2021.9.15

「お酒に合う!」ガツンとした味つけの“ガーリック炒め”レシピ5選

おうち飲みにはおつまみが欠かせませんよね。たまにはガツンとニンニクの効いた炒め物はいかがでしょうか。

今回はお酒によく合う、ガーリック炒めのレシピをご紹介します。マヨネーズを使ったコクのある炒め物や、食欲そそるペペロン炒めなど、ニンニクが入るからこそおいしく仕上がる、おすすめのメニューばかりです。ぜひチェックしてみてください。

1.ガーリック香る 鶏もも肉のマヨポン炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

コクのある炒め物なら、鶏もも肉のマヨポン炒めがおすすめです。カリッと焼き上げた鶏もも肉を、ニンニクを効かせたマヨポンソースで絡めます。ソースにすりおろしニンニクを加えることで、より深みのある味わいになりますよ。ごはんにもビールにもよく合うので、ぜひおつまみのレパートリーに加えてみてくださいね。

材料(2人前)

  • 鶏もも肉・・・200g
  • 薄力粉・・・10g

-----マヨポンソース-----

  • マヨネーズ・・・大さじ1
  • ポン酢・・・大さじ2
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1
  • マヨネーズ・・・大さじ1
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量
  • 大葉・・・3枚

作り方

準備.鶏もも肉は筋や余分な脂を取り除いておきます。 大葉は軸を取ります。
1.鶏もも肉は一口大に切り、薄力粉を薄くまぶします。
2.中火で熱したフライパンにマヨネーズと1を入れて焼きます。
3.表面全体にこんがりと焼き色がつき、中まで火が通ったらマヨポンソースの材料を入れて、中火のまま炒め合わせます。全体に味がなじんだら火から下ろします。
4.お皿に大葉を敷き、3を盛り付け、小ねぎを散らして完成です。

2.イカとキャベツのガーリックバター炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

イカとキャベツのガーリックバター炒めのレシピをご紹介します。柔らかいイカとキャベツの甘みが、ガーリックバターとめんつゆを使った味つけによく合います。イカとガーリックバター、実は相性抜群なんです!冷えたビールにもぴったりなので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • イカ・・・200g
  • キャベツ・・・200g
  • 有塩バター・・・20g
  • すりおろしニンニク・・・大さじ1
  • めんつゆ (2倍濃縮)・・・50ml
  • 糸唐辛子・・・適量

作り方

準備.イカは内臓、骨、くちばしを取り、吸盤をしごいておきます。
1.キャベツは一口大にざく切りにします。
2.イカの胴体は1cm幅の輪切りにします、ゲソは3cmの長さに切ります。
3.中火で熱したフライパンにバターとニンニクを入れて炒めます。
4.ニンニクの香りが立ってきたら、1と2を入れ、中火のまま炒めます。
5.4に火が通ってきたら、めんつゆを入れ、味が馴染んだらお好みで糸唐辛子をのせて完成です。

3.じゃがいもとウインナーのガーリック炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

家族みんなが喜ぶ、じゃがいもとウインナーのガーリック炒めはいかがですか。オリーブオイルで香りを立たせたニンニクの風味が効いていて、箸が止まらなくなるおいしさですよ。ウインナーが入っているので、食べ応えもあります。おつまみとしてだけではなく、ごはんのおかずとしてもおいしいですよ。ぜひお試しください。

材料(2人前)

  • じゃがいも・・・250g
  • しめじ・・・50g
  • ウインナー・・・3本
  • ニンニク・・・2片
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • (A)塩こしょう・・・小さじ1/4
  • オリーブオイル・・・大さじ1
  • パセリ (生)・・・適量

作り方

準備.じゃがいもは皮を剥き、芽を取り除いておきます。 パセリはみじん切りにしておきます。
1.じゃがいもは一口大に切ります。耐熱ボウルに入れてラップをかけ、600Wの電子レンジで4分程加熱します。
2.しめじは石づきを切り落とし、手でほぐします。
3.ニンニクはみじん切りにします。
4.ウインナーは1cm幅の斜め切りにします。
5.中火で熱したフライパンにオリーブオイル、3を入れて炒め、ニンニクの香りが立ったら1、2、4を加えてさらに炒めます。
6.しめじがしんなりしたら中火のまま(A)を入れて、さっと炒め、全体に味がなじんだら火から下ろします。
7.器に盛り付け、パセリを散らして完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら、必要に応じて加熱時間を調整し加熱してください。

人気のカテゴリ