2022.6.24

いつものお弁当にも!週末に作り置きできる“ちょこっとおかず”レシピ5選

忙しい朝、毎日お弁当の準備をするのは大変ですよね。そこで今回は、週末に作り置きできる「ちょこっとおかず」のレシピをご紹介します。色合いが美しいにんじんとたらこの和風炒めやいくらでも食べられる無限小松菜など、お弁当のすき間にピッタリなおかずをピックアップ!ぜひチェックしてくださいね。

1.にんじんとたらこの彩り和風炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

食感が楽しい、にんじんとたらこの彩り和風炒めのご紹介です。千切りにしたにんじんとたらこ、白いりごまを、白だしと料理酒で炒めるだけのお手軽レシピ。シャキシャキとしたにんじんとプチプチとしたたらこを噛むと、白だしの風味が口いっぱいに広がります。色合いが鮮やかなので、お弁当に入れれば映えること間違いなし!

材料(2人前)

  • にんじん (150g)・・・1本
  • たらこ・・・30g
  • 白いりごま・・・大さじ1
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)白だし・・・大さじ1
  • ごま油・・・大さじ1
  • 大葉・・・2枚

作り方

準備.大葉は軸を切り落としておきます。にんじんは皮をむいておきます。たらこは薄皮を取り除いておきます。
1.大葉は千切りにします。
2.にんじんは千切りにします。
3.中火で熱したフライパンにごま油をひき、2を入れしんなりするまで炒めます。
4.たらこ、白いりごま、(A)を入れ中火のまま汁気がなくなるまで炒め、火から下ろします。
5.お召し上がりの直前に1をのせてお召し上がりください。

2.常備菜 ピーマンとちりめんじゃこのおかか山椒炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ピリリとした刺激がクセになる、ピーマンとちりめんじゃこのおかか山椒炒めはいかがでしょうか。ごま油で香ばしく炒めたピーマンにちりめんじゃこの旨味が絡み、箸が止まらなくなるおいしさです。粉山椒の風味もよく、ごはんとの相性は抜群!ピーマンのほろ苦さもマッチして、おつまみとしてもおすすめな一品です。

材料(2人前)

  • ピーマン (計250g)・・・6個
  • ちりめんじゃこ・・・30g
  • かつお節・・・4g
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)砂糖・・・小さじ2
  • (A)粉山椒・・・小さじ1/2
  • ごま油・・・小さじ2

作り方

準備.ピーマンはヘタと種を取り除いておきます。
1.ピーマンは細切りにします。
2.フライパンにごま油をひいて中火で熱し、1を入れて炒めます。
3.全体に油がなじんだら(A)を加えて中火のまま炒めます。汁気が少なくなってきたら、ちりめんじゃこ、かつお節を加えてさっと炒め合わせ、火から下ろします。
4.器に盛り付けて完成です。

3.常備菜に ゆずポン風味の切り干し大根

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

切り干し大根をゆずポンで味つけしてみませんか。和風だしと料理酒の調味料に、ポン酢とゆず胡椒を加えて炒め煮にしました。ピリッとしたゆず胡椒にポン酢のさわやかさが合い、噛むほどにジュワッと旨味が広がります。にんじんと大根の歯ごたえもよく、満足感もありますよ。

材料(2人前)

  • 切り干し大根・・・30g
  • 水 (戻す用)・・・500ml
  • にんじん・・・50g
  • 油揚げ・・・2枚
  • (A)ポン酢・・・大さじ2
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)ゆず胡椒・・・小さじ1
  • (A)顆粒和風だし・・・小さじ1/2
  • サラダ油・・・大さじ1
  • 大葉・・・2枚

作り方

準備.切り干し大根は流水で洗っておきます。にんじんは皮をむいておきます。大葉は軸を切り落としておきます。
1.にんじんは千切りにします。
2.油揚げは細切りにします。
3.切り干し大根はパッケージの表記に従い水で戻します。水気を絞り、戻し汁を大さじ3取り分けます。
4.強火で熱したフライパンにサラダ油をひき、1、2、3の切り干し大根を入れ、全体に油がなじむまで炒めます。
5.中火にし、(A)、3の戻し汁を入れ、汁気がなくなるまで炒め煮にし、火から下ろします。
6.器に大葉、5を盛り付けて完成です。

人気のカテゴリ