最終更新日 2021.11.25

「毎日簡単に作れる!」万能野菜の”ほうれん草×和え物”レシピ5選

鮮やかな緑色とほのかな甘味が魅力の「ほうれん草」。和食から洋食まで幅広い料理に活用できる万能野菜なので、あともう一品ほしいときにあるととても便利ですよね。

そこで今回は、毎日の献立に大活躍するほうれん草の和え物レシピをご紹介します。基本のごま和えはもちろん、ピーナッツバターや桜えびを使ったアレンジレシピまで幅広くピックアップしました。どれも簡単にお作りいただけますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

1.ほうれん草のごま和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ごはんのおかずにぴったりな、基本のほうれん草のごま和えです。ゆでたほうれん草を調味料でサッと和えて、香ばしく甘じょっぱい味わいに仕上げました。ほうれん草の鮮やかな緑色は、食卓に彩りを与えてくれますよ!料理初心者の方でも作りやすいレシピなので、ぜひお試しください。

材料(2人前)

  • ほうれん草 ・・・150g
  • お湯 (ゆで用)・・・1000ml
  • 塩 (ゆで用)・・・小さじ1

-----合わせ調味料-----

  • 白すりごま・・・30g
  • みりん・・・大さじ1
  • しょうゆ・・・小さじ2
  • 砂糖・・・小さじ1
  • 顆粒和風だし・・・小さじ1/2

作り方
1.鍋のお湯が沸騰したら塩とほうれん草を入れます。1分ほどゆでたらお湯を切り、流水にさらし、水気を絞ります。
2.根元を切り落として5cm幅に切ります。
3.ボウルに合わせ調味料の材料を入れて混ぜ合わせ、2を加えてよく和えます。
4.味がよくなじんだら器に盛り付けて完成です。

2.すり鉢でつくる 基本のほうれん草のごま和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

香ばしいごまの風味がたまらない!すり鉢で作るほうれん草のごま和えをご紹介します。いりごまはすり鉢でするひと手間で、香ばしさがグンと増します。砂糖としょうゆのみでシンプルに味付けすることで、ごまの風味とほうれん草の甘味が引き立ちますよ!すりたてのごまの風味は格別ですので、ぜひ試してみてくださいね。

材料(2人前)

  • ほうれん草 (100g) ・・・1束
  • お湯 (茹で用)・・・1000ml
  • 塩 (茹で用)・・・小さじ1
  • 水 (冷やす用)・・・適量

-----和え衣-----

  • 白いりごま・・・20g
  • 砂糖・・・大さじ1.5
  • しょうゆ・・・大さじ1.5

作り方
1.ほうれん草は根元の太い部分に十字に切り込みを入れます。
2.鍋にお湯を沸かして塩を入れます。1の根元から入れて1分程ゆでたら、全体を浸して10秒ほどゆでてお湯を切り、水にさらします。
3.水気をよく絞り、根元を切り落とし、3cm幅に切ります。
4.すり鉢に白いりごまを入れて、すりこぎですります。残りの和え衣の材料を入れて、よく混ぜ合わせます。
5.3を加えてよく和え、味がなじんだら器に盛り付けて出来上がりです。

3.ほうれん草とえのきの胡麻和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

サッと手軽に作れる、えのきとほうれん草のごま和えはいかがでしょうか。ほんのりと甘いほうれん草に、シャキシャキとした食感のえのきがアクセントになってとてもおいしいですよ!えのきは電子レンジで加熱することで、旨味を逃さず手軽に調理することができます。忙しいときやもう一品ほしいときにぴったりの副菜です。

材料(2人前)

  • ほうれん草・・・140g
  • えのき・・・200g
  • お湯・・・1000ml
  • 塩・・・小さじ2

-----合わせ調味料-----

  • 白すりごま・・・大さじ1
  • しょうゆ・・・小さじ2
  • 砂糖・・・小さじ2

作り方

1.鍋にお湯を沸かして塩を加え、ほうれん草を30秒ほどゆで、流水にさらして粗熱を取ります。
2.水気を絞り、根元を切り落として3cm幅に切ります。
3.えのきは石づきを切り落として半分に切り、手でほぐし、耐熱皿に入れます。ふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで2分加熱します。
4.ボウルに合わせ調味料の材料を入れて混ぜ合わせ、2、3を加えて和えます。
5.器に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ