2019.4.23

やさしい味わい!ひじきを使ったアレンジレシピ5選

長い歴史を持つひじき

わかめや昆布と並んで家庭で親しまれている海草、ひじき。その歴史はとても古く、なんと縄文時代から食べられているとされています。
上品な風味としっかりとした歯ごたえがあり、煮物にして食べたり、ごはんと一緒に食べてもよく合いますよね。ほどよい薄味がとっても和食らしいひじきは、海に囲まれた日本で長年受け継がれてきた、伝統的な食材なのです。

常備菜や作り置きにぴったり

ひじきは手間がかかりそう、というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。ですが、ひじきの下ごしらえはとっても簡単。生ひじきは熱湯にくぐらせるだけ、乾燥ひじきは水につけて戻すだけで、実はお手軽に下ごしらえできるんです。
そんなひじきは、常備菜や作り置きにぴったり。たくさん作ってタッパーに詰めておけば、いつでもごはんのおかずに使えますよ。また、そのまま小分けにしたり、おにぎりや卵焼きに混ぜたりなど、お弁当のおかずとしてもとっても使いやすい食材なのです。

実はアレンジ豊富

これまでご紹介したように、常備菜やちょっとした副菜として活躍することの多いひじき。煮物にして食べるくらいしか思いつかない方も多いと思いますが、実はさまざまな料理に取り入れやすい食材なんです。
今回は、そんなひじきを使ったアレンジレシピを5つ紹介します。いつもの料理にひじきを加えるだけで、料理の幅が広がりますよ!意外と簡単に作れるものばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

人気のカテゴリ