2022.10.18

「どれも10分で完成!」手抜きに見えない“楽チンおかず”レシピ5選

忙しくてあまり料理に時間が取れない日は、パパッと10分でおかずを作れたらうれしいですよね。そこで今回は、手抜きに見えない「楽チンおかずレシピ」をご紹介します。電子レンジで作れる豚肉と大根のにんにくレンジ蒸しや、甘辛い味わいがたまらないヤンニョムポークなど、さまざまなレシピをピックアップ!ぜひチェックしてくださいね。

1.レンジで簡単 えのきとキムチのチーズ肉巻き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

お酒のお供にもぴったりな、えのきとキムチのチーズ肉巻きのご紹介です。えのきとキムチを豚バラ肉で巻き、ピザ用チーズをかけて電子レンジで加熱するだけ!ジューシーな豚バラ肉とキムチのほどよい酸味と辛味がえのきに染み込み、やみつきになるおいしさです。えのきの食感もよく、食べごたえがありますよ。

材料(2人前)

  • 豚バラ肉 (スライス・5枚)・・・150g
  • えのき・・・100g
  • キムチ・・・80g
  • ピザ用チーズ・・・80g
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

準備.えのきは石づきを切り落としておきます。
1.えのきはほぐします。
2.豚バラ肉は15cm幅に切ります。
3.2の1枚に1とキムチを1/10量ずつのせ、くるくると巻きます。同様に9個作ります。
4.耐熱容器に巻き終わりを下にして並べ、ピザ用チーズをのせラップをかけ、600Wの電子レンジで豚バラ肉に火が通るまで7分程度加熱します。
5.お皿に盛りつけ、小ねぎを散らしたら出来上がりです。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

2.甘辛 ヤンニョムポーク

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

人気の韓国料理、ヤンニョムチキンをポークを使ってアレンジしたレシピです。下味を揉みこんだ豚肩ロースを焼き、ニンニクの芽、合わせ調味料を加えて味つけ。甘辛いコチュジャンや酸味の効いたケチャップが、ジューシーな豚肉に絡んで、たまらないおいしさです!ニンニクの芽の風味もよく、白いごはんが進みますよ。

材料(2人前)

  • 豚肩ロース (ブロック)・・・250g

下味

  • 塩・・・ふたつまみ
  • 片栗粉・・・大さじ1
  • ニンニクの芽・・・50g

合わせ調味料

  • コチュジャン・・・大さじ2
  • 料理酒・・・大さじ1
  • ケチャップ・・・小さじ2
  • 砂糖・・・小さじ1
  • しょうゆ・・・小さじ1
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • ごま油・・・大さじ1
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量
  • 白いりごま・・・適量

作り方

1.ニンニクの芽は3cm幅に切ります。
2.豚肩ロースは1.5cm幅に切り、さらに1.5cm幅に切ります。ボウルに下味の材料と共に入れて揉みこみます。
3.別のボウルに合わせ調味料の材料を入れて、混ぜ合わせます。
4.強火で熱したフライパンにごま油をひき、2を入れて焼き色がつくまで炒めます。
5.1、3を入れて中火で炒め合わせ、豚肩ロースに火が通ったら火から下ろします。
6.器に盛り付け、小ねぎと白いりごまを散らして出来上がりです。

3.塩ダレで簡単 豚肉と大根のにんにくレンジ蒸し

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

クセになる味わいの、豚肉と大根のニンニクレンジ蒸しはいかがでしょうか。薄くスライスした大根と豚バラ肉を交互に並べたら、ニンニクとタレを加えて電子レンジへ。ニンニクの風味と豚肉の旨味が染みた大根は、たまらないおいしさです。鶏ガラスープの素やごま油を混ぜた香ばしいタレとの相性も抜群!ごはんにもお酒にも合う一品です。

材料(2人前)

  • 豚バラ肉 (薄切り)・・・150g
  • 大根・・・200g
  • ニンニク・・・1片

タレ

  • 料理酒・・・大さじ1
  • 酢・・・大さじ1
  • 鶏ガラスープの素・・・小さじ1.5
  • ごま油・・・小さじ1
  • 塩こしょう・・・ふたつまみ
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量
  • ラー油・・・小さじ1/2

作り方

準備.大根は皮をむいておきます。
1.大根は薄く輪切りにします。
2.ニンニクは薄切りにします。
3.豚バラ肉は3cm幅に切ります。
4.ボウルにタレの材料を入れて混ぜ合わせます。
5.耐熱皿に1、3を交互に並べ、2をのせます。4を回しかけ、ラップをふんわりとして600Wの電子レンジで豚バラ肉に火が通るまで6分ほど加熱します。
6.小ねぎを散らし、ラー油をかけて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

4.10分で簡単 豚ひき肉と豆腐のとろとろ煮

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ボリューム満点!豚ひき肉と豆腐のとろとろ煮をご紹介します。切った食材と豚ひき肉、水、調味料を混ぜたら、まとめて電子レンジで加熱するだけ!鶏ガラスープの素や豚ひき肉の旨味、オイスターソースのコクが野菜に染みて、あと引くおいしさです。豆腐のやわらかな食感もよく、満足感を得られますよ。洗い物が少なく済むのもいいですね。

材料(2人前)

  • 豚ひき肉・・・150g
  • 木綿豆腐・・・300g
  • 長ねぎ・・・1/2本
  • にんじん・・・50g
  • 水・・・150ml
  • (A)片栗粉・・・大さじ1
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1
  • (A)オイスターソース・・・小さじ1
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • (A)砂糖・・・小さじ1/2
  • (A)塩こしょう・・・少々

トッピング

  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

準備.にんじんは皮をむいておきます。
1.長ねぎは5mm幅の斜め切りにします。
2.にんじんは縦半分に切り、斜め薄切りにします。
3.木綿豆腐は半分に切り1cm幅に切ります。
4.大きめの耐熱ボウルに1、2、3、豚ひき肉、水、(A)を入れて混ぜ合わせてラップをし600Wの電子レンジで5分ほど加熱します。
5.全体を混ぜ合わせ、再度ラップをし600Wの電子レンジで豚ひき肉に火が通るまで2分ほど加熱します。
6.皿に盛り付けて小ねぎを散らしできあがりです。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

5.鶏もも肉と小松菜のあっさり塩炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

シンプルな味わいがおいしい、鶏もも肉と小松菜のあっさり塩炒めを作ってみませんか。切った小松菜と鶏もも肉を炒め、調味料で味つけするだけのお手軽レシピ。鶏ガラスープの素と塩といった少ない調味料が、鶏もも肉の旨味を引き立てます。シャキシャキとした小松菜の食感もいいですね。ピリリとした粗挽き黒こしょうもアクセントになりますよ。

材料(1人前)

  • 鶏もも肉・・・250g
  • 小松菜・・・200g
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1/2
  • (A)塩・・・小さじ1/2
  • (A)粗挽き黒こしょう・・・小さじ1/2
  • サラダ油・・・大さじ1

作り方

準備.鶏もも肉は余分な脂と筋を切り落としておきます。
1.小松菜は根元を切り落とし、3cm幅に切ります。
2.鶏もも肉は一口大に切ります。
3.フライパンを中火で熱しサラダ油をひき、2を炒めます。
4.鶏もも肉に火が通ったら1を入れ中火で炒めます。
5.小松菜がしんなりしたら(A)を加え中火で炒め合わせます。
6.全体に味がなじんだら火から下ろし、皿に盛り付けてできあがりです。

10分で完成するおかずレシピは、忙しい日に大活躍

いかがでしたか。今回は、10分で完成する手抜きに見えない楽チンおかずのレシピを5つご紹介しました。シンプルな材料と工程でできる時短レシピは、忙しい日に役立つこと間違いなし。白いごはんとの相性もよいので、ぜひ一度作ってみてくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

人気のカテゴリ