2022.8.15

「いつもの献立に飽きたなら!」おうちで楽しむ"韓国料理"レシピ5選

いつもと違う味を楽しみたいときは、おうちで「韓国料理」を作ってみませんか。今回は、自宅で作れる韓国料理レシピをご紹介します。食べごたえばっちりな韓国風太巻きキンパや、ヤンニョムチキン、辛うまスンドゥブチゲなど、韓国気分を味わえるメニューをピックアップ!ぜひチェックしてくださいね。

1.やみつき ヤンニョムチキン

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

定番の韓国料理、ヤンニョムチキンのご紹介です。下味をもみ込んだ鶏もも肉を焼いたら一度取り出し、コチュジャンやケチャップなどの調味料を煮立たせて絡めました。甘辛いコチュジャンやすりおろしニンニクの風味が染みた鶏肉は、たまらないおいしさですよ。白いりごまの香ばしさもよいアクセントになっています。ごはんもお酒も進む一品です。

材料(2人前)

  • 鶏もも肉・・・300g

-----下味-----

  • みりん・・・大さじ1
  • 塩こしょう・・・少々
  • 片栗粉・・・大さじ3
  • (A)コチュジャン・・・大さじ2
  • (A)ケチャップ・・・大さじ1.5
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)みりん・・・大さじ1
  • (A)砂糖・・・小さじ1
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1
  • サラダ油・・・大さじ3

-----トッピング-----

  • 白いりごま・・・適量

作り方

1.鶏もも肉は一口大に切り、ボウルに入れ下味の材料を入れて揉みこみ、10分程置きます。
2.キッチンペーパーで水気を拭き取り、片栗粉を全体にしっかりとまぶします。
3.別のボウルに(A)を入れ、よく混ぜます。
4.フライパンにサラダ油を入れ、中火で熱し、170℃になったら2を入れて両面を3分ずつ焼き、中まで火が通ったら取り出します。
5.同じフライパンの余分な油をキッチンペーパーで拭き取り、弱火にして3を入れ、ひと煮立ちしたら4を入れ、全体に絡んだら火から下ろします。
6.器に盛り付け、白いりごまを散らして完成です。

2.お家で韓国料理 辛うまスンドゥブチゲ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

辛さがクセになる、スンドゥブチゲを作ってみませんか。キムチの辛味と酸味が効いたスープに、あさりと豚肩ロースの旨味が溶け出し、奥深い味わいに仕上がります。ダシダを使えば手軽に牛のエキスやコクがプラスされますよ。玉ねぎやニラのシャキシャキとした歯触りもよく、満足感たっぷりな一品です!白いごはんと一緒に召し上がってくださいね。

材料(2人前)

  • 豚肩ロース (切り落とし)・・・50g
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1
  • キムチ・・・50g
  • 粉唐辛子・・・大さじ1
  • 絹ごし豆腐・・・200g
  • あさりの水煮 (正味量)・・・65g
  • 玉ねぎ・・・1/4個
  • ニラ・・・50g
  • 長ねぎの青い部分・・・1/3本分
  • (A)水・・・500ml
  • (A)酒・・・大さじ1
  • (A)みりん・・・大さじ1
  • (A)ダシダ・・・小さじ2
  • 卵 (Mサイズ)・・・1個
  • ごま油・・・大さじ1

作り方

1.玉ねぎは薄切りにします。長ねぎの青い部分は3cmの斜め切りにします。ニラは3cm幅に切ります。
2.鍋にごま油、豚肩ロース、すりおろしニンニク、キムチ、粉唐辛子を入れて10分程置きます。
3.中火で熱し、炒めます。
4.豚肩ロースに火が通ったら(A)、1、あさりの水煮を加えて強火で沸騰させます。
5.沸騰したら絹ごし豆腐をスプーンですくい入れ、強火でひと煮立ちさせます。
6.卵をのせて完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

※『ダシダ』は「シージェイ チェイルジェダン コーポレーション」の登録商標又は商標です。

3.簡単 韓国風太巻きキンパ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ボリューム満点!韓国風太巻きキンパのご紹介です。味つけした具材を順番にごはんの上に並べ、巻きすで巻きました。一口頬張れば、シャキシャキとした野菜とコクのある甘辛い味わいの牛肉を一度に味わうことができますよ。もやしやほうれん草など、食材をアレンジするのもおすすめです。

材料(1本分)

-----混ぜごはん-----

  • ごはん・・・200g
  • ごま油・・・大さじ1/2
  • 白いりごま・・・小さじ1
  • 塩・・・ひとつまみ
  • 牛こま切れ肉・・・50g
  • (A)焼肉のタレ (中辛)・・・大さじ1.5
  • (A)コチュジャン・・・小さじ1
  • ごま油・・・小さじ1
  • きゅうり・・・40g
  • 塩・・・少々
  • にんじん・・・20g
  • 塩・・・少々
  • たくあん・・・20g
  • マヨネーズ・・・小さじ1
  • のり (全型)・・・1枚

作り方

準備.にんじんは皮をむいておきます。 きゅうりはヘタを切り落としておきます。
1.きゅうりは千切りにし、ボウルに入れて塩を揉みこみます。10分ほど置き、水気を絞ります。
2.にんじんは千切りにし、別のボウルに入れて塩を揉みこみます。10分ほど置き、水気を絞ります。
3.たくあんは細切りにします。
4.牛こま切れ肉は1cm幅に切り、別のボウルに入れて(A)を加えて混ぜ、味をなじませます。
5.中火で熱したフライパンにごま油をひき、4を入れて火が通るまで炒めたら火から下ろし、粗熱を取ります。
6.別のボウルに混ぜごはんの材料を入れ、しゃもじでさっくりと混ぜます。
7.巻きすの上にラップを敷いてのりをのせ、奥を1.5cmほど空けて6を平らになるようにのせます。少し手前寄りにマヨネーズ、1、2、3、5をのせて手前から巻き、形を整えます。
8.のりがなじむまで5分ほど置いたら巻きす、ラップを外し、食べやすい大きさに切り、器に盛り付けて完成です。

4.ニラとあさりのチヂミ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

思わず箸が止まらなくなる、ニラとあさりのチヂミをご紹介します。薄力粉や卵と手軽な食材で外はカリッと、中はモチモチの生地を作りました。噛むほどにあふれ出すアサリの旨味とニラの風味がたまりません。ごま油の香ばしい香りで、食欲もそそりますよ。甘酸っぱいタレをたっぷりつけて召し上がってくださいね。

材料(2人前)

  • ニラ・・・80g
  • アサリ (剥き身・加熱済み)・・・100g
  • (A)薄力粉・・・80g
  • (A)溶き卵・・・1個分
  • (A)水・・・30ml
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1
  • ごま油・・・大さじ2

-----タレ-----

  • しょうゆ・・・大さじ2
  • 酢・・・大さじ1
  • 白いりごま・・・小さじ1
  • 砂糖・・・小さじ1/2
  • 糸唐辛子・・・少々

作り方

1.ニラは根元を切り落とし3cm幅に切ります。
2.ボウルに(A)を入れ混ぜ、1、アサリを加え、さらに混ぜます。
3.フライパンにごま油を入れ、中火で熱し2を流し入れます。生地の周りに火が通り固まってきたら裏返し、火が通ったら食べやすい大きさに切ります。
4.ボウルにタレの材料を入れ混ぜます。
5.お皿に盛って糸唐辛子を乗せ、4を添えて完成です。

5.ワンパンで チーズタッカルビ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ジューシーなチーズタッカルビが、フライパンひとつで作れるんです!切った食材と調味料をもみ込んで味をなじませたら、フライパンに入れて焼くだけ。仕上げにチーズをのせてとろけるまで加熱したら、甘辛い味わいがやみつきになる一品になりますよ。チーズをたっぷり絡めればコクが増し、いくらでも食べられます。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 鶏もも肉・・・200g
  • 玉ねぎ・・・1/2個
  • にんじん・・・1/2本
  • (A)コチュジャン・・・大さじ2
  • (A)料理酒・・・大さじ2
  • (A)みりん・・・大さじ2
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)一味唐辛子・・・小さじ2
  • ピザ用チーズ・・・150g
  • ごま油・・・大さじ1

作り方

準備.にんじんは皮をむいておきます。
1.玉ねぎは薄切りにします。
2.にんじんは長さを半分に切って縦半分に切り、縦に5mm幅に切ります。
3.鶏もも肉は一口大に切ります。
4.ジッパー付き保存袋に1、2、3、(A)を入れて揉みこみます。冷蔵庫に入れて30分程置きます。
5.中火で熱したフライパンにごま油をひき、4を入れて鶏もも肉に火が通るまで5分程炒めます。
6.縁によせ、中心にピザ用チーズをのせて蓋をし、中火でチーズが溶けるまで2分程加熱し、火から下ろして完成です。

気分を変えたいときは、おうち韓国を楽しもう

いかがでしたか。今回は、韓国料理のレシピを5つご紹介しました。コチュジャンやごま油を効かせるレシピが多い韓国料理は、食欲をかき立てられるものばかり!難しい工程もなく、初めて韓国料理を作る方でも挑戦しやすいですよ。自宅で手軽に韓国気分を味わってみてくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

人気のカテゴリ