2019.4.23

いろいろな食感が楽しめる!南部せんべいのアレンジレシピ5選

南部せんべいとは

青森県八戸地方や岩手県の北部など、南部地方で古くから食べられている南部せんべいは、おやつとしてのみならず料理にも使われています。煮崩れがしにくいせんべい汁用も売られているほど、南部せんべいは南部地方の郷土料理として古くから親しまれています。

南部せんべいの原材料

基本の原材料は小麦粉と塩と水だけで混ぜて練り、丸い型に入れて硬く焼いて作ります。周りには、薄く「耳」と呼ばれる部分が付いているのが南部せんべいの特徴です。

バラエティーが豊かで食べ方もいろいろ

一番シンプルな白いせんべいは、小麦本来の味を味わえるので、せんべいというよりもパンに近く、地元では軽くトーストをしてバターを塗って食べられることもあるようです。

その他にも、ごまやピーナッツなどを入れた塩系の南部せんべいが一般的ですが、現在では甘いせんべいなどさまざまな種類の南部せんべいが販売されています。

南部せんべいは素朴な味わいでそのまま召し上がってももちろんおいしいですが、チーズをのせて焼いたり、挟んだり、汁物に入れたりするのもおすすめの食材なんです!そこで今回は、南部せんべいを使ったアレンジレシピをまとめてご紹介します。

ポピュラーなせんべい汁

南部せんべいを使った料理として一度はお試しいただきたいのが、東北地方の郷土料理のせんべい汁です。
醤油ベースの汁に、鶏肉と野菜を入れて具材から出た旨みがほっとする味わいで、寒い日に身体が温まりますよ。野菜やきのこ類などお好みの具材を入れて作ってみてはいかがでしょうか?
南部せんべいはせんべい汁用のものを最後にのせて、お好みの食感で召し上がってくださいね。

コンソメスープのせんべい汁

せんべい汁をコンソメスープで作るアレンジレシピはいかがでしょうか?洋風のスープにも、南部せんべいのシンプルな味が馴染んでおいしいですよ。
ベーコンの塩気とトマトの酸味でさっぱりとした味わいで、忙しい朝の朝食やランチタイムにもピッタリです。
こちらも南部せんべいはせんべい汁用を使い、せんべいを入れてからさっと煮て、カリッとした食感を残して召し上がるのがおすすめです。

人気のカテゴリ