2019.7.30

関東地方の伝統春野菜「のらぼう菜」を使ったおすすめレシピ5選!

のらぼう菜とは

アブラナ科に属する「のらぼう菜」は、春に旬をむかえる菜の花に似た野菜です。江戸時代から食べられていた野菜であり、現在では主に東京都の多摩地方や埼玉県の飯能市で栽培されています。苦みやクセがほとんどなく、食感のよさとさまざまな料理に活用できる便利さも人気の理由です。今回は、のらぼう菜を使った初心者でも簡単に作れる美味しい5つのレシピをご紹介します!

のらぼう菜の美味しさをシンプルに楽しめる胡麻和えレシピ

最初にご紹介するのは、のらぼう菜の美味しさをシンプルに楽しむことができる胡麻和えです。材料も作り方もとてもシンプルですよ。のらぼう菜は、食感を残すためにさっとゆでることがポイント。のらぼう菜のシャキシャキした食感と和え衣の甘辛い味わいが相性抜群です。箸休めにもぴったりなので、ぜひ作ってみてくださいね!

一工夫で美味しさ倍増!?のらぼう菜のオイスターソース和え

次にご紹介するレシピも、シンプルなのらぼう菜の和え物です。こちらのレシピでは、のらぼう菜をただお湯でゆでるのではなく、鶏ガラスープの素とサラダ油を加えたお湯でゆでています。この一手間を加えることで、シンプルな料理なのに深みのある味わいに仕上がります。とても簡単で、さっと作ることができるので、初めてのらぼう菜を調理する方にもおすすめですよ!

一度食べたら虜になる!のらぼう菜のバター炒め

こちらのレシピは、のらぼう菜と旨味たっぷりのベーコンをバターの風味を効かせて炒めた一品。塩と黒こしょうのみで味付けしたシンプルな炒め物ですが、バターをたっぷり使用しているので、コクのある仕上がりです。材料や作り方もシンプルなので、とてもお手軽なレシピです。冷めても美味しいので、お弁当のおかずとしてもおすすめですよ。

ミニトマトと相性抜群!のらぼう菜とツナのパスタ

のらぼう菜を使ったオイルベースのパスタをご紹介します。のらぼう菜の甘みとミニトマトの酸味が相性よく、さらにツナ缶の旨味が加わることで、食べ応えのあるパスタに仕上がります。塩こしょうのみのシンプルな味付けなので、具材の美味しさが際立ちますよ。見た目にも鮮やかで、のらぼう菜の緑色とミニトマトの赤色が食欲をそそる一品です。

ランチにもディナーにもおすすめ!のらぼう菜とトマトのパスタ

最後にご紹介するのは、のらぼう菜を使ったトマトベースのパスタです。こちらのレシピは、癖のないのらぼうな菜の味わいを活かして、ニンニクとアンチョビを加えた風味豊かなトマトソースと合わせました。コシのある食感が特徴の平打ちパスタ「タリアッテレ」を使用することで、ソースがよく絡み、濃厚な味わいが楽しめますよ。ランチにもぴったりの一品です。お好みの種類のパスタでお試しくださいね。

のらぼう菜の鮮やかな緑色で食卓を華やかに

いかがでしたか?のらぼう菜は癖がなくシャキシャキとした歯応えが特徴で、どんな食材とも相性がよく、お子さまでも食べやすい野菜です。また、その鮮やかな緑色が食卓をパッと華やかにしてくれますよ。今回ご紹介したレシピを参考にして、のらぼう菜をぜひ味わってみてくださいね。

人気のカテゴリ