2021.9.11

お弁当の空きスペースにはコレ!つくり置きできる“おかず”レシピ5選

お弁当に空きスペースができてしまって、何を入れようか困った経験はありませんか。急いでおかずをもう一品作るのは、なかなか大変ですよね。

今回はそんなときにも慌てずに済むような、つくり置きできるおかずをのレシピをご紹介します。ごはんによく合うひじき煮や彩りのきれいな3色ナムルなど、どれも簡単にできてお弁当にもぴったりのおかずばかりです。ぜひ参考にして、お弁当作りに活用してみてくださいね。

1.常備菜 鶏そぼろのひじき煮

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ごはんによく合う、鶏そぼろのひじき煮のレシピをご紹介します。鶏ひき肉から出る旨みをひじきに吸わせて、おいしい煮物に仕上げます。しょうゆやみりんで和風の味つけにするので、ホッとする味になりますよ。お弁当の隙間おかずにはもちろん、ごはんにのせてもおいしく召し上がれます。ぜひ常備菜として作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 鶏ひき肉 (もも)・・・200g
  • さやいんげん・・・6本
  • 乾燥ひじき・・・15g
  • 水 (戻す用)・・・適量
  • (A)しょうゆ・・・大さじ2
  • (A)みりん・・・大さじ2
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)砂糖・・・大さじ1
  • サラダ油・・・小さじ2

作り方

準備.さやいんげんはヘタと筋を取り除いておきます。
1.ひじきはパッケージの表記通りに水で戻し、流水で洗い、水気を切ります。
2.さやいんげんは1cm幅の斜め切りにします。
3.フライパンにサラダ油をひいて中火で熱し、鶏ひき肉を入れて炒めます。
4.鶏ひき肉に火が通り、そぼろ状になったら1、2、(A)を入れて中火で5分ほど煮詰めます。
5.汁気がなくなったら火から下ろし、器に盛り付けて完成です。

2.常備菜に キャベツのペペロン風炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ペペロンチーノの味つけで楽しむ、キャベツの常備菜レシピです。オリーブオイルにニンニクと鷹の爪を入れたら、香りが立つまでじっくりと加熱すると、おいしく仕上がります。使う材料も少なく、気軽にお作りいただけますよ。お弁当のおかずにはもちろん、冷えた白ワインにもよく合うので、おつまみとしてもおすすめです。ぜひお試しください。

材料(2人前)

  • キャベツ・・・150g
  • ニンニク・・・1片
  • 鷹の爪輪切り・・・小さじ1/2
  • (A)塩・・・ふたつまみ
  • (A)黒こしょう・・・ひとつまみ
  • オリーブオイル・・・大さじ1

作り方

1.キャベツはざく切りにします。
2.ニンニクはみじん切りにします。
3.中火で熱したフライパンにオリーブオイルをひき、2、鷹の爪輪切りを入れ、香りが立つまで炒めます。
4.1を入れ、キャベツに火が通るまで中火で炒めたら、(A)で味を調え、火から下ろします。
5.器に盛り付けて完成です。

3.常備菜 レンコンの赤しそふりかけ和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

さっぱりとした常備菜なら、レンコンの赤しそふりかけ和えがおすすめです。ゆでたレンコンを赤しそふりかけとごま油で和えるだけなので、簡単にお作りいただけます。ピンク色に仕上がるので、お弁当箱に色味を添えるおかずになりますよ。ごま油をオリーブオイルに変えると、また違った風味が楽しめます。シャキシャキとしたレンコンの歯ごたえを、ぜひ楽しんでくださいね。

材料(2人前)

  • レンコン・・・200g
  • お湯 (ゆで用)・・・1000ml
  • 塩 (ゆで用)・・・小さじ1
  • ゆかり・・・小さじ2
  • ごま油・・・小さじ2

作り方

準備.レンコンは皮をむいておきます。
1.レンコンは5mm幅の半月切りにします。
2.鍋にお湯を沸かし、塩、1を入れます。中火で2分ほどゆでて火が通ったら湯切りをします。
3.ボウルに2、ゆかり、ごま油を加えてよく和えます。
4.お皿に盛り付けて完成です。

※『ゆかり』は「三島食品株式会社」の登録商標又は商標です。

人気のカテゴリ