2022.7.20

「あともう一品欲しい時に!」野菜がおいしく食べられる“ごま和え”レシピ5選

いつも同じ野菜に同じ味つけで、ごま和えを作っていませんか。今回は、パクパク食べれるごま和えレシピをご紹介します。大根のピリ辛ごま和えやじゃがいもとピーマンのごま和えなど、あともう一品欲しい時におすすめなレシピを幅広くピックアップ!簡単にお作りいただけるものばかりですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

1.大根のピリ辛ごま和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ねりごま、いりごま、ごま油の風味が抜群!ピリ辛がおいしい大根の和え物をご紹介します。大根に絡んだごまだれの旨みと、ラー油のピリリと来る刺激がアクセントになって箸が止まらなくなりますよ。大根はしっかり水気を絞ってから、ごまだれに和えてください。火を使わずに作れるお手軽レシピなので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 大根・・・300g
  • 塩 (塩もみ用)・・・ふたつまみ

-----ごまだれ-----

  • 白ねりごま・・・大さじ1
  • 白いりごま・・・小さじ1
  • めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ1.5
  • ごま油・・・小さじ1
  • ラー油・・・小さじ1/4
  • かいわれ大根・・・5g

作り方

1.かいわれ大根は根元を切り落とします。
2.大根は皮をむき、拍子切りにします。ボウルに入れて塩をふり、5分ほど置いて水気を絞ります。
3.ボウルにごまだれの材料を入れて、混ぜ合わせます。
4.2に3を入れて和えます。
5.器に盛り付け、1をのせて完成です。

2.ほうれん草のごま和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

定番のほうれん草のごま和えを作ってみましょう。さっとゆでて水でしめたほうれん草はシャキッとした歯ごたえが楽しめますよ。みりんがきいた、やさしい和風の味つけなので、お子様から大人の方までどなたでもおいしくいただけます。ほうれん草の鮮やかな緑色が食卓の彩りを良くしてくれますね。白ごまを黒ごまに、お好みでアレンジしてみてもおいしいですよ。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • ほうれん草・・・150g
  • お湯 (ゆで用)・・・1000ml
  • 塩 (ゆで用)・・・小さじ1

-----合わせ調味料-----

  • 白すりごま・・・30g
  • みりん・・・大さじ1
  • しょうゆ・・・小さじ2
  • 砂糖・・・小さじ1
  • 顆粒和風だし・・・小さじ1/2

作り方

準備.みりんは、加熱を行いアルコールを飛ばし粗熱をとっておきます。
1.鍋のお湯が沸騰したら塩とほうれん草を入れます。1分ほどゆでたらお湯を切り、流水にさらし、水気を絞ります。
2.根元を切り落として5cm幅に切ります。
3.ボウルに合わせ調味料の材料を入れて混ぜ合わせ、2を加えてよく和えます。
4.味がよくなじんだら器に盛り付けて完成です。

3.簡単副菜 じゃがいもとピーマンのごま和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

すったごまの香りが食欲をそそる、じゃがいもとピーマンのごま和えのご紹介です。じゃがいもをたっぷり使っているので、ボリューム感がありますよ。ピーマンの少しほろ苦い風味が、アクセントになっています。味つけのメインはめんつゆを使っているので味が決まりやすく、とてもお手軽です。少ない材料で作ることができますので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • じゃがいも・・・300g
  • ピーマン・・・3個
  • ごま油・・・大さじ1

-----調味料-----

  • めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ3
  • 白すりごま・・・大さじ2
  • 砂糖・・・小さじ1

作り方

準備.じゃがいもは芽を取り除き、皮をむいておきます。
1.じゃがいもは一口大に切ります。耐熱ボウルに入れて、ふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで5分加熱します。
2.ピーマンは縦半分に切り、ヘタと種を取り除き、縦に細切りにします。
3.中火で熱したフライパンにごま油をひき、2を入れて炒めます。
4.ピーマンがしんなりしたら1、調味料を入れて中火で炒め合わせます。全体に味がなじんだら火から下ろし、器に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ