炊飯器でほったらかし筑前煮 レシピ・作り方

「炊飯器でほったらかし筑前煮」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

筑前煮(煮しめ)は、多くの食材を炒めてから煮るので、手間がかかるイメージですが、炊飯器を使えば簡単に作れます。 火加減の調節や、焦げる心配や、煮崩れする心配もなく、柔らかくほっくりと仕上げることができます。ぜひお試しください。
調理時間:60分
費用目安:1000円前後
Favorite buttonRemove favorite button

スマホで見る

材料(4人前)

  • 鶏もも肉300g
  • 金時人参 (普通の人参でも可)1/2本
  • レンコン100g
  • こんにゃく100g
  • しいたけ6個
  • タケノコの水煮1/2個
  • 調味料
  • 顆粒和風だし大さじ1
  • 砂糖大さじ1
  • しょうゆ大さじ1
  • 料理酒大さじ1
  • みりん大さじ2
  • ごま油大さじ1
  • 200ml
  • 飾り
  • 絹さや6枚

作り方

  1. 準備.
    レンコンは皮を剥いておきます。シイタケは軸を取っておきます。こんにゃくはアク抜きが必要な場合はアク抜きしておきます。絹さやはサッとゆでて、筋を取っておきます。
  2. 1.
    金時人参は1cm幅に切り、花型で型抜きします。花びらの間から中心に向けて切り込みを入れ、斜めに薄く削ぎ落とし、梅の花の飾り切りにします。
  3. 2.
    レンコンは1〜2cm幅に切り、穴と穴の間に切り込みを入れ、左右から切り込みに向かって削ぎ落とし、花の飾り切りにします。
  4. 3.
    シイタケは中央に切り込みを3本交差するように入れます。
  5. 4.
    こんにゃくは1cm幅に切り、中央に切り込みを入れ、片端を穴にくぐらせて、手綱こんにゃくの形にします。
  6. 5.
    タケノコと鶏もも肉は一口大に切ります。
  7. 6.
    炊飯器に1〜5と調味料を入れ、よくかき混ぜ、炊飯スイッチを押します。
  8. 7.
    炊き上がったら皿に盛り付け、絹さやを飾ったら完成です。

料理のコツ・ポイント

飾り切りは、型抜きを使うと簡単にできますよ。
金時人参は色が濃く、彩りが良くなります。ない場合は普通の人参で代用してください。
レンコンは酢水にさらすと変色せず、より彩りよく仕上がります。
炊飯器は3合炊きを使用しております。
ガス炊飯器、圧力炊飯器など、ご使用の炊飯器によってはお作りいただけない事もございますので、説明書をご確認ください。

人気のカテゴリ

Video preload background白菜たっぷり 餃子でロール白菜
秋・冬の代表的な野菜である白菜。お鍋や漬物のような定番のレシピに加え、餃子や炒めものなど様々なアレンジレ...
Video preload background大根とリンゴのさっぱりマリネ
煮物や鍋、お味噌汁で大活躍の大根のレシピをご紹介します。今まで同じレパートリーしかなかった方や、いつも使...
Video preload backgroundさつまいもと厚揚げのごま味噌煮
甘くてホクホク、みんなが大好きなさつまいも。そのままでも十分美味しいけれど、一手間加えるだけで、サラダに...
Video preload backgroundキャベツとカニカマたくあんのコールスロー
一年中楽しめるキャベツを使ったレシピをご紹介します。 何と合わせても美味しいキャベツなので、いろんな組...
Video preload background豚バラ肉と大葉のレンジ蒸し
油が乗っていてジューシーな美味しい豚バラ肉のレシピをご紹介します。 幅広い料理に使える豚バラ肉は、回鍋...
Video preload background鶏肉とパイナップルのグリルサラダ
油が少なくヘルシーで健康的な鶏もも肉のレシピをご紹介します。 照り焼きチキンや唐揚げ、煮物など、洋風和...
Close
QRコードリーダーで読み取ってください