2019.3.26

いつもの中華が本格的に!八角を使った料理レシピ5選

本格中華のあの香り、八角とは?

八角は中国原産の「トウシキミ」という植物の種子を乾燥させたもので、8個の袋果が星のような形をしていることから、「スターアニス」とも呼ばれています。
甘く複雑な香りが特徴的で、中華やエスニックで肉料理の臭み消しとして使われることが多く、代表的な料理は豚の角煮や北京ダック、魯肉飯などです。
また、シナモンなど甘い香りのスパイスと組み合わせて使うとエキゾチックな風味になり、なんとジンジャーエールの風味付けにも最適なんです!

入れすぎにはご注意を!

八角はとても風味が強いので、入れすぎには注意しましょう。
最初から丸ごと使うのではなく、袋果を1片ずつ入れてほんのり香りを効かせる程度がおすすめですよ。

八角風味で本格的に!トロトロ中華角煮

じっくり煮込んだトロトロの角煮に甘くスパイシーな香り、八角を使った代表的な料理です。
隠し味にキャラメル状にした黒糖を使ったコクのある味わいはまさに本格中華で、まるでお店で食べるような味わいに感動すること間違いなし!
一緒に煮込んだネギも、豚肉の旨味を吸って格別の美味しさです。 時間と手間のかかる料理ですが、一度は作ってほしいおすすめのレシピです。

人気のカテゴリ