2021.3.23

「今日のメインに!」味付けいろいろ”さわらの焼き物レシピ”5選

冬から春にかけてが旬の「さわら」。脂がのっていて口溶けの良い食感が特徴の魚です。身が柔らかく、クセもないので、お子さまから大人まで幅広く人気がありますよね。

今回はそんなさわらを使った焼き物レシピをご紹介します。さわら料理の定番「西京焼き」や、山椒の香りを効かせた山椒味噌焼きなど、献立のメインにぴったりのレシピを集めました。どれもごはんに合う味付けで、さわらのおいしさを存分に楽しめるものばかりなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

1.鰆の西京焼き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ごはんのおかずにぴったりなさわらの西京焼きレシピをご紹介します。白みそと料理酒などで作ったみそ床にじっくりと漬け込んださわらは旨みたっぷりで、深みのある味わいをお楽しみいただけますよ。ごはんとの相性はもちろん、お酒のおつまみとしても最適な一品です!

材料(2人前)

  • サワラ (計160g)・・・2切れ
  • 塩・・・小さじ1/4

-----みそ床-----

  • 白みそ・・・100g
  • 料理酒・・・大さじ1
  • みりん・・・大さじ1/2
  • 砂糖・・・小さじ1

作り方

1.サワラは塩を振って10分程置き、水気をキッチンペーパーで拭き取ります。
2.ボウルにみそ床の材料を入れて混ぜ合わせます。
3.バットに2の半量を入れて広げて、1を並べ、残りの2を塗ります。
4.ラップをして冷蔵庫で6時間程置きます。
5.サワラを取り出し、みそ床をスプーンで取り除きます。
6.フライパンを弱火で熱し、5を入れて両面を焼きます。中に火が通り、表面に焼き色が付くまで10分程焼き、火から下ろします。
7.器に盛り付けて出来上がりです。

2.鰆のごま照り焼き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

香ばしい風味が食欲をそそる、さわらのごま照り焼きです。さわらに白ごまと黒ごまをまぶして焼き上げました。甘辛味のタレとごまの香ばしい風味が、脂ののったさわらに絡みごはんがどんどん進みますよ。タレに加えたすりおろし生姜のさわやかな風味も効いていて、最後までおいしくいただけます。ごはんだけでなくお酒との相性もぴったりの一品です。

材料(2人前)

  • サワラ・・・2切れ
  • 塩こしょう (下味)・・・小さじ1/4

-----ごま衣-----

  • 薄力粉・・・大さじ1
  • 溶き卵 (Mサイズ)・・・1個分
  • ①白いりごま・・・大さじ1
  • ①黒いりごま・・・大さじ1
  • ②しょうゆ・・・大さじ1/2
  • ②料理酒・・・大さじ1/2
  • ②砂糖・・・小さじ1
  • ②みりん・・・小さじ1
  • ②すりおろし生姜・・・小さじ1/2
  • サラダ油・・・大さじ1
  • サニーレタス・・・40g
  • ミニトマト・・・4個

作り方

1.バットに①を入れよく混ぜ合わせます。
2.サワラの両面に塩こしょうをふり、薄力粉、溶き卵、1の順にごま衣をつけます。
3.中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、2を加えて両面を5分ほど焼きます。
4.サワラに火が通ったら、②を入れて中火で加熱し、全体に味がなじみ、全体に照りが出たら火から下ろします。
5.サニーレタス、ミニトマトをのせた器に4を盛り付けて完成です。

3.すだち入り さわらの幽庵焼き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

すだちがさわやかに香るさわらの幽庵焼きをご紹介します。幽庵焼きとは、酒やしょうゆ、みりんの調味液にゆずやレモンなど柑橘の輪切りを入れて漬け込んで焼き上げたもののこと。幽庵ダレを染み込ませて照りよく仕上げたさわらはごはんと相性抜群です!もちろんお酒ともよく合いますよ。幽庵ダレを作ったらさわらの身を漬け込んで焼くだけと簡単なので、料理初心者の方でも手軽にお作りいただけます。

材料(2人前)

  • サワラ (計200g)・・・2切れ
  • すだち・・・1個

-----幽庵ダレ-----

  • 料理酒・・・大さじ1
  • しょうゆ・・・大さじ1
  • みりん・・・大さじ1
  • 大葉 (飾り用)・・・2枚

作り方

準備.天板にアルミホイルを敷いておきます。 大葉は軸を取っておきます。
1.すだちは薄切りにします。
2.バットにサワラ、幽庵ダレの材料を入れ、手で全体をなじませます。1をのせ、ラップをかけて冷蔵庫で1時間程、途中で返しながら漬け込みます。
3.天板に汁気を切った2のサワラをのせ、オーブントースターで7分程焼きます。
4.一度取り出し、スプーンで2の幽庵ダレを全体にかけて、中に火が通るまで更に5分程焼きます。
5.大葉を敷いた器に盛り付けて出来上がりです。

人気のカテゴリ