2022.6.25

あと一品欲しい時にも!お箸が進む“キャベツ”の簡単おつまみレシピ5選

一年を通して手に入りやすい、キャベツ。今回は、そんなキャベツを使った「簡単おつまみレシピ」をご紹介します。ほどよい酸味がたまらない梅キャベツや5分でできるおつまみキャベツなど、あと一品欲しい時にも役立つレシピをピックアップしました!ぜひチェックしてみてくださいね。

1.簡単おつまみ!梅キャベツ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

いくらでも食べられる、梅キャベツのレシピです。キャベツときゅうりをきったら梅肉を揉み込み、しんなりしたら調味料と和えるだけ。梅肉のほどよい酸味と、食感のよいキャベツ、きゅうりが合い、お酒との相性も抜群!ごま油と白いりごまで香りよく仕上げているのもポイントです。箸休めとしても大活躍な一品ですよ。

材料(2人前)

  • キャベツ・・・150g
  • きゅうり・・・1/2本
  • 梅肉・・・10g
  • (A)ごま油・・・小さじ1
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1/2
  • (A)かつお節・・・2g
  • 白いりごま・・・適量

作り方

1.キャベツをざく切りに、きゅうりを薄い輪切りにします。
2.ポリ袋に1と梅肉を入れてよくもみ、10分ほど置きます。
3.キャベツがしんなりしたら(A)を加えて混ぜ合わせます。
4.器に盛り付けて、白いりごまをふったら完成です。

2.袋に入れてふるだけ!おつまみキャベツ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

火を使わない、おつまみキャベツのご紹介です。キャベツと調味料をジッパー付き保存袋に入れてふるだけと、とってもお手軽。キャベツは手でちぎるので、包丁も必要ありません。塩昆布とかつお節の旨味、すりおろしニンニクの風味がよく、シンプルなのに箸が止まらないおいしさ。ごま油の香ばしさが食欲をそそります。

材料(2人前)

  • キャベツ・・・100g
  • (A)ごま油・・・大さじ2
  • (A)白いりごま・・・大さじ1
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1
  • (A)塩昆布・・・10g
  • (A)かつお節・・・3g

作り方

1.キャベツは手で一口大にちぎり、ジッパー付き保存袋に入れます。
2.(A)を入れて揉み込み、味が全体に行き渡ったら、お皿に盛り付けて完成です。

3.オイルサーディンで やみつきキャベツ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

コクのある味わい!オイルサーディンで作るやみつきキャベツはいかがでしょうか。オイルサーディンは油ごと使うので、クセのないキャベツが旨味をたっぷり吸い込みます。噛むほどにニンニクの風味も口いっぱいに広がりますよ。ピリリとした鷹の爪もいいアクセントになり、お酒がどんどん進みます。

材料(2人前)

  • キャベツ・・・300g
  • オイルサーディン (75g)・・・1缶
  • ニンニク・・・1片
  • 鷹の爪輪切り・・・小さじ1/2
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • (A)塩こしょう・・・少々
  • オリーブオイル・・・大さじ2

作り方

1.ニンニクはみじん切りにします。
2.キャベツは一口大に切ります。耐熱ボウルに入れてラップをかけ、600Wの電子レンジで3分加熱します。
3.中火で熱したフライパンにオリーブオイル、1、鷹の爪輪切りを入れて、香りが立つまで炒めます。
4.2、オイルサーディンを油ごと入れて、オイルサーディンを崩しながら中火で炒めます。
5.(A)で味を調え、全体に味がなじんだら火から下ろします。お皿に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ