2022.9.19

「豆腐がもっとおいしく味わえる!」消費にもぴったりな“絶品おかず”レシピ5選

一年中手に入り、お財布にもやさしい豆腐。買ったはいいものの、レパートリーがそんなになくて…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、豆腐がもっとおいしく味わえる「絶品おかず」のレシピをご紹介します。ふわふわ食感のカニ蒸し豆腐や、おつまみにもぴったりな棒棒鶏風冷奴など、幅広いレシピをピックアップしました!

1.ガーリック香る 豆腐ステーキ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

食材ひとつで作る、「ガーリック香る 豆腐ステーキ」のご紹介です。薄力粉をまぶした木綿豆腐をこんがりと焼いたら、調味料で味つけするだけ。バターのコクとめんつゆの旨味、すりおろしニンニクの風味が豆腐に染みて、クセになるおいしさです。肉も野菜も使わないので、パパッと一品作りたい日にもおすすめですよ。

材料(2人前)

  • 木綿豆腐・・・400g
  • 薄力粉・・・10g

-----調味料-----

  • めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ3
  • みりん・・・大さじ2
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1
  • 有塩バター・・・20g
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.木綿豆腐は横半分に切り、さらに縦6等分に切り、キッチンペーパーでしっかりと水気を拭き取ります。
2.1に薄力粉を薄くまぶします。
3.中火で熱したフライパンに有塩バターを入れ、2を焼きます。
4.こんがりと焼き色がついたら、調味料を入れ味が馴染んだら火を止めます。
5.皿に盛り付け、小ねぎを散らしたら完成です。

2.豆腐とキムチのコクうまチーズ卵とじ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ピリッとした刺激がたまらない、豆腐とキムチのコクうまチーズ卵とじをご紹介します。切った絹ごし豆腐をキムチと調味料で煮込み、溶き卵、チーズで仕上げれば完成。キムチの辛味と酸味、まろやかな卵、濃厚なチーズが豆腐に絡み、やみつきになるおいしさ!みそやみりんなどの味つけで、コクも感じられますよ。白いごはんがどんどん進みます。

材料(2人前)

  • 絹ごし豆腐 (計400g)・・・2丁
  • キムチ・・・200g
  • 溶き卵 (Mサイズ)・・・2個分
  • 水・・・150ml
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)みりん・・・大さじ1
  • (A)みそ・・・大さじ1/2
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • (A)顆粒和風だし・・・小さじ1/2
  • ピザ用チーズ・・・50g

-----トッピング-----

  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.絹ごし豆腐は、2cm幅に切ります。
2.鍋に水を入れて沸騰させたら、(A)を入れ、中火でひと煮立ちさせます。
3.1を入れ、中火で3分程煮込みます。
4.キムチを入れ、中火にしてさらに5分程煮込みます。
5.溶き卵を回し入れ、ピザ用チーズをのせて中火で加熱し、チーズが溶けたら火から下ろします。
6.器に盛り付け、小ねぎを散らして完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

3.ぷるんぷるん カニ蒸し豆腐

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

美しいビジュアルが目を引く、カニ蒸し豆腐はいかがでしょうか。豆腐と卵、カニ缶、調味料を順番に混ぜ、電子レンジで加熱。一度取り出して加熱する工程を3回繰り返すことで、固くならず、ぷるんぷるんの食感に仕上がります。まろやかな卵と旨味たっぷりのカニ缶は、めんつゆ入りのあんとも相性ばっちり!お子さんも喜ぶこと間違いなしの一品です。

材料(2人前)

  • 絹ごし豆腐・・・400g
  • カニ缶・・・80g
  • 卵 (Mサイズ)・・・2個
  • (A)顆粒和風だし・・・小さじ1
  • (A)片栗粉・・・小さじ1

-----あん-----

  • 水・・・100ml
  • めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ2
  • 片栗粉・・・小さじ1
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.ボウルに絹ごし豆腐、卵を入れ、なめらかになるまで泡立て器でよく混ぜ、カニ缶、(A)を入れ、混ぜ合わせます。
2.耐熱ボウルにラップをし、1を流し入れ、軽くラップで包みます。
3.600Wの電子レンジで2分加熱し、一度取り出します。同様に3回繰り返し、卵に火が通ったら取り出します。
4.別の耐熱ボウルにあんの材料を入れて混ぜ、ふんわりとラップをし、600Wの電子レンジで30秒加熱し、混ぜ合わせます。
5.器に3をのせ、4をかけます。小ねぎを散らして完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

4.ごまたっぷり 棒棒鶏風冷奴

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

火を使わずに作れる、ごまたっぷり 棒棒鶏風冷奴のご紹介です。みじん切りにした長ねぎと調味料を電子レンジで加熱したらタレが完成。鶏ささみもレンジで仕上げるのでとっても手軽です。あとは豆腐の上に具材をのせ、タレをかけるだけ!ささみの旨味と白ねりごまのコクが効いた味つけが豆腐とよく合います。シャキシャキとしたきゅうりの食感もいいですね。今夜のおつまみにいかがでしょうか。

材料(2人前)

  • 絹ごし豆腐・・・400g
  • きゅうり・・・1本
  • 長ねぎ・・・5cm
  • 鶏ささみ・・・2本
  • 料理酒 (ささみ用)・・・大さじ1
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1.5
  • (A)白ねりごま・・・大さじ1.5
  • (A)酢・・・大さじ1.5
  • (A)砂糖・・・大さじ1.5
  • (A)ごま油・・・大さじ1
  • (A)すりおろし生姜・・・小さじ1/2
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • ラー油 (トッピング用)・・・小さじ1/2

作り方

準備.鶏ささみは筋を取り除いておきます。
1.きゅうりはヘタを切り落し、千切りにします。
2.長ねぎはみじん切りにします。
3.耐熱ボウルに2と(A)を入れ、ふんわりとラップをし、600Wの電子レンジで1分30秒加熱します。
4.耐熱ボウルに鶏ささみを入れ、料理酒をかけ、ふんわりとラップをします。600Wの電子レンジで3分程、鶏ささみに火が通るまで加熱します。粗熱が取れたら、手でほぐします。
5.お皿に、絹ごし豆腐、1、4を盛り付けます。3とラー油をかけて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

5.花椒香る くずし豆腐の豆板醤炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ガツンとした味を楽しみたい方には、「花椒香る くずし豆腐の豆板醤炒め」がおすすめです。淡白な味わいの木綿豆腐に、ニラの風味や豆板醤の辛味、花椒のピリリとした刺激が合わさり、あと引くおいしさです。豆腐は粗めにくずしているので、食感が楽しめるのもポイント。そのまま食べてもよし、ごはんの上にのせてもよしの一品です。

材料(2人前)

  • 木綿豆腐・・・400g
  • 長ねぎ・・・1/2本
  • ニラ・・・30g
  • 花椒・・・小さじ1/2
  • (A)豆板醤・・・小さじ2
  • (A)しょうゆ・・・小さじ2
  • (A)砂糖・・・小さじ1
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1
  • ごま油・・・大さじ2

作り方

準備.長ねぎは根元を切り落としておきます。
1.長ねぎはみじん切りにします。
2.ニラは4cm幅に切ります。
3.(A)をボウルに入れ、混ぜ合わせます。
4.中火で熱したフライパンにごま油と花椒を入れて炒め、香りがたってきたら1と3を入れさらに中火で炒めます。
5.長ねぎがしんなりとしたら木綿豆腐を入れ、くずしながら中火で炒めます。
6.木綿豆腐に火が通ったら2を入れ、中火のまま全体を軽く混ぜあわせたら火から下ろします。
7.器に盛り付けて完成です。

万能食材、豆腐をもっと使いこなそう!

いかがでしたか。今回は、豆腐を使った絶品おかずのレシピをご紹介しました。クセのない味わいの豆腐は、さまざまな野菜や肉、調味料とも相性のいい万能食材。コスパもいいので、豆腐レシピを覚えてぜひ活用してくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

人気のカテゴリ