煮缶と1を入れて和え、食材にぴったりつくようにラップをして10分程置き味を馴染ませます。
5.お皿に盛り付けラー油をかけ、小ねぎを散らして完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ