2022.4.27

あともう一品欲しい時にも!帰宅後すぐに作れる“缶詰おかず”レシピ5選

保存が効く「缶詰」は、常備しているご家庭も多いはず。しかし、食べ方のバリエーションに悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、帰宅後すぐに作れる缶詰おかずレシピをご紹介します。サバ缶やツナ缶、オイルサーディンの缶詰を使った、あともう一品欲しい時にも便利なレシピをピックアップしました!

1.缶詰で簡単 サバのトマトグラタン

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

相性抜群のサバ缶とトマトを使って、グラタンを作ってみませんか。サバ缶とコーン、切った玉ねぎとトマトを耐熱皿にのせて味つけしたら、あとはトースターにおまかせ!トマトのほどよい酸味と甘みがサバ缶の旨味と合い、やみつきになるおいしさです。コーンの甘みやチーズのまろやかさも相まって、満足感もたっぷりですよ。

材料(2人前)

  • サバの水煮缶 (150g)・・・1缶
  • 玉ねぎ・・・1/4個
  • トマト・・・1個
  • 有塩バター・・・10g
  • コーン (冷凍)・・・20g
  • (A)塩こしょう・・・少々
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1/4
  • (A)ピザ用チーズ・・・50g
  • パセリ (乾燥)・・・適量

作り方

準備.コーンはパッケージの表記通りに解凍しておきます。
1.玉ねぎは薄切りにします。
2.トマトはヘタを除き、1.5cm角に切ります。
3.耐熱皿に有塩バターをちぎってちらし、水気を切ったサバの水煮缶とコーンを入れます。
4.3に1と2をのせ、(A)を順にのせます。
5.オーブントースターで5分焼き、チーズが溶けて表面にこんがりとした焼き色が付いたら、パセリをちらして完成です。

※お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W200℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。

2.きゅうりとツナの中華和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

箸休めにもぴったり!きゅうりとツナの中華和えをご紹介します。切ったきゅうりと大葉にツナ缶を合わせ、鶏ガラスープの素やコチュジャンなどで味つけしました。シャキシャキとしたきゅうりにツナのコクがマッチ。コチュジャンの甘辛さがアクセントになり、パクパク食べられますよ。お酒のお供にもおすすめです。

材料(2人前)

  • きゅうり・・・1本
  • 大葉・・・4枚
  • ツナ油漬け・・・70g
  • 塩・・・小さじ1/4
  • (A)白すりごま・・・大さじ1
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1/2
  • (A)砂糖・・・小さじ1
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • (A)酢・・・大さじ1
  • (A)コチュジャン・・・小さじ1/2
  • (A)ごま油・・・小さじ1

作り方

準備.ツナ油漬けは油を切っておきます。
1.大葉は千切りにします。
2.きゅうりはヘタを切り落とし、千切りにします。塩をかけて5分ほど置き、キッチンペーパーで水気を絞ります。
3.ボウルにツナ油漬け、(A)を入れて混ぜ合わせ、1、2を加えてよく和えます。
4.味がなじんだら器に盛り付けて完成です。

3.缶詰でお手軽 イワシの味噌マヨ和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

イワシの味噌煮缶とマヨネーズは、実は相性抜群の一品になるんです。電子レンジで加熱したイワシの缶詰にマヨネーズや七味唐辛子、玉ねぎなどを和えるだけ。コクたっぷりのイワシの缶詰にマヨネーズの濃厚さが加わり、たまらないおいしさです。シャキシャキ食感の玉ねぎが、さわやかさをプラスしてくれます。今晩のおかずに、いかがでしょうか。

材料(2人前)

  • イワシの缶詰 (味噌)・・・1缶
  • 玉ねぎ・・・1/4個
  • 水 (さらす用)・・・適量
  • マヨネーズ・・・大さじ1
  • 七味唐辛子・・・小さじ1/2
  • 大葉・・・2枚

作り方

1.大葉は軸を切り落とし、千切りにします。
2.玉ねぎは薄切りにして、水に5分程さらして水気を切ります。
3.耐熱容器にイワシの缶詰を汁ごと入れてラップをかけ、500Wの電子レンジで1分30秒ほど加熱します。
4.2、マヨネーズ、七味唐辛子を入れて和えます。
5.器に盛り付け、1をのせて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ