さっぱりすだちのレアチーズケーキ レシピ・作り方

「さっぱりすだちのレアチーズケーキ」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

さっぱりすだちのレアチーズケーキのご紹介です。いつもレモン汁を使うところを、すだちを使ってチーズケーキにしました。すだちの酸っぱさがクリームチーズのまろやかさと相性が良く、暑い日のデザートにぴったりです。
調理時間:30分 (冷やし固める時間を除く)
費用目安:500円前後
Favorite buttonRemove favorite button

スマホで見る

材料(1台分(18cm四方の型))

  • チーズフィリング
  • ゼラチン (粉)15g
  • 60ml
  • クリームチーズ300g
  • プレーンヨーグルト150g
  • 生クリーム300ml
  • グラニュー糖100g
  • すだち4個
  • ボトム
  • クッキー18枚
  • 溶かしバター50g
  • すだち (飾り用)1個

作り方

  1. 準備.
    型にクッキングシートを敷きます。 クリームチーズを常温に戻しておきます。
  2. 1.
    ビニール袋にクッキーを入れて叩いて細かくし、溶かしバターを加えてよく揉みます。
  3. 2.
    型に1を入れてスプーンの背で抑え、冷蔵庫で30分ほど冷やします。
  4. 3.
    水にゼラチンを振り入れてふやかします。
  5. 4.
    すだちを1個輪切りにし、3個を半分に切って絞ります。
  6. 5.
    鍋に生クリームを入れて中火で沸騰させないように加熱して、3を入れて溶けたら火から下ろして粗熱をとります。
  7. 6.
    ボウルにクリームチーズを入れて柔らかくなるまで擦り混ぜ、グラニュー糖を加えてさらに混ぜます。5と4の果汁を入れてよく混ぜます。
  8. 7.
    2に6を流し入れて4の輪切りのすだちを乗せ、冷蔵庫で2時間以上冷やし固めます。
  9. 8.
    冷蔵庫から取り出して切り分け、お皿に盛り付けて完成です。

料理のコツ・ポイント

ゼラチンに使用するお湯の温度はご使用のメーカーによって異なりますのでご確認いただき、使用方法に従ってください。
ゼラチンは沸騰させてしまうと凝固率が下がり固まりにくくなってしまいますので、沸騰させない様注意してください。
また、たんぱく質分解酵素を含む生のパイナップル、キウイ、パパイヤ等のフルーツを入れると固まらない事がありますので、ご注意ください。
チーズは加熱を行わなくても食べられるものを使用しています。ご使用のチーズによっては加熱をしないと食べられないものもございますのでご注意ください。

人気のカテゴリ

Video preload background白菜とカニカマのレモンマヨ和え
秋・冬の代表的な野菜である白菜。お鍋や漬物のような定番のレシピに加え、餃子や炒めものなど様々なアレンジレ...
Video preload background角切り大根の無限ナムル
煮物や鍋、お味噌汁で大活躍の大根のレシピをご紹介します。今まで同じレパートリーしかなかった方や、いつも使...
Video preload backgroundさつまいもと厚揚げのごま味噌煮
甘くてホクホク、みんなが大好きなさつまいも。そのままでも十分美味しいけれど、一手間加えるだけで、サラダに...
Video preload backgroundキャベツとカニカマたくあんのコールスロー
一年中楽しめるキャベツを使ったレシピをご紹介します。 何と合わせても美味しいキャベツなので、いろんな組...
Video preload backgroundキムチチーズ厚揚げ焼き
油が乗っていてジューシーな美味しい豚バラ肉のレシピをご紹介します。 幅広い料理に使える豚バラ肉は、回鍋...
Video preload backgroundシンプルに 鶏もも肉の南蛮漬け
油が少なくヘルシーで健康的な鶏もも肉のレシピをご紹介します。 照り焼きチキンや唐揚げ、煮物など、洋風和...
Close
QRコードリーダーで読み取ってください