2021.11.30

「今日のおつまみにもごはんにも!」気軽に食べたい“焼き鳥”レシピ5選

お酒のお供として、定番おつまみの「焼き鳥」。お店で焼いてもらうのもいいですが、おうち晩酌で気軽に焼き鳥を食べられたらうれしいですよね。

今回は、おうちで楽しめる焼き鳥のレシピをご紹介します。砂肝のネギ塩レモン焼き鳥 や、ふんわり月見鶏つくねなど、お酒によく合うレシピをピックアップしました。グリルや七輪がなくても、フライパンやオーブントースターで簡単に作れるものばかりです。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.手作り照り焼きソースで フライパン焼き鳥

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

手づくりの甘辛だれがたまらない、フライパン焼き鳥をご紹介します。焼き鳥屋さんの定番メニュー「ねぎま」を、おうちで手軽に作れるレシピです。ぷりぷりの鶏肉と、火がとおって甘みを増した長ねぎの相性が抜群で、やみつきになること間違いなし!たれを煮詰めるときに焦がさないようにするのが、おいしく仕上げるポイントです。ぜひお試しくださいね。

材料(5本分)

  • 鶏もも肉・・・250g
  • 長ねぎ・・・1本
  • (A)しょうゆ・・・大さじ2
  • (A)料理酒・・・大さじ2
  • (A)みりん・・・大さじ2
  • (A)砂糖・・・大さじ1
  • サラダ油・・・小さじ2

作り方

準備.長ねぎは根元と青い部分を切り落としておきます。
1.長ねぎを3cm幅に切り、全部で10切れ作ります。
2.鶏もも肉を一口大に切り、全部で15切れ作ります。
3.串に1の2切れ、2の3切れを交互に刺します。同様に4本作ります。
4.フライパンを中火に熱し、サラダ油をひいて3を焼きます。
5.裏返しながら焼き、両面に焼き色が付いたら一度火を止めて取り出します。
6.同じフライパンに(A)を入れて中火にし、煮詰めてとろみが付いたら5を戻し入れてよく絡め、鶏もも肉に火が通ったら火から下ろします。
7.お皿に盛って完成です。

2.砂肝のネギ塩レモン焼き鳥

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

コリコリ食感がたまらない、砂肝のネギ塩レモン焼き鳥をご紹介します。特製のネギ塩レモンだれには、シャキシャキとした長ねぎが贅沢にたっぷりと入っていて、やみつきになる味わいです。レモンの酸味が効いていて、最後のひと口までさっぱりと召し上がれますよ。お酒のお供にぴったりなので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(4本分)

  • 砂肝・・・200g
  • 料理酒・・・大さじ1
  • 長ねぎ・・・10cm
  • (A)レモン汁・・・小さじ2
  • (A)ごま油・・・小さじ2
  • (A)塩・・・小さじ1/2

作り方

準備.砂肝は白い筋を取っておきます。
1.長ねぎはみじん切りにします。ボウルに(A)と共に入れて混ぜ合わせます。
2.ボウルに砂肝と料理酒を入れて揉み、5分程置きます。
3.水気を切り、竹串に刺します。
4.天板にアルミホイルを敷き、3を並べます。オーブントースターで両面を10分ずつ焼き、中まで火が通ったら取り出します。 ※竹串をオーブントースターで加熱すると発火の恐れがあります。目を離さずに様子をみながら加熱してください。
5.お皿に盛り付け、1をのせて完成です。

3.フライパンで作る ふんわり月見鶏つくね焼き鳥

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ふわふわ食感がおいしい、月見鶏つくね焼き鳥のご紹介です。ジューシーなつくねを、濃厚な味わいの卵黄に絡めながら食べると絶品の味わいです。甘めのポン酢だれはさっぱりとして食欲そそる味わいなので、覚えておくとほかのレシピにも使えますよ。おつまみとしてはもちろん、ごはんのお供にもおすすめの一品です。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(5本分)

  • 鶏ひき肉・・・300g
  • 大和芋・・・70g
  • 長ねぎ・・・1/3本
  • (A)片栗粉・・・大さじ2
  • (A)塩・・・ふたつまみ

-----タレ-----

  • ポン酢・・・大さじ3
  • みりん・・・大さじ1
  • 砂糖・・・小さじ1
  • 卵黄 (Mサイズ)・・・1個
  • サラダ油・・・大さじ1/2

作り方

準備.大和芋の皮は剥いておきます。
1.大和芋はすりおろします。
2.長ねぎはみじん切りにします。
3.ボウルに鶏ひき肉、1、2、(A)を入れ手でよく混ぜ合わせます。
4.3を5等分に成形し、中火に熱したフライパンにサラダ油をひき、つくねを入れ焼き色が付くまで焼きます。裏返しタレの調味料を入れ鶏ひき肉に火が通るまで焼き、火から下ろします。
5.竹串を刺して器に盛り付けて、卵黄を添えて完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

人気のカテゴリ