カレー研究家 水野仁輔監修 時短キーマカレー レシピ・作り方

「カレー研究家 水野仁輔監修 時短キーマカレー」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

カレー研究家、水野仁輔さん監修のパパッとできる時短キーマカレーのご紹介です。 カレーにまつわるスペシャリストとして数多の著書を出版し、多くのメディアでも活躍されている水野さん。 今回は市販のカレールーを使ってお家で作るカレーをもっと気軽に、かついつもとは一味違った美味しさに仕上がる調理方法を伝授していただきました。 煮込まず炒めて作ることでお肉や野菜の素材の味がしっかりと感じられ、とても濃厚なカレーに仕上がります。 是非作ってみてくださいね。
調理時間:20分
費用目安:600円前後
Favorite buttonRemove favorite button

スマホで見る

材料(2人前)

  • 牛豚合びき肉200g
  • トマト1個
  • グリンピース55g
  • パクチー15g
  • ニンニク1片
  • 生姜1片
  • カレールー2片
  • お湯225ml
  • ①しょうゆ小さじ2
  • ①砂糖小さじ1
  • サラダ油大さじ2

作り方

  1. 準備.
    グリンピースは汁気を切っておきます。 トマトはヘタをとっておきます。
  2. 1.
    カレールーを入れたボウルにお湯を入れ、溶け始めたら泡立て器でよく溶きます。
  3. 2.
    トマトは1cm角に切ります。
  4. 3.
    パクチーは1cm幅のざく切りにします。
  5. 4.
    ニンニク、生姜はみじん切りにします。
  6. 5.
    フライパンを強火にかけ、サラダ油を入れたら、4を加えます。
  7. 6.
    ニンニクがきつね色になる程度まで炒めたら、牛豚合びき肉を炒めます。
  8. 7.
    牛豚合びき肉に火が通ってきたら、①、2、グリンピースを加えます。全体が馴染むまで炒めたら、1を注ぎます。煮立ったら中火にし、3分ほど煮込みます。
  9. 8.
    3を加えて混ぜ合わせ、お皿に盛ったごはんにかけて完成です。

料理のコツ・ポイント

生姜の皮をむかずにそのまま使用することで風味が良くなり、より一層美味しくお召し上がり頂けます。気になる方は皮をむいてからご使用くださいね。
ルーを溶かすお湯の量は、使用するカレールーのパッケージに書いてある分量で溶かしていただくと濃すぎたり薄味にならないので計算してお作りいただくことをオススメします。
市販のルーの辛さはお好みで。いろいろな辛さで試してみてください。

人気のカテゴリ

Video preload background白菜とカニカマのレモンマヨ和え
秋・冬の代表的な野菜である白菜。お鍋や漬物のような定番のレシピに加え、餃子や炒めものなど様々なアレンジレ...
Video preload background大根と牛肉のとろみ煮
煮物や鍋、お味噌汁で大活躍の大根のレシピをご紹介します。今まで同じレパートリーしかなかった方や、いつも使...
Video preload backgroundさつまいもと厚揚げのごま味噌煮
甘くてホクホク、みんなが大好きなさつまいも。そのままでも十分美味しいけれど、一手間加えるだけで、サラダに...
Video preload backgroundレンジで簡単 回鍋肉風
一年中楽しめるキャベツを使ったレシピをご紹介します。 何と合わせても美味しいキャベツなので、いろんな組...
Video preload backgroundレンジで簡単 回鍋肉風
油が乗っていてジューシーな美味しい豚バラ肉のレシピをご紹介します。 幅広い料理に使える豚バラ肉は、回鍋...
Video preload background水玉オムライス
油が少なくヘルシーで健康的な鶏もも肉のレシピをご紹介します。 照り焼きチキンや唐揚げ、煮物など、洋風和...
Close
QRコードリーダーで読み取ってください