最終更新日 2023.3.30

余ったそうめんが使える!その手があったか“アレンジそうめん”レシピ5選

余ったそうめんが使える!その手があったか“アレンジそうめん”レシピ5選

暑い夏に食べたくなる「そうめん」。しかし、そうめんをゆでたはいいものの、食べきれずに少し余ってしまった、という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、余ったそうめんの消費に役立つ絶品アレンジレシピをご紹介します。ザクザクとした食感が楽しいそうめん衣のエビカツをはじめ、そうめんを生地に見立てたマルゲリータピザ、皮の代わりにそうめんを使ったキムチ焼き餃子など、意外なレシピをピックアップ!ぜひチェックしてみてくださいね。

1.ザクザク そうめん衣のエビカツ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

衣にそうめんを使ったエビカツのレシピをご紹介します。プリプリ食感のエビにほっくりとした枝豆、ザクッと歯ごたえのあるそうめんなど、一口でさまざまな食感を楽しめる一品です。お子様はもちろん、お酒のおつまみにもぴったりなので大人も大満足すること間違いなしですよ!お好みでケチャップをつけてもおいしくお召し上がりいただけます。ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • エビ (むきエビ)・・・200g
  • はんぺん (110g)・・・1枚
  • 枝豆 (鞘なし・正味量)・・・40g
  • (A)片栗粉・・・大さじ2
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)すりおろし生姜・・・小さじ2
  • (A)塩こしょう・・・小さじ1/3

-----衣-----

  • 水溶き薄力粉・・・大さじ4
  • そうめん・・・80g
  • 大葉・・・2枚

作り方

準備.エビは背ワタを取り除いておきます。
1.エビは包丁で叩き、粗く刻みます。
2.ボウルに1、はんぺんを入れ、はんぺんが滑らかになるまでつぶし、枝豆、(A)を入れて混ぜ合わせ、4等分にし、丸く成形します。
3.そうめんを2cm幅に折ります。
4.2に水溶き薄力粉をつけ、3をまぶし、衣をつけます。
5.フライパンの底から3cm程揚げ油を注ぎ180℃に熱し、4を入れ8分程揚げ、こんがりと揚げ色がつき、中まで火が通ったら油切りをします。
6.大葉を敷いた器に盛り付けて完成です。

2.チーズイン 肉巻きそうめん

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

大人もお子様も大好きな肉巻きおにぎりをそうめんでアレンジ!肉巻きそうめんのご紹介です。もちもち食感のそうめんと焼肉のタレで味つけしたジューシーな豚肉が相性抜群!チーズのまろやかなコクと大葉のさわやかな風味がよいアクセントになり、深みのある味わいに仕上がっています。余りもののそうめんで作ったとは思えない、ボリューム満点の一品です。

材料(2人前)

  • そうめん・・・100g
  • お湯 (ゆで用)・・・1000ml
  • 豚バラ肉 (薄切り)・・・250g
  • 大葉・・・4枚
  • ベビーチーズ・・・50g
  • 塩こしょう・・・小さじ1/2
  • 片栗粉・・・大さじ1
  • 焼肉のタレ・・・70ml
  • サラダ油・・・小さじ2

-----添え物-----

  • 大葉・・・2枚

作り方

準備.大葉は軸を切り落としておきます。
1.ベビーチーズは縦半分に切ります。
2.鍋にお湯を沸騰させ、そうめんをパッケージの表記通りにゆでます。流水で洗い、しっかりと水気を切ります。
3.豚バラ肉に大葉、2、1の順にのせて手前からきつく巻きます。
4.塩こしょうをふり、全体に片栗粉をまぶします。
5.中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、4の巻き終わりを下にして焼きます。
6.全体に焼き色がついたら焼肉のタレを入れ、中火でコロコロと転がしながら味をなじませます。豚バラ肉に火が通り、照りが出てきたら火から下ろします。
7.粗熱を取り、食べやすい大きさに切ります。大葉を敷いたお皿に盛り付けて完成です。

3.余ったそうめんで マルゲリータピザ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ゆでたそうめんをフライパンでこんがりと焼くだけでサクサク食感のピザ生地が作れるんです!ピザソースとモッツァレラチーズ、バジルをたっぷりとのせたマルゲリータは、見た目も味わいも華やかで、パーティーやおもてなしにぴったり!お好みのソースやトッピングでアレンジもできるので、覚えておくととても便利ですよ。もしそうめんが余ったら、ぜひこのレシピを参考に自分だけのオリジナルピザを作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • そうめん・・・100g
  • お湯 (ゆで用)・・・適量
  • 粉チーズ・・・大さじ1
  • ピザソース・・・大さじ2

-----トッピング-----

  • モッツァレラチーズ・・・100g
  • バジル (葉)・・・4枚
  • オリーブオイル・・・大さじ1
  • 黒こしょう・・・適量

作り方

準備.バジルは茎から葉を外しておきます。
1.モッツァレラチーズは一口大に切ります。
2.鍋にお湯を沸騰させ、そうめんを3cm程の長さに折って入れます。パッケージの表記通りにゆでたら流水で洗い、水気をよく切ります。
3.ボウルに2、粉チーズを入れて混ぜ合わせます。
4.中火で熱したフライパンにオリーブオイルをひき、3を入れ、全体に敷き詰めたらスプーンで平らにならし、7分程焼きます。
5.こんがりと焼き色がついたら裏返して中火で5分程焼き、一度火を止めます。
6.表面にピザソースを塗り、1、バジルをのせます。蓋をして中火で3分程加熱し、モッツァレラチーズがとろけたら火から下ろします。
7.黒こしょうをふり、食べやすい大きさに切り、器に盛り付けて完成です。

4.そうめんとじゃがいものチーズガレット

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

外はカリカリ、中はもっちり!そうめんとじゃがいもで作るチーズガレットのご紹介です。こんがりと焼けたチーズの香りが食欲をそそる、おつまみにはもちろん朝食にもおすすめの一品!もちもち食感のそうめんとじゃがいもがよく合い、やみつきになるおいしさですよ。そのまま食べるのはもちろん、めんつゆやケチャップなどをつけてもおいしくお召し上がりいただけます。ぜひレパートリーに加えてみてくださいね。

材料(2人前)

  • そうめん・・・100g
  • お湯 (ゆで用)・・・適量
  • じゃがいも (150g)・・・1個
  • (A)ピザ用チーズ・・・50g
  • (A)片栗粉・・・大さじ3
  • (A)塩・・・小さじ1/4
  • (A)黒こしょう・・・小さじ1/4
  • オリーブオイル・・・大さじ1
  • パセリ (生)・・・適量

作り方

準備.じゃがいもは皮をむき、芽を取り除いておきます。
1.お湯を沸騰させた鍋にそうめんを入れてパッケージの表記通りにゆでます。お湯を切り、流水にさらして水気を切り、5cm幅に切ります。
2.じゃがいもは細切りにします。
3.ボウルに1、2、(A)を入れ、全体が馴染むまでよく混ぜ合わせます。
4.中火に熱したフライパンにオリーブオイルをひき、3を入れてフライ返しで生地を押さえながら形を整え、中に火が通るまで中火で5分程焼きます。
5.全体に焼き色が付いたら、大きめの皿を乗せてフライパンごと返し、フライパンに戻します。
6.全体をフライ返しで押さえながら、焼き色が付くまでさらに中火で7分程焼き、火から下ろします。
7.器に盛り付け、パセリを添えて出来上がりです。

5.そうめんリメイク 包まないモチモチキムチ餃子

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

余ったそうめんで食べ応え抜群のおかずを作りたい!そんなときにおすすめなのが、こちらの包まないキムチ餃子のレシピです。餃子の皮に見立てたそうめんでキムチとあんを挟み、焼き上げました。表面はパリパリ、中はもっちりとやわらかく、ピリッとした辛みのキムチとジューシーなあんが絶妙にマッチしてとてもおいしいですよ!ごはんにはもちろん、お酒にもよく合う一品です。

材料(2人前)

  • ゆでそうめん・・・150g
  • キムチ・・・70g

-----たね-----

  • 豚ひき肉・・・200g
  • キャベツ・・・50g
  • ニラ・・・40g
  • (A)片栗粉・・・大さじ1
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)すりおろし生姜・・・小さじ2
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1
  • (A)塩こしょう・・・ふたつまみ
  • ごま油・・・大さじ1

作り方

1.キャベツ、ニラは粗みじん切りにします。
2.ボウルに豚ひき肉、1、(A)を入れてよく混ぜ合わせます。
3.フライパンにごま油をひき、ゆでそうめんの半量を敷き詰め、2を広げながらのせ、キムチ、残りのゆでそうめんをのせます。
4.中火にかけて蓋をし、8分程加熱し、こんがり焼き色がついたら裏返し、蓋をします。
5.中火のまま8分程焼き、こんがりと焼き色がつき、中まで火が通ったら火から下ろします。
6.器に盛り付けて完成です。

余ったそうめんでアレンジレシピを楽しもう!

今回は余ったそうめんの消費に役立つアレンジレシピをご紹介しました。冷たくてのどごしのよいそうめんは、これからの季節に食卓に上る機会も多くなってきます。もしそうめんが余ってしまったときには、ぜひ今回ご紹介したアレンジレシピを参考にしていただき、無駄にすることなくおいしくお召し上がりくださいね!

人気のカテゴリ