2019.7.2

余ったワンタンの皮も使い切り!ワンタンの皮アレンジレシピ7選

ゆでてよし!焼いてよし!揚げてよし!ワンタンの皮を使いこなそう

中華スープに入っている、つるっとした食感が人気の「ワンタン」。ワンタンは皮が薄いため火が通りやすく、餃子に比べて包むのが簡単なところも魅力的ですよね。ですがおうちでワンタンスープを作ろうと皮を買ったけれど、使い切れずにちょっとだけ余ってしまった...という経験はございませんか?一度袋を開けてしまうと乾燥してしまうので、出来れば他の料理に活用させたりしてその日のうちに使い切りたいところ。そこで今回は、本格的なワンタンスープから、余ってしまった皮も全部使い切る「ワンタンの皮」活用レシピを厳選してご紹介します。

つるっとぷりっと!エビワンタンスープ

まず最初にご紹介するのは、ワンタンの定番料理スープレシピです。下処理したエビと豚ひき肉を混ぜて包んだワンタンを、中華スープ仕立てにした一品です。ぷりぷりのエビの食感とワンタンのつるっとした食感が、クセになりますよ。エビは粗めにたたくと、よりぷりぷり食感が楽しめます。スープの中に、野菜や麺を入れてアレンジしてもいいですね。

れんこんの食感が楽しい!本格的ワンタンスープ

続いてご紹介するのは、「れんこん入りの本格的なワンタンスープ」です。こちらは豚ひき肉にみじん切りしたれんこんを混ぜてワンタンの皮に包み、鶏がらスープで仕上げた一品です。ワンタンは餃子よりも簡単に包むことができるので料理初心者の方にもおすすめです。れんこんのシャキシャキした食感とワンタンの皮のつるっとした食感が同時に楽しめます。ご家庭でぜひ本格的なワンタンスープに挑戦してみませんか?

簡単! 梅ししとうのカリカリ焼き

お次にご紹介するのは、「梅ししとうのカリカリ焼き」です。こちらは、ししとうと梅をワンタンの皮で包み、フライパンでカリカリに焼いた一品です。梅干しの酸味とししとうのほろ苦さで、さっぱりといただけますよ。春巻きの皮や餃子の皮でも代用してお作りいただけます。食べやすい大きさなので、お酒のおつまみにもお弁当にもぴったりですよ。

おつまみに最適!ツナと大葉の揚げワンタン

つるっとした食感が魅力のワンタンの皮ですが、油で揚げると春巻きのようなパリパリ食感が楽しめます!こちらの「ツナと大葉の揚げワンタン」は、ツナ缶を使って簡単に作れるレシピです。手軽につまめるので、お酒のおつまみやおもてなしにも最適ですよ。ツナ缶以外にもソーセージや冷蔵庫に余った食材を使って、いろいろなアレンジをしてみてくださいね。

カリカリとろ~り!くるみチーズ揚げ

こちらも、ワンタンの皮を使用したパリパリ食感を楽しめるレシピ「くるみチーズ揚げ」です。パリパリの皮にとろ~りとろけたチーズと香ばしいくるみの組み合わせは、間違いなしのおいしさです。仕上げにふりかけた黒コショウがピリッと効いて、いいアクセントになっています。ワインとよく合うおつまみで、ついお酒が進んでしまいそうですね。

絶品!ツナとほうれん草のラビオリ クリームソース

続いてワンタンの皮の意外な活用方法をご紹介します。こちらは、手軽に購入できるワンタンの皮をご家庭ではなかなか馴染みのないラビオリに見立てた一品です。ほうれん草のほろ苦さとツナ、チーズのコクが、生クリーム仕立てのクリームソースによく合いますよ。ラビオリをゆでるときにオリーブオイルを入れることで、ラビオリ同士がくっつかずきれいに仕上がります。見た目もお洒落なので、パーティーや記念日などのおもてなしにもぴったりですよ。

ワンタンの皮でおやつ サクサクチョコバナナパイ

最後は、ワンタンの皮を使ったおやつのご紹介。余ったワンタンの皮で、サクサクのパイのような絶品おやつが作れるなんて、ちょっと驚きですよね!チョコレートとバナナ、アーモンドをワンタンの皮で包み、油でサクサクに揚げたおやつです。チョコレートとバナナの組み合わせは、子どもから大人まで人気なので大好きなので、みんなから喜ばれること間違いなしですよ。

「ワンタンの皮」を色んな料理に大変身させよう!

いかがでしたか?ワンタンの皮というとワンタンスープにしがちですが、今回はさまざまなアレンジレシピをご紹介しました。調理方法によって全く違った料理に大変身しますよ。ワンタンの皮を使って、ぜひ料理の幅を広げてみてくださいね。

人気のカテゴリ