2022.2.5

「明日からまた頑張るために!」アレンジダレでおいしい“豆腐のおつまみ”レシピ5選

やわらかく、つるんとした食感がおいしい「豆腐」。しかし、味つけのレパートリーが少なく、困っている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、おつまみにも最適な豆腐のアレンジダレレシピをご紹介します。激辛やっこやナンプラーやっこなど、やみつき必至の変わり種をピックアップ!ぜひチェックしてみてくださいね。

1.ネギニラだれのおつまみ冷奴

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

お酒が進む!ネギニラだれのおつまみ冷奴をご紹介します。長ねぎとニラを切って調味料と和えるだけのネギニラだれは、鶏ガラスープの素としょうゆで手軽に仕上げました。シャキシャキとした食感の中にごま油の香ばしさが香り、つるんとした絹ごし豆腐によく合います。スパイシーな黒こしょうがいいアクセントになりますよ。

材料(2人前)

  • 絹ごし豆腐・・・150g
  • 長ねぎの青い部分・・・50g
  • ニラ・・・10g
  • (A)ごま油・・・大さじ1
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1/2
  • (A)黒こしょう・・・ふたつまみ
  • 白いりごま・・・適量

作り方

1.長ねぎの青い部分は粗みじん切りにします。ニラは根元を切り落とし、1cm幅に切ります。
2.ボウルに(A)を入れてよく混ぜ合わせます。
3.1を加えて、さらに混ぜ合わせます。
4.器に絹ごし豆腐を盛り付けて、3をかけ、白いりごまを散らして完成です。

2.ピリ辛 明太マヨやっこ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

明太子とマヨネーズという定番の組み合わせは、実は豆腐にも合うんです!ピリリとした明太子にマヨネーズのコクが合わさり、淡白な豆腐のおいしさを引き立ててくれますよ。さらに、しょうゆを加えることで風味をプラス。トッピングしたのりと大葉のさわやかさもマッチして、クセになる味わいに仕上がります。とても簡単ですので、あと一品欲しいというときにもぴったりですよ。

材料(2人前)

  • 絹ごし豆腐 (1丁150g・2個)・・・300g
  • 明太子・・・50g
  • (A)マヨネーズ・・・大さじ2
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1

-----トッピング-----

  • のり (刻み)・・・適量
  • 大葉・・・1枚

作り方

準備.明太子は薄皮を取り除き、ほぐしておきます。
1.大葉は軸を切り落とし、千切りにします。
2.ボウルに明太子、(A)を入れて混ぜ合わせます。
3.器に絹ごし豆腐を盛り、2をかけ、トッピングを添えて完成です。

3.しっかりボリューム 豚しゃぶのせやっこ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

満足感のある一品がほしいときにもぴったりの「しっかりボリューム 豚しゃぶのせやっこ」をご紹介します。副菜になりがちな冷奴も、豚しゃぶをのせることで食べごたえ満点のおかずに大変身!豚バラ肉の旨味とポン酢の酸味が効いた、いくらでも食べられるおいしさです。ミョウガやかいわれ大根の風味も加わり、さっぱりといただけますよ。木綿豆腐の代わりに絹ごし豆腐を使うのもおすすめです。

材料(2人前)

  • 木綿豆腐・・・200g
  • 豚バラ肉 (しゃぶしゃぶ用)・・・100g
  • お湯 (ゆで用)・・・適量
  • ミョウガ・・・1個
  • (A)ポン酢・・・大さじ2
  • (A)ごま油・・・小さじ2
  • かいわれ大根・・・10g
  • 白いりごま・・・適量

作り方

準備.かいわれ大根は根元を切り落としておきます。
1.ミョウガはみじん切りにします。
2.木綿豆腐は一口大に切ります。
3.鍋にお湯を沸かし豚バラ肉を入れ、火が通るまで1分程度ゆでお湯を切り、粗熱を取ります。
4.ボウルに3、1、(A)、を入れ味がなじむように混ぜ合わせます。
5.器に2、4、かいわれ大根をのせ白いりごまを散らしたら出来上がりです。

人気のカテゴリ