2020.11.25

「寒い季節はやっぱりお鍋!」みんなで囲みたい”定番鍋レシピ”5選

寒くなるこれからの季節に出番が多くなる「鍋」。家族や友人と鍋を囲めば、心も身体もポカポカと温まり、会話も弾みますよね。

そこで今回は寒い季節にぴったりの定番鍋レシピをご紹介します。おうちでも簡単に作れるもつ鍋や、ごちそうの定番すき焼きなど幅広く集めました。具だくさんでみんなが大満足できる鍋レシピをぜひチェックしてみてくださいね。

1.スープも一緒に頂く つくね入り水炊き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

すりおろし生姜を効かせたつくね入りの水炊きです。鶏がらスープの素を使って味付けしているので、スープまでおいしくお召し上がりいただけますよ。鶏もも肉やつくねから旨みがたっぷり溶け出していて、野菜もたくさん食べることができます。身体がポカポカ温まる、やさしい味わいの一品です。スープをごはんにかけてもおいしいので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 鶏もも肉・・・300g

-----つくね-----

  • 鶏ひき肉・・・200g
  • 長ねぎ・・・40g
  • 片栗粉・・・大さじ1
  • しょうゆ・・・小さじ1
  • すりおろし生姜・・・小さじ1
  • キャベツ・・・300g
  • 長ねぎ・・・1本
  • えのき・・・100g
  • にんじん・・・70g
  • 水菜・・・50g

-----スープ-----

  • 水・・・800ml
  • 料理酒・・・50ml
  • 鶏ガラスープの素・・・大さじ2
  • 塩・・・小さじ1/4
  • ポン酢・・・60ml
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

準備.にんじんは皮を剥いておきます。長ねぎは根元を切り落としておきます。
1.つくね用の長ねぎは、みじん切りにします。
2.キャベツは一口大に切ります。長ねぎは1.5cm幅の斜め切りにします。
3.にんじんは短冊切りにします。えのきは石づきを切り落とし、手でほぐします。
4.水菜は根元を切り落とし、5cm幅に切ります。
5.鶏もも肉は一口大に切ります。
6.ボウルに1、残りのつくねの材料を入れ、粘りが出るまで手でよくこねます。
7.土鍋にスープの材料、5を入れ、強火にかけます。
8.6をスプーンですり合わせながら入れ、強火でひと煮立ちさせます。つくねが浮き、中火で10分程つくねと鶏もも肉に火が通るまで煮込みます。アクがでてきたらアクを取り除きます。
9.2、3を入れ、蓋をして中火で5分程煮込みます。
10.4を入れ、蓋をして中火で加熱し、水菜がしんなりしたら火から下ろし、ポン酢、小ねぎを入れた器に盛り付けて出来上がりです。

2.おうちで簡単ぷりぷりもつ鍋

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

お店で食べるようなぷりぷりのもつ鍋がおうちで簡単に作れます!下処理に手間がかかるイメージのあるもつですが、小麦粉を馴染ませて洗い流し、軽くボイルするだけと実は意外と簡単なんです。オイスターソースと味噌のコクが効いた出汁に、もつの旨みが溶け込んでやみつきになるおいしさ!ニンニクの香りと鷹の爪のピリッとした辛味がアクセントになっていて絶品ですよ。ぜひ、作ってみてくださいね。

材料(4人前)

  • 豚もつ・・・400g

-----下処理用-----

  • 薄力粉 (まぶす用)・・・大さじ4
  • 水・・・適量
  • お湯・・・適量
  • キャベツ・・・1/2個
  • ニラ・・・60g
  • もやし (200g)・・・1袋
  • ニンニク・・・1片
  • 鷹の爪輪切り・・・小さじ1

-----スープ-----

  • 水・・・1000ml
  • 鶏ガラスープの素・・・大さじ2
  • しょうゆ・・・大さじ2
  • みりん・・・大さじ2
  • 酒・・・大さじ2
  • オイスターソース・・・小さじ2
  • みそ・・・大さじ1

作り方

1.キャベツは芯を除き、ざく切りにします。
2.ニラは4cm幅に切ります。
3.ニンニクは芯を取り薄切りにします。
4.豚モツに薄力粉をまぶし、全体になじんだら流水で洗います。
5.鍋にお湯を沸騰させ、4を入れて1分ほどゆで、完全に火が通る前にザルに取り出します。
6.鍋にみそ以外のスープの材料を入れて中火で加熱し、煮立ったらみそを溶き入れます。
7.1、もやし、5の順にのせ、蓋をして中火で10分ほど煮ます。
8.全体に火が通ってきたら蓋を外し、2を並べ、3と鷹の爪の輪切りを散らして完成です。

3.あったかシンプル 常夜鍋

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

毎日食べても飽きないことが名前の由来と言われている常夜鍋のご紹介です。食材を昆布出汁と料理酒で煮るだけととてもシンプルですが、やさしい味わいで素材本来のおいしさをお楽しみいただけます。さっぱりとしたポン酢につけてお召し上がりください。餅やうどんなどを加えてアレンジしてもおいしくお作りいただけますので、ぜひレパートリーに加えてみてくださいね。

材料(2人前)

  • 豚バラ肉 (薄切り)・・・200g
  • ほうれん草・・・200g
  • お湯 (ゆで用)・・・1500ml
  • 塩 (ゆで用)・・・小さじ1.5
  • 絹ごし豆腐・・・200g
  • しいたけ・・・2個
  • 油揚げ・・・1枚
  • ①水・・・1000ml
  • ①昆布・・・5g
  • 料理酒・・・100ml
  • ポン酢・・・大さじ4

作り方

1.ほうれん草は根元に十字に切り込みを入れます。
2.しいたけは軸を切り落とし、4等分に切ります。
3.油揚げは2cm幅に切ります。絹ごし豆腐は4等分に切ります。
4.豚バラ肉は5cm幅に切ります。
5.お湯を沸かした鍋に塩を入れて、1を1分ほどゆでます。お湯を切って流水にさらし、水気を絞り、根元を切り落として5cm幅に切ります。
6.土鍋に①を入れ弱火で熱し、沸騰直前に昆布を取り出します。料理酒、4を入れ中火でアクを取りながら豚バラ肉の色が変わるまで煮ます。
7.2、3を入れ弱火でひと煮立ちさせたら、5を入れさっと中火で煮たら完成です。ポン酢をつけてお召し上がりください。

人気のカテゴリ